リニューアル完成☆ 

July 03 [Thu], 2008, 0:15
こんばんわ

みなさんに愛されてきたBIWAKO SPORTS CLUBのブログが新装開店!?

なんとなんと、リニューアルオープンいたしました
当然今までの記事も写真も見れますよ
これからは Ameba Blog から皆様にホットで役立つ情報をお届けしまぁす
今までのブログサイトを携帯でブックマーク等をされている方は、お手数ですが下記のアドレスに変更お願いします
リニューアルオープンしたブログも携帯からアクセス可能となっておりますので、
お気軽に携帯からアクセスしてブックマーク登録をしてください

パワーアップしてお届けするブログを見逃さないようにしてくださいね
これからもBIWAKO SPORTS CLUB Blogをどうか御ひいきにお願いします

Mコーチが管理している『志賀ジュニア活動日記』も同時にリニューアルオープン
合わせて応援よろしくお願いします

BIWAKO SPORTS CLUB BLOG
↓↓
http://ameblo.jp/biwakosc2006/

志賀ジュニア活動日記
↓↓
http://ameblo.jp/biwakosc-sj/

このブログを支えてくださっていた皆様方に感謝しますRESPECT!!
そして、今後ともよろしくお願いします
Bye Bye

ブログリニューアル 

June 30 [Mon], 2008, 20:54
こんばんわ☆
このブログも次第に多くの人に認知されるようになり、
とっても嬉しく思います
いつもいつも、気にかけてもらってありがとうございます
Respect!!

さて、今日はキッズアカデミー(U−9担当)とU−13スキルアップアカデミーに行ってきました
キッズアカデミーではゲーム中心にトレーニングを行い、子供たちが楽しくサッカーに取り組めるようにと工夫して取り組みました
やっぱり子供たちはゲーム形式の練習が一番楽しそうに取り組んでくれますね
勝敗があったり、相手との駆け引きがあったりといろんな要素が含まれてきますからねぇ
楽しみながら、うまくなれたら最高ですもんね

U−13スキルアップアカデミーのほうではゴールデンエイジの真っ只中にいる選手たちに少しでも高い技術を身に付けてほしいということで、個の技術の向上に特化したトレーニングを実施しています
この年代でサッカーの技術「止める・蹴る・運ぶ」のパーフェクトスキルを身に付けておくことが、
非常に大切になってきます
6月から始まったこのスクールでは現在はパス&コントロール(止めて蹴る)技術のパーフェクトスキルを目指して取り組んでいます
今日は最後に少し広めのコートでゲームをしたのですが、「止める・蹴る」のトレーニングの効果が少しずつ出てきたのか、自信を持ってボールに対してコントロールできたり、パスが出来たり、と非常に良いプレーがたくさん出来ていました
そのゲームに私も試合に混ざってプレーしていて、私自身もプレーしていてとても楽しかったです
私が大きな声で名前を呼んでパスを要求したり、動きを要求していると、
いつの間にかほかの選手までもが大きな声で要求しているのに気づき、
子供たちの吸収の速さはすごいんだなぁと実感しました

この調子でこれからも頑張ってもらいたいですね
将来、プロとしてJリーグや世界の舞台で戦ってることを夢見ながら、今後も子供たちの成長に関わっていきたいなぁと思った今日この頃でした

では、この辺で・・・
っと、もうひとついい忘れていたことが・・・

それは・・・

ブログをリニューアルしようと思います
ブログに載せている写真や動画をもっとたくさん、きれいに載せたいなぁ
ということで、ブログのお引越しをたくらんでいます

今までの記事は同じように見れるようにしますので、ご安心ください
(過去の記事気になりますよね??笑)
ブログ引越しの際にアドレスが変更になってしまいます

どこのブログに引越しするかって??
それは後日のお楽しみなのだァーメーバー
リニューアル完成の際に皆さんにお知らせしますので、
楽しみにして待っていてくださいね

引越し先のブログも携帯からも観れるはずなので、
また、ブックマーク等の登録よろしくお願いしまぁす

では、引越しが完了したら、みなさんにお知らせいたしまぁす
Mコーチのブログもおんなじように引越しすると思うので、そちらの方のチェックもお願いします

では、また
Bye Bye!!

長くて短い 

June 29 [Sun], 2008, 19:47
どうもこんばんわ

さくじつは生まれ育った地元の古くからの友人の結婚式に出席していて、
ブログ更新をお休みさせてもらってました
すいませぇん

Mコーチのブログで志賀ジュニアの土曜日の活動なんかも更新されているんで
チェックしてみてくださいね
志賀ジュニア活動日記

さてさて、今日は朝からびわこ成蹊スポーツ大学で3つのお仕事をこなしてきましたぁぁぁ
ひとつは自分のチームROSAGEの指導!?(コーチ兼選手みたいな感じでやってます)
今日は体育館にてフットサル
4対4の試合を8分間でまわして9時から11時過ぎまで試合の連続
体育館の湿気の中、何度Tシャツを絞ったことか
ハードに取り組み、いい汗をかきました

そしてその後は、滋賀県サッカー協会のお仕事
「キッズリーダー養成講習会」のインストラクター
今回は44名の受講生を前にキッズ指導についてお話をさせていただきました
子供たちが始めてサッカーに出会う、そのときに立ち会う指導者(キッズリーダー)は子供たちにものすごく大きな影響を与えます。
初めてサッカー(スポーツ)に関わったときに教えてもらっていた指導者がものすごくいい指導者であれば、こどもたちはその後もサッカー(スポーツ)を好きになって取り組んで行ってくれるでしょう
しかし、その逆に初めてサッカーに出会ったときの指導者がものすごく悪い指導者だったら・・・
どうなるかはもうわかりますよね・・・
キッズ年代の指導者には子供たちの遊びのリーダーになってもらいたいですね
子供たちは遊びが大好きで、遊びの中から多くのことを学びます
だからこそ今回のライセンスの名前も「キッズリーダー」なんです
遊びのリーダーです

今日も実技では受講生に6歳になりきってもらって、さまざまな遊びをやってきました
鬼ごっこや動き作り、ボールフィーリングにゲームなど種類はさまざまです

興味があるかたはぜひ講習会に参加してみてくださいね

そして12時〜15時半まで行われたキッズリーダー養成講習会の後は、
GKコーチとして指導に行っている高校がびわこ成蹊スポーツ大学で練習試合を行いにきたので、試合に帯同しました。
高校生は大学生に胸をかりて思い切って試合をしていました
試合はボロボロに負けてしまいましたが、多くのものを得てかえってくれたと思います。

また、高校での指導の中で今日出た改善点を修正していきたいと思います
試合で問題点・課題を抽出し、その課題に対してトレーニングを行って改善し、また試合に挑む
これをMatch → Training → Match(M−T−Mメソッド)ってゆうんです
是非参考にしてみてくださぁい

というわけで、あっという間に終わった一日でした
明日の朝(3時半頃)はEUROの決勝ですね
睡眠不足も明日が最終です
ヨーロッパの最先端のサッカーをリアルタイムで観たいと思います

では、また

お久しぶりです(^v^) 

June 27 [Fri], 2008, 15:41
こんにちわ

ブログを長い間お休みしていてすいませんでした
ちゃんと生きていますよぉ
ほんと まめにブログ更新しているMコーチ(志賀ジュニア活動日記)はすごいですね☆


私もMコーチを見習ってしっかりと更新していきます



昨日は和邇キッズスクール、サッカーアカデミースクールを実施しました☆
和邇キッズには 谷 拓海くんが仲間入り☆

めっちゃ楽しいスクールです
和邇キッズスクールでは「チャレンジキッズ」というゲームをしました☆
6つの種類の動作をできるかなぁ??
こんな感じでプリントを作成して・・・

できたら「はなまる」ゲット!!!

お家でもできたらさらにゲット!!!

そして全部できたら 豪華賞品が☆
それは・・・


みんな一生懸命チャレンジできていて3人とも表彰状をゲットしました


これからもいろんなことにチャレンジしよう


ではでは、今日はこれからびわこ成蹊スポーツ大学へGKコーチとして練習に参加してきます



現在、サッカー指導中


ただいまぁ
ということで、事務所に戻ってきてブログを更新(書き加えていまぁす)
何度も観ているうちに、どんどん内容が付け加えられていくブログって見たことあります??

ほかにはないものを捜し求めていきますよぉ

さてさて、びわこ成蹊スポーツ大学でのGK指導
今日はトップチームGKは反射・反応のスピードを高めるためのトレーニングを実施
ジャンプした後すぐにシュートストップなど、一つ一つの動作にスピードを求めて練習してきました
GKコーチは選手に対して適切な技術の習得が出来るようにボールを配給していきます
手投げでも、シュートでも精度と適切なタイミングが必要になってきます
しかも、シュートを打ちながらも選手のフォームであったり、適切なポジションに立てているかなどを観ないといけません。
なかなかこれが大変なんです
シュートを正確に蹴るためにボールに集中していると選手をみれなくなったり・・・
コーチの配給が悪かったら選手のトレーニングになりませんからねぇ
まだまだ、配給の精度が低いので、練習終わったあとに自主練習してなんとかカバーしようと思っています
私が今、ゴールデンエイジだったらなぁってつくづく思います少年たちがうらやましい
私も右足も左足も自由自在に操れるパーフェクトスキルを身につけていきたいです
子供たちが習得するよりも時間がかかってしまうかもしれませんが、
私はあきらめずに頑張って精度を高めていきますね

すべては選手がうまくなるため、技術を身につけるためです
選手の成長のためにはコーチもしっかりとトレーニングしたり、知識を増やしたり、引き出しを増やすために勉強したりしていかないといけないと思います

すべては選手の成長のために!!

元フランス代表の監督 ロジェ・ルメールはこんなことを言っています。

「学ぶことをやめたら
    教えることをやめなければならない」

私は学び続けたい!!
指導している選手たちの人生の一幕に、サッカーを通して関わっているわけで、それぞれの選手の将来に何かしらの影響を与えているのに、無責任なことは出来ない
それぞれの選手の人生に関わる以上、よい影響を与えたい
よい影響を与えるためにも学び続けたいと思うんです

指導者としての、一人の人間としての情熱の炎を絶やすことなく、
学び続けていきたいですね

最後まで読んでもらってありがとうございました
では、また

BSCクラブ愛キャンペーン 

June 21 [Sat], 2008, 16:10
こんにちわ!!

本日は清掃活動ご苦労様でした
自然環境に恵まれたこの地域で活動している私たちは、
普段の生活の中から環境に対して考え、行動していかなければいけませんね

さて、今日はクラブからキャンペーン実施のお知らせです☆

何のキャンペーンかというと・・・

「BSCクラブ愛キャンペーン」ということで
BSCで活動している人たちを応援しようというキャンペーンを実施します

明日、5月22日、びわこ成蹊スポーツ大学にて、14:00K.O
BIWAKO S.C. HIRA(社会人連盟登録のびわこ大学生チーム)の
関西サッカーリーグDivision2第10節

BIWAKO S.C HIRA vs 滋賀FC

同じBSCの一員として関西リーグで戦っている選手たちを応援しませんか?

応援にきてくださった方には、当日BSC特製ステッカーをプレゼント
会場にいるA監督がステッカーを持っているのでAmakawa監督「HIRAの応援に来ました」と言っていただければ
もれなくステッカーを差し上げます

え?何々?
誰がステッカーを持っているかって?

それは上の文章を読んで当ててみて

それでは当日、みんなでBSC HIRAを応援しましょう





成長の秘訣 

June 20 [Fri], 2008, 11:23
こんにちわ

最近ほんとどんよりした天気が続いていますよね
昨日も天気が悪い
キッズスクールはやむおえず中止に
この日はチャレンジキッズといって何種目かの動作(両足ジャンプとかケンケンとかボールタッチとか)を設定して、全部できたらコーチからご褒美をプレゼントするというもの
今回は表彰状を作っていたんだけど・・・
また今度も作っていくね


その後の小学4−6年生対象のサッカーアカデミースクールは小雨決行ということで実施
子どもたちが風邪をひいてしまわなように最新の注意を払いながら実施することに
みんな風邪いいていませんか?
大丈夫だったかな?

この日はドリブルの練習を実施
ドリブル練習を継続して実施していくにつれてみんな本当にうまくなっている!!
ボールが自分の足についているかのようにドリブルすることができるようになってきているし、
スピードを上げてもその技術を発揮できるようになってきている!

これまで継続して練習してきている成果が少しずつ見て取れるようになってきました☆
技術を習得するうえで一番大事になってくることが、技術の反復練習!
やはり、何度も何度も挑戦することによってその技術は自分のものになり、
自然と発揮できるようになるのです

あとは、この身に付いてきた技術を試合で発揮すること
試合で発揮するためには自分自身の技術に自信を持って挑まなければいけません

自分はあれだけドリブルや1vs1を練習してきたんだ
だから試合でも前の相手を抜いていける自信がある

こういう強い気持ち相手に向かっていく気持ちミスを恐れずに挑戦する気持ち
大切なんです
自分の技術に自信を持って、相手に対して戦いを挑む強い気持ち

自信をつけるためにはひたすら自分が納得いくまで技術練習をする必要がありますよ
俺はこれだけ技術練習をやったんだから!
何日もかけてこの技術を身につけたんだから!
こういう裏付けが自然と自信となり、試合で発揮されるんだと思うんです!

ジュニア年代で大切なこと!
それは
ミスを恐れずに自信を持って相手に向かっていくこと!
たとえミスしてボールを奪われても、すぐに奪い返せばいいんだから
プロの選手だってミスは起こすし、絶対ミスを犯さない選手なんて誰もいないんだから!

選手もミスに対して敏感になりすぎず、ミスを恐れないことが必要であるけれども、
それを見守る指導者や親も
ミスに対して敏感になりすぎず、ミスは当たり前であるし、挑戦したことを評価するようにしないといけないと思います。

セリエAのACミランでレジスタ(中盤後方からゲームをメイクする選手)としてプレーしている
’アンドレア・ピルロ’も雑誌のインタビューでこんなことを言っていました。
「失敗を絶対に恐れないで!ミスを重ねるほど子どもたちはうまくなっていけるはずだからね」
そしてこうも言っている
「ミスを決して忘れない」
「ミスを犯した状況を鮮明に覚えているからこそ、その要因を精密に分析できる。」
「自分の記憶媒体に失敗の記憶を書き残して、時にはそれを”手動”で解きほどいてみる。この作業を繰り返していれば、いつか必ず無意識のうちに記憶が呼び起こされるようになる。とすれば、半ば自動的に失敗を回避できるようになる。子どもたちの学習能力、これを信頼して育んでいくことが、指導者にとって何よりも大切なんだと思う」


ミスを恐れずに自信を持って相手に向かっていくこと!
たとえミスが起きたとしても、
ミスを犯すことによって気づくこと、そのミスを次の成功につなげるために学ぶことが
子どもたちの成長に大きくかかわってきます

子どもたちが自立した年代で大きく成長できるためにも、
このようなことはとても大切だと思います

長期的視野に立って、選手を育成していきましょう

サッカー談議 

June 18 [Wed], 2008, 9:40
おはようございます

EURO2008のお陰で寝不足のKenコーチです
頑張って起きて試合を見ているのですが、目がこんなに重たいとは・・・
完全に途中で寝てしまったりしてますが・・・

ヨーロッパのサッカーはとても面白い
パワフルで、スピードがあって、それでいてテクニックがある
80m猛スピードで駆け上がって、その勢いのまま逆サイドに正確なサイドチェンジ
あれにはたまげました
日本はあの国々に追いつき、追い越していくのでしょうか?

世界に通用する国になるには・・・
人とボールが動くサッカー、攻撃のときには積極的にポジションを崩して攻め上がり、
守備のときにはものと配置に一瞬にして戻る(お互いがカバーしあいながら)
などなど
いろんな戦い方、方法で世界に挑もうとしています
オシムの戦い方や岡田監督がと代表チームに注目が集まっています
2002年にワールドカップが日本で開催され、2006年のワールドカップにも出場できた
そして次の2010年にも必ず出場してほしいってみんな思っています
そういった日本のトップの「今」もものすごく大切ですが、冷静になって考えてください、
今の日本代表の活躍と同じくらい、いや、それ以上に大切なことがあります
それは選手の育成です
日本サッカー協会では「代表強化・ユース育成・指導者養成」といった三位一体に「普及」をプラスした
強化策を打ち出しています!
世界に追いつき、追い越すために重要なことは、次世代で輝きを持てる選手の育成であると考えているのです
2010年も2014年もそのまた次のワールドカップも世界と戦う舞台に立ち、世界に挑む選手たちを育てていかなくてはいけないのです

それはこの滋賀(志賀)の地域での選手育成でも考え方は同じです
世界に通用する選手をここから育成していく

そのために、ここでやるべきことはなんなのか?
私は「一貫指導システム」の構築が最も重要になると思います
日本のサッカー(スポーツ)は学校体育(部活動)の中で育ってきました
しかし、その学校単位でのスポーツ活動には大きな弊害があります。。
それは6−3−3システム。
小学校(ジュニア)6年間、中学(ジュニアユース)3年間、高校(ユース)3年間というぶつ切りになった状態の中でそれぞれのカテゴリーが結果を求めてその期間だけをみて選手を育成しようとする。。
正直それでは良い選手は育たないのではないでしょうか?
それぞれの年代で発育発達が違い、それぞれの年代で獲得しておかなければいけない技術や体力的な要素があったり、精神面においても全く違ってきます
そんな中でそれぞれのカテゴリーで選手を完成させようとしているのでは、最も活躍するべき年代で活躍できる選手が育ちません
ジュニアの年代で年間何百試合とこなして、結果だけに目を向けていて、基礎技術の習得をおろそかにしているチームや選手に勝つことばかりを要求して楽しさを奪っているようなチームからは良い選手は育たないのです子どもたちがかわいそうですよね良いチームにいるかどうかは子どもたちのの目でだいたいわかります
つまり、サッカーを心から楽しいと思えるような環境であるべきであり、それにプラスして発育発達に応じた選手の育成をできる環境を整える必要があり、一人ひとりの選手を10年スパンで考えて育成できる環境づくりが大切になってくるのです

そういった考え方を「一貫指導」体制の構築としてこの地域でも実施していくことが大切になってくるのだと思います目先の勝利に固執するのではなく、もっと長期的な視野を持って選手を育てていくことが大切なんです
指導者がそういった考え方を理解しているのは当然ながら、子どもたちをサポートする親の方々にもそういった考え方を理解していただき、子ども達を長期的な視点で育成していくことに協力しあえれば最高だと思います
一貫指導を通じて、世界に通用する選手をこの地域(旧志賀町)から輩出する!!
これはクラブとしての大きな目標でもあります

志賀ジュニアでサッカーと出会い、基礎技術を身につけ、ジュニアユース、ユースへと同じ考えの下、サッカーを続けていく指導者もまた、同じ考えを共有しながら子どもたちを育成していく

志賀ジュニアの選手がそのままジュニアユースへ上がり、そしてユースへ上がる
そして最終的にはROSAGE(社会人チーム)でプレーをする!
ROSAGEは地域の子どもたちの憧れのまとであり、子どもたちに夢を与えることのできる存在である試合にはたくさんの子どもたちが応援に駆けつけてくれる(現在も応援に来てくれている子どもたちやパパさん、ママさん、私は本当にうれしくて、毎回感動していますこの喜びはクラブの誇りでもあります
そんな環境を作りたいですね

小学1年生が高校3年生になるまで12年かかりますが、12年かけてでもやっていくべきことなんだと思います
選手の育成という視点だけでなく、地域で一貫して行うことによってその地域への愛着が生まれ、たとえプロになって世界に羽ばたいたとしても、最終的には地域に戻ってきてまた子どもたちにいろんなことを教えてくれるはずです!
そうなってこそサッカーが文化としてこの地域に根付いて行くはずですし、それこそがクラブが目指すべきことでもあります
この地域に文化としてサッカー(スポーツ)が根付く環境づくりをみなさんで作り上げていきたいと思います
私ひとりの力では到底不可能ですが、この地域の人々がこの考えに共感していただき、協力してもらえることができれば、絶対に良い結果として表れてきます!
皆の生活の一部にサッカー(スポーツ)があり、サポートしあい、応援しあえる環境をBSCで作りましょう

今日は長々とすいませんでしたぁ
天川監督とのサッカー談議の中で熱く語り合った内容を今日は載せたくてこの内容にしました
みなさんはどう思いますか?
コメントでみんさんの意見も聞いてみたいでぇす

個の育成 

June 17 [Tue], 2008, 11:09
こんにちわ☆

昨日はキッズサッカーアカデミーを実施
U-9のカテゴリーを指導しました
この日のテーマは「フェイント」でした
シザースとマシューーズという2種類のフェイントを実施
しかし、なかなか子ども達のテンションが乗ってこない
ん〜。。
技術練習をしようと思ったら単純な反復練習とかになってしまって、
子どもたちには面白くないって感じてしまうんですかねぇ

ほんとこの年代の子どもたちの指導は難しいですね
この年代の子どもたちは遊びが大好きですし、ゲーム形式の中でいかに技術を習得させられるかを
考えないといけないですね
この日はうまくゲーム形式にもっていくことができませんでした。。。

ほんと毎日が勉強ですまだまだ勉強が足りない
もっともっと勉強して、子どもたちが成長できるためにチャレンジしていきたいと思います
この子たちが世界に羽ばたいていけるような選手やしっかりと自立した人間に成長していけるように、
私たちコーチが関わっていきたいと思います


そして、その後18時〜は新しくできた「U-13スキルアップスクール」を実施
個の育成を第一に考えて、サッカーで大切な要素の「止める」「蹴る」「運ぶ」のパーフェクトスキルを目指して行っているスクールです
U-13ということで、13歳、12歳を対象として実施しています
中学生と小学6年生ということで大きく分けられがちなこの年代ですが、
それぞれの年代で基礎技術の徹底が大きな課題として挙げられます
12歳の年代では、「ゴールデンエイジ」と呼ばれる技術の即座の習得が可能な時期にあり、技術の習得には最適の時期とされています
一方、13歳の年代ではポスト・ゴールデンエイジと呼ばれる時期におり、筋肉や骨格が急激に伸び、身体のバランスが今までとは異なり、感覚が狂い、習得した技術が一時的にできなくなったりしますこの時期には新しい技術の習得よりも、今までに身につけてきた技術・習慣をもう一度復習をして、実践状況の中でも発揮できるようにすることが大切になってきます
12・13歳の年齢で求めるものの共通点は基礎技術の徹底です
この年代でパーフェクトスキルを獲得することによって、自信を持って相手に仕掛けていく、相手の逆を突くなど上のカテゴリーで通用する選手になってもらいていと思います

このようなコンセプトのもと立ち上がったスキルアップスクール
12歳の選手たちが12名集まりトレーニングを開始することとなりました
(13歳の選手も随時募集中)
今回はパス&コントロールの技術(止める、蹴る)にフォーカスを当ててトレーニングを実施
リフティングから始まって徹底してパス&コントロールのトレーニングを行いました
ひとつひとつのプレーを何となく実施するのではなく、意識してトレーニングを行うことによって、
技術習得の効率は格段に上がっていきます!選手全員がそういった意識で実施することで、
パーフェクトスキルの獲得に近づくのです
その他には「ボールに寄る」「次にプレーしやすい所にコントロールする」「パス& ムーブ」などをKeyFactorとして実施しました

みんなものすごく高い集中力でトレーニングができ、ものすごく素晴らしいと感じました
今後もこの高い集中力とうまくなりたいというモチベーションをもってトレーニングに取り組むようにしましょう

世界に通用する選手を目指して!クリエイティブでたくましい選手を目指して!
これからも頑張っていきましょう!


試合結果報告ホキ 

June 15 [Sun], 2008, 17:34
今日も1日お疲れさまでした
今日はROSAGEの練習試合で京都の伏見蹴友会と試合をしてきました
試合は30分×3本行い、トータル4-2(0-0 2-2 2-0)で勝つことができました
今日は試合前にビデオミーティングを行い(頑張ってビデオ編集しました)チームとしての共通理解を深めて試合に挑みました
サッカーは11人のプレーヤーがグランドを駆け回り、ゴールを目指してプレーします
そこで大事になってくるのがチームとしての戦い方を皆で共有し、同じ絵を描きながら試合を進めていくことなんです

だから試合前にミーティングを行うし、試合の直前にも『円陣』で共通理解を再確認して『誓い』をたてるんです

円陣にも意味があったんですね

今日の試合でまだまだ課題は出てきましたが、共通理解を持って戦えていたと思います

リーグ戦が少しの間、中断期間となるので、しっかりとチーム作りをしていきたいと思います
また応援よろしくお願いしますニ
もう一つ
今日は試合前に志賀ジュニアの試合を少し観に行きました
詳しいことはMコーチのブログで載ると思うんですが、観ていた試合は逆転勝ちができていて凄く面白かったです!!

つづく


ささやかな喜び☆ 

June 13 [Fri], 2008, 20:39
こんばんわ

今日は久々の夜更新です
一日中ものすごく良い天気でしたね
最高気温が28度だったとか??昨日より10度ほど暑くなっているとかいないとか??
みなさん、お身体大丈夫ですか?
いかがお過ごしですか?
私はさっきまでびわこ大でGKコーチとして練習に参加し、終わってから望月コーチと一緒にパス&コントロールの練習でボールを蹴ってきてただいま事務所に帰ってきました
事務所に戻ってくると・・・

あ・・・

なんか光ってる・・・


ホタルやぁぁぁぁっぁあ
事務所の外にホタルが飛んでいたんです
めっちゃきれいで感動しちゃいました
自分の中で時間が止まり、数分間その風景に酔いしれたひとときでした

さてさて、昨日も天気が良くてスクールの実施が楽しかったです
Mコーチも和邇キッズに参加してくれて、とっても楽しいメニューを実施してくれました
セパタクローボールと使ったり、グランド全体を使って駆け回りました

かいせい君としゅん君でぇす



一緒にボールで遊んだりしてるんですけど、日に日に成長しているのがわかります
この日はセパタクローのボールが3つしかありませんでした
しかも、同じ種類のないものばかり・・・
準備の段階で同じのないと・・・と考えたのですが、この日はあえて違うのばかり持っていきました
というより同じのがなかったのですけどね・・

案の定、心配していた事態になったのですが、、、

一人は先にボールをひとつ選んでいて先に遊んでいます。
もうひとりが2つのボールのうちから1つを選べるのですが・・

「どのボールにする?」コーチ
「○○君と同じのがいい」
「ん〜。おんなじボールがないんだよ・・どうしよう?この2つのボールからどちらか選んでくれない?」

今までだったら「いや!!」「同じのがいい」なんていって駄々をこねていたのかもしれませんが、
この日は
「わかった!じゃあこれがいい!!」っていって自分の欲求をコントロールしてくれたんです☆
これって大きな成長ですよね?
コーチは感動してしましました

その他にもこの日は二人ともがお互いのことを考える場面(たとえば一人がボールを2つ使っていて、もう一人もボールを二つ使いたくなった時など)が何度かあり、そのたびに自分たちでうまく問題を解決することができていたのです
自我がつよいこの年代において、他者を受容することのできるやさしい心が見えた素晴らしい日となりました

コーチはとっても嬉しい一日でした
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:biwakosc
読者になる
BIWAKO SPORTS CLUBは、地域に根ざした一貫指導体制と、サッカーを生涯スポ−ツとして楽しむ環境の確立を目指しています。2003年4月に開学したびわこ成蹊スポーツ大学サッカー部も加わり、様々な協力体制のもと、競技するだけでなくサッカーをコミニケ−ションの場として、そして人材育成の場として捉え、地域での新しいスポーツ文化創世に努力したいと考えています。2006年2月26日には、地域スポーツ文化のさらなる発展を目指すため、総合型地域スポーツクラブとして新たな道を歩みはじめました。

 日本一大きな湖、琵琶湖と比良山系に囲まれた大自然の中で、健康維持増進者からトップアスリートを目指す選手まで多志向の会員に対応できるよう協力・支援プログラムを提供しています。
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像url
» リニューアル完成☆ (2011年02月20日)
アイコン画像いいよいいよーーwwwww
» リニューアル完成☆ (2009年06月15日)
アイコン画像ヨシオ
» リニューアル完成☆ (2008年10月18日)
アイコン画像こけし
» リニューアル完成☆ (2008年10月18日)
アイコン画像タイラノ清盛
» リニューアル完成☆ (2008年10月15日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» リニューアル完成☆ (2008年10月13日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» リニューアル完成☆ (2008年10月10日)
アイコン画像猫男爵
» リニューアル完成☆ (2008年10月07日)
アイコン画像コンプ
» リニューアル完成☆ (2008年10月04日)
アイコン画像チャーリー
» リニューアル完成☆ (2008年10月03日)
Yapme!一覧
読者になる