お中元やお歳暮を贈るときの裏ワザ

May 03 [Fri], 2013, 20:50

お中元、お歳暮の習慣は日本固有のしきたりである。

最近は儀礼的に贈る必要はないとされているが、日ごろお世話になっている人に感謝の

気持ちを伝えるためには、ぜひ贈りたいものである。

デパートにすべてまかせてしまえばなんの苦労もないが、本来は持参するもの。

そこで問題になるのが時期である。

とんでもない時期に持っていっては、ありがたがられるどころか常識を疑われることにもなりかねない。

とくにお中元を出す時期は地域によって異なるので注意が必要だ。

一般的に関東の場合は、7月初旬から15日のお盆入りくらいまでの時期に渡すようにしている。

関西ではこれが月遅れとなり、8月初旬から旧盆の15日前後までとなる。

これを過ぎてしまった場合には、「のし紙」を「暑中見舞い」に換えて贈るようにするといいだろう。

また、お歳暮は12月初旬から20日ごろまでに先方に届けること。

デパートなどから発送した場合は、別便でお中元やお歳暮を送った旨の挨拶状を送るようにする。

ちょっとした気配りが大切なのだ。


▼オススメキーワード▼



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bitt1453j
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bitt1453j/index1_0.rdf