【 更新情報 】

ビタクラフトのフライパン

アメリカのビタクラフトの鍋をご存知ですか?
多重層構造のビタクラフトの鍋は、無水、無油でヘルシーな調理ができるとあって、ヘルシー志向の方達に大変人気のある鍋です。
野菜のビタミン、ミネラルなどの栄養素をそのままに、お肉も油を使わずに調理ができるため、ヘルシーで栄養たっぷりなお料理が作れます。
ビタクラフトのフライパンは、ビタクラフトを初めて使う人にはオススメの調理器具です。ビタクラフトの調理器具はステンレス鋼で作られているものがほとんどです。慣れてしまえば扱いは簡単なのですが、初めてお使いになる場合は、このステンレス鋼の扱いが面倒に思われるかもしれません。「ビタクラフトを使ってみたいけどお手入れが面倒かも」と思われているなら、このフライパンから使ってみると良いと思います。
ビタクラフトのフライパンは、マジックコートという加工がされています。マジックコートという加工はステンレス鋼に比べて、こびりつきがなくお手入れも簡単になるようコーティングされているものです。フライパンは大きさが6種類あり、付属でガラス蓋もあります。お値段は1万円前後から15000円ぐらいまでと少々高めですが、ビタクラフトの構造と機能を考えたら高いと感じないのではないでしょうか。
フライパンは「カンザス」というシリーズで展開されていますが、これはカンザス州知事公舎で愛用されていることから名前が付けられています。

ビタクラフトのケトル

ビタクラフトといえば、調理器具がステンレス鋼で作られた多重層構造の鍋でおなじみですね。
ビタクラフトはアメリカのビタクラフト社が開発した調理器具で、水や油を使わずに調理ができるとして、健康志向の高い方達に広く支持されている商品です。
ビタクラフトの鍋で調理すると、野菜も水を使わずに調理できるため、大切な栄養素を逃しません。油も使わないため、お肉もヘルシーに焼くことができるのです。これがビタクラフトの人気の秘密でしょう。
シンプルなデザインのビタクラフト製品ですが、シンプルなだけにどんなキッチンに置いてもしっくりと馴染みます。
ビタクラフトのケトルは、使いやすさとお手入れのしやすさを考えられたすっきりとしたデザインです。ステンレス製なので傷が付きにくく、いつまでもキレイなままお使いいただけます。
ケトルの底は広く作ってあるため熱が伝わりやすく、お湯を毎日使うお宅には大変使いやすいでしょう。
ビタクラフトの製品は全てが調理器を選びません。もちろんIH調理器にも使えます。IHはIH用という調理器具を探すのに大変だったりしますが、ビタクラフトのケトルなら買ってすぐに使えますね。

ビタクラフトの圧力鍋について

ビタクラフトはアメリカのビタクラフト社が開発した調理器具です。
ビタクラフト社の調理器具の特徴は5層構造から11層構造からなる多重層構造です。この多重構造により、水や油を全く使わずに調理ができるため、健康志向の強い方々からの厚い支持を得ています。
ビタクラフトの調理器具なら、野菜に含まれる大切な栄養素を逃がしません。それはビタクラフトの多重層構造によるもので、水を使わずに野菜をゆでることができるからなのです。健康のことを考えてせっかく野菜を使っても、大切なビタミンやミネラルが水に溶け出してしまっては意味がありませんよね?ビタクラフトならそんな心配をすることなく、野菜の栄養そのままに調理をすることができるのです。
最近は主婦の間で圧力鍋が注目されています。圧力鍋なら調理時間が短くてすむことと、なにより圧力鍋で調理するとおいしいからという理由からです。
ですが、圧力鍋は扱いが難しいからと敬遠する人も多いと思いのも事実。時間やガス代の節約になるのは嬉しいけど、難しいんじゃないかしら?そう思うは当然です。今までの圧力鍋は注意書きをよく読んで使わないと思わぬ事故になってしまったりしていたからです。
ビタクラフトは安全性にとてもこだわっています。フタがしっかりと閉まってからでないと鍋の中で圧力がかからない機能や、圧力が鍋内にあるうちはフタが開かない機能、鍋の中の圧力を加減してくれるバルブ、圧力が高くなってしまった時に圧力を逃してくれる機能、非常時の場合には蒸気を排出してフタが開けられる機能など、これだけの機能が備わっていれば安心して使えますよね。
ビタクラフトの圧力鍋は大変シンプルです。
安全性はそのままに、初めて圧力鍋を使う人でも扱いやすいようにシンプルな作りにしているのです。
シンプルな作りということは、お手入れも簡単でしやすいということにもなります。お手入れが面倒だと、ついしまったままにしてしまいませんか?扱いやお手入れがしやすければ圧力鍋を使う機会が自然と増えますね。
ビタクラフトの鍋は調理器を選びません。ガスにもIH調理器にも使える構造となっています。今すぐにお宅の調理器で使えるのも嬉しいですよね。
P R