2006年07月26日(水) 20時07分
「あるボダの思考」
健常者も おれみたいに、朝から晩まで夢の中でも
感情のことばっかりに思考が縛られているんだろうか?
・・なわけないよな。たぶん、やつらがいきなり
おれが暮らしてるような狭くていたるところ
トゲだらけの精神環境に突き落とされたら
苦しくて気が狂うかもな…。

健常者って、ボダ人間には考えられないぐらい
ドライで割り切った利害観念
だけを軸に、暮らしているんだろうな・・・。
そうするのが賢いやり方なのは、わかってるんだけど
感情がついていかない。
おれからすると、そんな生き方、
人間じゃない気がするんだ
**********************************
ってなわけで、根本的な脳や心の作りが違うっぽい???のかな〜
暗くて・・、狭い。そういう心、思考、脳の中で生きてるのかもしれない
だから攻撃したりするのかな、時々弱さ見せるのかな・・・
可哀想といえば可哀想だけど・・・。どう伝える?どう理解させる?
ひたすらがんばってる?けど・・。人間無理なこともある。

?? 

2006年07月26日(水) 20時02分
繊細型(頭のいいボダ)=医者やカウンセラーと言った権威に健常者以上に従順で萌え
衝動型(低知能ボダ)=医者やカウンセラーが相手でも自分に都合が悪いと反抗的になりやすく氏ねか?

ボダはいい時も悪い時も、とにかく「二人だけの関係」に引き摺り込もうとする。
いい時・・・二人のため世界はあるの〜♪状態。「私達、一心同体だねっ。きゃっきゃ」
悪い時・・・お前だけ幸せにしてなるものか〜!一緒に地獄へ落ちてやるぅ!!!

ボダは極端な自己卑下と極端な万能感をいったりきたりすることが特徴

ボダには「今」しか理解できないようだ。
「今」すぐ欲望を満たし、苦痛からのがれたい。だから、ばればれの嘘も平気でつく。

****** 

2006年07月26日(水) 20時00分
限界と境界/境界例の人に自他の境界を散々引っ掻き回されて、精神的にどんどん追い詰める人がいる境界例の人の要求はひとつ受け入れられるとドンドン、エスカレートしたりする。幼児期の精神的な分離が達成されてないためにいまだに果てしない一体感を求め続けるからだ
それが不可能な願望であるが故に、自分自身を傷つけ続けることになる

切れた時への対応/他人の人格を破綻しようとするむき出しの攻撃性、不可能な感情のコントロール
相手を徹底的に傷つけダメージを与えようとすることへの対応は割れた食器、殴りかかる、足蹴りする
髪の毛を掴む、水をかける等、そして「誘惑する被害者」や騒乱状態に生き生きするトラブル・ジャンキーの根は深い・・・・。

境界例は治るのか/境界例の予後に関する追跡調査、人生を不利にする破滅的な行為を繰り返してるうちに段々と人生が追い詰められた状態に。やがて経済的にも人間関係的にも貧しい状況へと追い詰められる・・・。今後、実年、熟年、高齢者に関する研究も必要になってくる

***** 

2006年07月26日(水) 19時59分
自分の他人の境界/自分の延長であることを拒否する人に対して向ける激しい憎しみ。一緒に苦しみの泥沼に沈んでもらおうとしたのに拒絶された場合、その人から切り離されて、見捨てられることになるからだ。

救済者幻想/境界例の人が無意識に仕掛けてくる、非常に巧妙な罠・・・。境界例という蚕(かいこ)が作り出す繭(まゆ)の中へと閉じ込められてしまうと眉の中の嵐に翻訳される境界例は中毒状態(トラブルジャンキー)となり、無意識的にトラブルを誘発トラブルという嵐の中にいるうちは、相手をしてくれる人がいて空虚感を埋めてくれるからだそしてボーダーラインカップルの相手も、周囲の人も、トラブルの中に長時間いるうちに境界例もどきになる

**** 

2006年07月26日(水) 19時58分
怒り/罵声雑言・悪態・感情逆撫で・・・。境界例の人のコミュニケーションとは苦しみを相手に体験させる為にと、幸せそうにしてる人の足を引っ張り、自分がもがき苦しんでる泥沼に一緒に引きずり込もうとするものである周りの人への破壊的な行為でしか自分を表現できないのはなぜか

人間操作/AとBを仲たがいさせるために操作工作し自身の混乱した内面そのものをまわりのひとに映し出そうとするそこにいない第三者の誹謗中傷、それは他人を鏡のように利用した「自己愛と自己嫌悪なのである。

*** 

2006年07月26日(水) 19時54分
境界例(ボーダー)は心の病気、すぐに他人のせいにする。周囲に巻き添えを食らわすと言った
性格の歪。単純な精神分裂ではなく、うつ病でも、神経症でもない。
一見普通の人間であるが、徹底的に自己本位、相手の感情を考えずに平気で嘘をつく、相手を傷つける
行為を平気で行える。
もっとも厄介な精神病のひとつであり、文明病としてますます注目されるBPD
現代精神医学のもっとも困難な相手であり、精神科医でさえ四苦八苦してさじを投げ捨てるケースも多い

医師の対応しかた 

2006年07月26日(水) 19時52分
衝動的行為の不合理さ、自己の抱く幻想に気づかせます。自己を洞察させます。
中立性を保つことが大切です。それは冷たさとは違います。反抗的な態度に逆転移(怒り)してはいけません。

・患者に親切にしない。要求がエスカレートする。応えられなくなると、見捨てられたと思う。自傷で反応。
 ・面接は予定した時間内で。過剰な依存を防ぐ。依存させると、最後に裏切られたと思って絶望し、自殺の可能性も。
 ・話を真に受けない。不幸な身の上話に同情しない。他のスタッフの悪口も無視。
 ・仮病に親切に対応しない。
 ・自傷行為に反応しない。関心を引けば思うつぼ。繰り返す。
 ・対人操作を防ぎ、自分の要求が必ずしも通らないことを学習させる。

存在は受け入れるが、行動は受け入れない
**********************
事実より勘定が優先され、感情から事実が捻じ曲げられる。

キレだしたり激しく変わる時って自分の欲求が満たされてないか、嘘がばれて指摘された時
要するに自分の立ち位置を揺るがされた時

義務を背をわせる、罪悪感を負わせる、マイナスを全部押し付ける
P R
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bita147
読者になる
Yapme!一覧
読者になる