(無題) 

August 30 [Mon], 2010, 5:46

強がりに気付いてくれるひとたち。
弱音を、本音を
受け入れてくれた
唯一の場所。

そこは
すこしずつとおざかる
いとしい過去。

やっぱり花火は遠くで咲いて
あたしには見えなくて

そうだよね、と呟く。

いつまでたっても
頼っていられない
はなれた世界だとわかっているのに。

短くたって、
これほどに親密で濃厚な人付き合いをしたのは
初めてだったから

あたしはすこし
引きずりすぎているんだ。

今年もやっぱり見れなかった花火を
あたしは過剰に美化しながら
想いを馳せる。

なんだかすこし
つかれた頭は

火薬の匂いを
ちかくに感じたくて

あしたは線香花火をしよう
なんて、つぶやいた。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:とーこ
読者になる
えがおの明日を、
つくる今日。
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる