夏の想い出 

September 06 [Thu], 2012, 23:17
またまた、久しぶりの更新となってしまいました〜

気付けば、暑い夏も終わりを迎え、季節はもうすぐ秋。
ということで、この夏の想い出をざっくりと記しておこうかな、と。

【7月】
5月に自分の誕生日があったんだけど、引っ越し等々で忙しく、それどころではなく。
6月は、自分も夫も長期間にわたって体調を崩してしまい、遠出できず。
ようやく7月の三連休最終日に、誕生祝いプチ旅行も兼ねて、富士急に連れて行ってもらいました



連休最終日の割にはそれほど混んでおらず、長くても1時間待ち位だったので、いっぱい乗れたよ
初めて乗った「ええじゃないか」は、何が起きてるかよく分からないまま終了…笑
念願の「高飛車」は2回乗れました
超〜〜楽しかった絶叫系好きにはオススメ

7月末には、結婚式の前撮りがあり
あまりに良い天気で暑過ぎて、途中で熱中症気味に
あれは危なかった…

そして、会社の人たちとスカイツリーに登ったりもしました。



展望台からの夜景は綺麗だったし、ソラマチも色んなお店があって楽しかった
今度は昼間に登ってみたいな〜

そしてそして
大阪の長居スタジアムにて、GLAYのライブ2daysに参加してきました
二日間とも最高に楽しかったけど、特に一日目がサブステージのすぐそばで、メンバーがほんとに近くで見られて大興奮
hideギターを弾きながら「rocket dive」歌うHISASHIさんを目の前で見られた瞬間が一番興奮したかも
この夏一番の想い出ですね。
本当に楽しかった

ライブの翌日には、USJに行ってきました。



これまためちゃくちゃ暑かった〜
日焼けしないように気を付けながら、楽しんできました

こんな感じで充実した7月。


【8月】
打って変わって、8月は特に夏らしいことはせず…
お盆にお休みを頂いたんだけど、ほぼ引きこもって結婚式の準備に明け暮れていました。
フェスとか海とか花火大会とか、色々行きたかったけど、我慢…

そして早いもので、今年もあと4ヶ月。
今週末は、いよいよ結婚式です。
晴れるといいな〜

人生で一度の晴れ舞台なので、楽しんできたいと思います

新生活 

June 16 [Sat], 2012, 18:37
久々のブログ更新

ここ一ヶ月程、仕事もプライベートもバタバタしててなかなかPCを開く時間もありませんでした
…いや、仕事は大したことしてないから、9割方プライベートかな。笑

5月5日に入籍して、先月末に新居へお引っ越し
新生活が始まって、早いもので半月経ちました。

まだ家の中は段ボールだらけだけど、だいぶ落ち着いてきたかな〜。

入籍しただけでは、あまり「結婚した!」って実感は無かったけど、一緒に暮らすようになって、ようやく実感が沸いてきた…かな…

まぁ、思ったよりは普通でしたが(笑)
「普通だな」と感じられたのは、ある意味とても良かったのかも

どんなに仕事で疲れて帰ってきても、嫌なことがあっても、家に帰ると家族がいて、ホッとする空間があるっていうのは、本当に素敵なことだな〜としみじみ感じている今日この頃

新居は、会社からも得意先からも遠くて、通勤がとっても大変ですが、新築&現時点では私たち以外誰も入居してないアパートなので、とても快適です

あと近所のスーパーが以前住んでた中野と比べて驚くほど安い〜
以前と同じ金額で倍近く買えちゃったりするので、爆安っぷりに大興奮の日々です(笑)
まぁ、東京は何でも高すぎるんだろうねぇ…。

夫はモリモリご飯を食べるので、毎日、一汁五菜くらいを心がけて、バランス良い食事が作れるようにしてます

冷蔵庫もちょっと奮発してイイやつを買ったし、会社の先輩たちからは欲しかったストウブのホーロー鍋を頂いて、ますます料理が楽しい毎日

あとね、こだわったのはベッド
独身の頃より早起き生活になったので、睡眠の質を上げたいなと思い…

シモンズのベッドを買っちゃいました
も〜、ほんとに寝心地最高
毎晩、一瞬で眠りにおちてます(笑)

披露宴まで3ヶ月を切って、準備に追われる日々ですが、夫と力を合わせて、最高の日が迎えられるといいな

生活のリズムが変わったことによる疲れからなのか、一週間ほど前から体調が芳しくなく、夏風邪をずるずる引きずってますが…
これからは自分一人の身体ではないので、体調管理にも気を付けないと


ということで、近況報告でした

YUKI LIVE "SOUNDS OF TEN"  

May 21 [Mon], 2012, 0:01
超〜今更ですが、GW最終日の5月6日(日)、参加してきました

YUKI LIVE "SOUNDS OF TEN" @東京ドーム

YUKIちゃんのソロデビュー10周年記念ライブです



YUKIがジュディマリの解散ライブを行ったのが11年前。
女性アーティストで、バンドとソロ両方で東京ドームのステージに立ったのは、何とYUKIが初めてだそう
そんな記念すべき夜を、体験することが出来ました

以下、備忘録として。

オープニング映像では、無数のドットの集まりがYUKIになって躍り出す。
10・9・8…とカウントダウンの数字が映し出され、0の瞬間…

バンッ!という物凄い花火とともにYUKI登場

めっちゃビックリしました(笑)

最初の衣装は、白のフリフリにゴールドの縁取りの、お姫様みたいなミニワンピ


1.the end of shite

YUKIのソロデビュー曲でライブスタート

この曲、低音で歌うYUKIがとってもセクシーなんだ

2.惑星に乗れ

歌い終わり、青いギターを持つYUKIちゃん。

「今日はYUKIライヴ10周年!SOUNDS OF TENの本祭りです!」
「11年前に私は東京ドームに立ちました。バンドでも、ソロでもドームに立つのは史上初!史上初の称号をもらいました!!」

「だから今日は史上初のライブを、今日ここに居るみんなと創り上げていきます!」
「この10年間の感謝の気持ちを込めて歌います!今のこの気持ちを表している曲『泣・き・そ・う・だ』!」

この、曲紹介の仕方がカッコ良くて可愛かった〜


3.泣きそうだ

4.ふがいないや

この辺りで既に、会場の空気はヒートアップ
この曲、曲調は明るいのにめちゃくちゃマイナスで、何とも切ない。


5.ハミングバード

6.愛に生きて

ここまでしっとりと聴かせた後、花道後方へ移動するYUKI。
すると、後ろの方にステージが出現

7.ファンキーフルーツ

ステージには色とりどりのフルーツの絵が次々と浮かび上がり、可愛かった

8.WAGON

9.Rainbow.st


曲が終わり、一旦YUKIがステージから消える。
スクリーンにはJAMの東京ドームでの解散ライブの映像が流れ、客席がざわつく。

そして『蝦夷大陸』だったかな?
『情○大陸』のパクリみたいなタイトルと、音楽が流れて、そこからはYUKIの10年間の軌跡を振り返る映像が流れる。

「私は、みんながいなかったら歌なんて歌わない!」

「この10年間、何一つ適当にやってきたことなんてなかった。」

この言葉がすごく印象に残ってます

そして、ステージが天井まで高くせり上がり、プレゼント箱の中から、大きなピンクのリボンを頭に付けたYUKIちゃん登場
衣装も、リボンだらけでめっちゃくちゃ可愛かった〜〜〜

10.舞い上がれ

11.ヘイ!ユー!


この曲、ほんとキュート&セクシーで好き
途中で「Move left!Move right!」の掛け合いと共に客席のみんなもダンス、ダンス

12.ビスケット

この曲、ホントにホントに大好き
初めて生で聴けて、本当に嬉しくて涙が出た
っていうか、その前から既に何度となく泣いてたんだけど(笑)

「あたしがあなたを好きな理由 100個以上正座してもっと言えるから♪」
っていう歌詞が、物凄〜〜く好きなんです

YUKIちゃんの旦那サマ、YO-KINGが羨ましいぜっ

13.66db

スクリーンには雨の映像が映し出され、歌の世界観とリンクしてとても幻想的なムードでした


14.うれしくって抱きあうよ

15.Home Sweet Home

16.COSMIC BOX


歌い終わった後、YUKIが花道後方へ移動すると、再び後ろにステージが登場し、巨大なケーキへと変化

「みんなー!YUKIと一緒にスウィングしない?」

17.恋愛模様

ジャジーな演奏に合わせて、YUKIと客席がスウィング

18.ティンカーベル

この曲でも、客席が一体となって大合唱。
本当に感動した〜

19.歓びの種

この辺りでだったかな?
YUKIが60年代風のダンサーと共にダンスをする映像が流れる。
いっつも思うんだけど、YUKIちゃんて何であんなに上手に踊れるんだろう

そして再び衣装チェンジをして登場したYUKIちゃん。
今度は前が白、後ろが黒のワンピに、髪も前が金、後ろが黒のツートンのボブヘアでした

20.長い夢

21.鳴いてる怪獣

22.ランデヴー


この曲も、大好き。
「瞼に銀のタトゥー」のところで必ずYUKIちゃんが瞼の上でピースをするのがたまらん

23.揺れるスカート

24.ワンダーライン

25.JOY


YUKIの「カモーン!JOY!」の掛け声と共に、舞い降りてきた銀テープ。
会場のボルテージは最高潮に

いや〜ホントに、ランデヴー〜JOYの流れでの会場の一体感はハンパなかった
5万人が一つになって、巨大なライブハウスと化してました

歌い終わると泣きながら、バックステージと消えるYUKI。

【EN】

再びステージに現れたYUKIちゃんは、またまた衣装チェンジ。

珍しく、赤いマキシのレースワンピ
それに「YG」って書いてある赤いキャップを被ってました。

そしてYUKIが語り出す。

「私とずっと一緒に歌ってるのは誰だろうって考えていました。それは私の影だって思ったんです。辛い時も苦しい時も私と一緒にずっとついてきてくれる影。」

「でも…それは私とみんなのコトだって思ったの。」

「さっき降ってきた銀テープあるでしょ。私からのメッセージが書いてあって。スターウォーズの『May the Force be with you』って言葉にかけて『May YUKI be with you』って書いてみました。あなたは私の一部です。YUKIと共にあれ!!」

「東京ドームでライブをやることが決まって作った曲です。聞いてください!」

26.プレイボール

空から無数のゆきんこ風船が舞い降りてきた
そして、巨大なベースボールバルーンも転がってきて、曲そっちのけで風船や巨大バルーンに夢中になる客席(笑)


「今日私たちは両想いになったね!いつだって今が最高なんだぜ!」

「私もココに居るみんなも最高だよ!輝いてるよ!」


27.世界はただ、輝いて

歌い終わり、泣いているYUKI。

「バンドが解散して、一人になってからずっと考えてきました。でも…今は一人なんかじゃない。」

「私が函館から東京に来た時に作った曲です。聞いて下さい」


28.大人になって

「夢の為に私は一人で上野駅に向かった。」

「餞別は友人からの缶ビールだけだった。」

「上野駅に着いた時、身体は寒かった。」

「でも、私には夢があるから全然心は寒くなかった。」

「あの夜汽車に乗って、いつか…いつでも15歳に戻れると思ってた。」

「缶ビールをくれた友人も、今まで出逢って来たみんなも思い出せる。」

「でも…私は大人になってしまった。大人になってしまったんだ…」

泣きながら歌うYUKI。
もう、観てるこっちまで号泣


歌い終わるとYUKIが話し始める。


「『この10年間で私に起きた全てのコトに感謝しています。ありがとう。」

「この曲に出逢えて私は幸せです。だから最後に、この曲を歌ってお別れをしたいです。」


29.プリズム


歌い終わり、バックバンドのメンバーと手を繋ぎ、マイクを使わずありったけの声で叫ぶYUKI。

「YUKIライブ、SOUNDS OF TEN!東京ドームに集まって下さった皆さん!今日まで応援して下さった皆さん!本当にありがとうございました!」



今回のチケットと、途中で降ってきた銀テープ&ゆきんこ風船。
本当に忘れられない夜となりました

今回のライブは、色んなアーティストや俳優の方々も観に来ていたそうで。
勿論、YUKIちゃんの函館時代からの親友、GLAYさんも

翌日の、HISASHIブログが面白かったなぁ。
「奇跡の40歳!?」とか「当時俺の事好きって言ってた」とか(笑)

ほんとに奇跡の40歳
これからも素敵な歌声でみんなを魅了して欲しいな

トルコ旅行記☆イスタンブール後編 

May 20 [Sun], 2012, 20:33
【5/3(木)】
長かった旅行も、早いもので最終日。

前日に引き続き、イスタンブール観光です。
まずは「トプカプ宮殿」へ。



ここは何と400年もの間、オスマン朝の皇帝の居城として使用されていたとのこと



宮殿の敷地は広大で、皇帝が大勢の女性を住まわせていたハレム(大奥みたいな場所)はその中でも特に広かった
一体、何人の女性を侍らせてたんだろう…。

あとは、86カラットもの大きさのダイヤやら、巨大なエメラルドが付いた短剣やら、モーゼが海を割ったという伝説の杖やらが展示された宝物館があったり

歴代の皇帝の絵画が飾られた展示館があったり。

マルマラ海やボスポラス海峡を望める場所もあったりで、2時間くらいかけて見学してもまだまだ時間が足りないくらいでした

さて、トプカプ宮殿を後にし、最後の観光スポット「アヤソフィア」へ。



これまた、巨大なイスラム寺院で、内部も煌びやか



ここ、もともとはギリシャ正教の教会として建てられたものらしく、キリスト教のモザイク画も多数残されてました。

それから、アヤソフィアの内部には「聖母マリアの手形」と呼ばれてる柱があって。
この柱には窪みがあるんですが、そこに手を入れて、内部でぐるっと手を回すことが出来れば願い事が叶うと言われており、柱の前には長蛇の列が。

もれなく、私たちも並んで窪みに手を突っ込んできました
こういう旅先での願い事は、叶わなかった試しが無いので、今回もきっと叶うハズと前向きに



最後に、ボスポラス海峡を一望できるレストランで、ナスのケバブを食べて

一路、日本へと帰国するのでした

帰りのフライトでは「シャーロック・ホームズ」と「猿の惑星」が観れて得した気分
特に「シャーロック・ホームズ」はロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウがカッコ良くて、笑いありアクションありですっごく面白かった
一作目も観たいっ

そんなこんなで、満喫し尽くした8日間でした

一緒に旅してくれた同期たち、ありがとう
この3人での旅行は初めてだったけど、最高の想い出が作れました

トルコは、遺跡が好きな方にも雄大な自然が好きな方にも心からオススメ出来る、親日家の素敵な国。
ぜひ一度、訪れてみて下さい

トルコ旅行記☆カッパドキア・イスタンブール編 

May 19 [Sat], 2012, 23:48
【5/2(水)】
さて、楽しかった旅行も佳境に差し掛かってきました。
この日は、何と4時前に起床

でも、それも苦にならないくらい、この旅で一番楽しみにしていたイベントがそこには待っていました。
そう、カッパドキアの気球ツアー

最初はちょっと怖かったけど、もうホントにスゴかったー



空から見下ろすカッパドキアの町並み、連なる奇岩、無数に飛ぶ気球の群れ。
何とも表現し難い、美しい光景がそこにはありました

周りの友達でトルコ行ったことのある人が何人かいて、みんな口を揃えて「カッパドキアの気球はとにかく良かった!」と。
ある友達に至っては「今まで色んな国を旅行したけど、あの光景はその中でもダントツ感動した!」と。

その意味が、ようやく理解できました

個人的には、去年ハワイ島のマウナケアで見た、サンセットと満天の星空が今まで行った旅行の中で一番感動した光景だったけど、その次くらいに感動したかな

でもこういうのって、一瞬、一瞬が大事で、同じ光景は二度と見られないと思うので、甲乙付けること自体がナンセンスなのかもしれないけど。

ともあれ、人間の造ったものの中にも感動するものはたくさんあるけど、やはり自然が与えてくれる感動にはかなわないな〜と、改めて実感した次第です



1時間程、優雅な空の旅を楽しんだ後は、奇岩がそびえ立つ中にダイナミックに着陸(笑)
陽気な気球の操縦士と、参加者みんなでシャンパンで乾杯

操縦士のお兄さん、気球を操縦しながらノリノリの音楽かけたり、やたらテンション高くて、ホント楽しかったです

その後はいったんホテルに戻り、朝食をとってから、出発の時間までホテルの周りを散策
トルコでは、至る所に犬や猫がいたんだけど(殆ど野良だと思う)、ここでは珍しくゴールデンレトリーバーの親子を見かけて、興奮しました

さて、カッパドキアに名残を惜しみつつ、飛行機に乗ってイスタンブール

遅めのランチをとって、まずは「ブルーモスク」。



トルコを代表するイスラム寺院で、6本のミナレット(塔)が特徴的

イスラム教では、肌を露出してはいけないので、露出が高い格好の人は、入口で青い布を巻かれます。
私は、そんなに露出が高いと思ってなかったのに(Tシャツ+スカートの下にレギンス)、上にも下にも布を巻かれました

添乗員さん曰く、身体のラインが分かってしまうような服装はダメらしい。なかなか厳しいなぁ〜

ブルーモスクの中は、色とりどりのタイルやステンドグラスで埋め尽くされていて綺麗でした

その後は「グランドバザール」へ。



その名の通り、たくさんのお店が集まった巨大なマーケット。
本当に広すぎて、迷子になってしまうほど

客引きが物凄くて、いたる所で「コンニチワ〜」「ニホンジン、カワイイネ〜」などと声を掛けられました。

友人が香辛料の入れ物を買おうとして値引き交渉をする中、もう一人の友人が店員のオッサンから「一緒に写真を撮ろう」と言われ、挙句の果てにハグ&キスをされるという始末
まったく、とんだセクハラオヤジだったわ

そんなこんなで人混み&客引きに疲れ果てて、早々に退散

そしてこの日最後のイベントは「ボスポラス海峡」のディナークルーズ



ご飯はイマイチだったけど(笑)、イスタンブールの街並みや沈みゆく夕陽を眺めながらのクルーズは、なかなかの風情でした

ご飯を食べた後、船の上でタイタニックごっこをする友人(笑)
そして他のツアー参加者の方もそれを真似するという、何とも楽しい状況に(笑)

この日の宿泊先は、日本でもお馴染み「CONRAD」。
期待を裏切らず、とっても素敵なホテルでした

最終日に続く…

トルコ旅行記☆カッパドキア編 

May 15 [Tue], 2012, 23:45
さて、旅行記の続きです。

【5/1(火)】
この日も朝から3時間かけて移動し、いよいよこの旅で一番楽しみにしていたカッパドキア

途中、昔の貿易商の宿泊所「キャラバンサライ」跡に立ち寄ったり。
トルコ絨毯のお店に立ち寄ったり。

トルコ絨毯って凄いの
織り方が緻密で、まさに芸術品。
高いやつは500万もするとか言ってた

勿論、買う気なんてさらさら無かった私たちには、トルコ人店員もあまり話しかけてきませんでした(笑)
「嫁入り道具にどう?」とか言われたけど、そんなの買った日にゃ嫁にすら行けません

そして、いよいよカッパドキア到着

まずは、地下都市「カイマクル」へ。
何と地下8階まである地下都市で、まさに迷路でした
探検隊になった気分で、変な写真をいっぱい撮る私たち(笑)

んでその後は、洞窟レストランでランチ



壺焼きケバブを頂きました。
巨大な壺で蒸し焼きにされたケバブで、超〜美味しかった

レストランも、洞窟の中にあってめちゃ雰囲気良かったし
カッパドキアは葡萄も有名だそうで、記念に岩型のケースに入ったワインも購入

ランチの後は「ギョレメ野外博物館」へ。
岩窟教会がたくさん集まってる所なんだけど、色鮮やかな宗教壁画がたくさん残されてて綺麗だった

その後は「ウチヒサール」へ。



表面にたくさん穴が開いた、巨大な一枚岩。
写真では上手く表現出来ないくらい、とにかくデカッて感じでした。

それから「パシャバー(キノコ岩)」。



ホントにキノコみたいな形の岩がたくさん並んでて、圧巻
どうしてこんな形になるのか、不思議ですよね。
自然の力って凄い

そして最後は「ラクダ岩」。



見た瞬間、誰もが「わ〜、ホントにラクダだ〜!」と叫んでしまうくらい、見事なラクダっぷり(笑)
何度でも言おう、本当に自然の力って凄い


そして…この日の宿泊ホテルは、一番楽しみにしてた洞窟ホテル
「ANATOLIAN CAVE HOUSES」という、全室スイートルームのホテルでした



洞窟をホテルにしてるので、部屋の造りが全部違うし、とにかく幻想的なムードが最高

とりあえず、ひととおり他のツアー参加者さんのお部屋を見学(笑)
そして、ホテルをすみずみまで探検し、ジャケ写撮影大会をする私たち

今回のツアーではハネムーンカップルも複数いたんだけど、いやぁ、あのロマンチックなムードはハネムーンには最高でしたね
ってか、ハネムーンでトルコを選択するあたり、すごく良いセンスしてるよね
確実に、旅慣れてる方々だと思われますが。

部屋にはジャグジーも付いてたので、3人で一緒に入ってみたり

翌朝がこの旅一番の早起きをしなければならない日だったので、早めに就寝しました

トルコ旅行記☆パムッカレ・コンヤ編 

May 14 [Mon], 2012, 0:35
今週は連休空けて公私共にバタバタでした…
少し間が空いちゃったけど、旅行記の続きです

【4/30(月)】
この日は7時半出発で、パムッカレ観光。
まずは「ヒエラポリス遺跡」へ。



かつて「ペルガモン王国」の国王によって建造された都市だそう。
ここにも、円形劇場やら、浴場跡がありました。
ちょうど「テルマエ・ロマエ」が話題のこの時期に、当時の浴場跡を観られたのはとってもタイムリーでした

そこからテクテク歩いて、見えてきたのは…



世界遺産の「石灰棚」。
これ、石灰成分を含むお湯が、長い時を経て結晶化したものなんです。
まるで雪山みたいだよね
まさに絶景、圧巻の風景でした

石灰棚には、足湯が出来る場所もあって、裸足で入ることが出来ます
勿論入ってみたんだけど、結構ゴツゴツしててツボが刺激されまくりで痛かった〜
お湯自体は、気持ち良かったです

そこからは再び6時間ほどかけて移動〜



途中のランチでは、お肉とチーズの「ピデ」を食べました。
クリスピーピザみたいな感じで、サクサクで美味しかった
そうそう、トルコでは基本的に、パンがもっちりフワフワでめちゃ美味でした

そしてようやく、コンヤに到着。
イスラム神秘主義の一派、メヴレヴィー教の発祥地だそうです。
そういや世界史で習ったな〜と、またもや地味に高まる私



早速、コンヤの一番の見どころ「メヴラーナ博物館」へ。
メヴィレヴィー教の創始者、メヴラーナの霊廟で、棺がたくさんありました

あとは、ムハンマドのあご髭が入った箱が展示されてたり、高級なトルコ絨毯、コーランの写本なんかも展示されてました。
イスラム教の文化に触れることって、なかなか無いから、貴重な機会だったなぁ

その後は、ホテルの近くのスーパーに寄って、お土産購入&部屋で飲むお酒を調達
「RAKI」っていう、アルコール度数40度位のテキーラみたいなお酒を買ってみたんだけど、水で割れどジュースで割れど、クセがあってなかなかキツかったです…笑

この日の宿泊ホテルは「RIXOS」。
そこでメヴラーナ教の宗教舞踊「セマー」を鑑賞することに。

これを逃したら、一生観る機会なんて無いじゃんっていう、物珍しさに惹かれ(笑)
しかし、私たちのツアーからの参加者は、たったの3名でした
他の方々は、スパとか温泉に行ってた模様。
うん、まぁ、普通そうだよね。笑



んで、セマーの内容はというと、想像以上にシュール(笑)
スカートはいたオジサマ達が、笛や太鼓の音楽に合わせて、ひたすらクルクル回るっていう…

で、何故かお土産としてセマーの笛とCDを貰った
い、要らない…笑
なかなか出来ない体験だし、観に行って良かった…かな(笑)

まだまだ続きます

トルコ旅行記☆ベルガマ・エフェソス編 

May 06 [Sun], 2012, 0:15
【4/29(日)】
この日はまずアイヴァリクから約1時間かけてベルガマへ移動
途中で立ち寄ったトルコ石のお店で、大ぶりのピアスを購入。
友達もネックレスを買ってました。

トルコ石のアクセ、ずっと欲しいな〜って思ってたから、嬉しい
しかもちょっと値切れたし
トルコでは、最初に言われる値段はあってないようなもんで、値切るのが基本なのです

さて、ロープウェイに乗って、丘の上にある「ベルガマ遺跡」に到着。
ヘレニズム文化の集大成「アクロポリス」を見学しました。

恥ずかしながら私、今回旅行するにあたりトルコの下調べをするまで、アクロポリスはギリシャにあるんだと思ってました
同じツアーに参加してた、遺跡好きの女性曰く、ローマもギリシャもトルコも、同じ時代の遺跡が残ってるので、似たようなもんらしいけど(笑)



「トラヤヌス神殿」や、急斜面に残る大劇場など、本当に壮大な遺跡でした

遺跡を見学した後は、ランチ



チョプ・シシ」という、牛の串焼き。
一番下に羊の脂が刺さってて、ちょっとクセがあるので苦手な人は残してたけど、道産子の私は食べれたよ

その後は3時間かけて「エフェソス遺跡」へ移動



アゴラから下の図書館まで延びる、見晴らしの良い「クレテス通り」。



こちらは「ハドリアヌス神殿」。
装飾が綺麗で、メドゥーサの彫刻が凄かった



その昔は世界で3番目に大きかったという「ケルスス図書館」。
こちらも色んな彫刻が施されていて、壮麗だった
こういう建築物、大好きです

ひと通り見学した後は再び移動

途中で立ち寄ったレザーのお店で、友達はお高いレザージャケットを購入してました
私もトルコ人のイケメン店員にゴリ押しされたけど「絶対買わない!」と何とか逃げ切る(笑)
だって、可愛かったけど即決できるようなお値段じゃなかったんだもん

約3時間の移動を経て、宿泊先のパムッカレへ移動。
「COLOSSAE THERMAL」というホテルに宿泊しました。
温泉プールが付いていたので入ってみたんだけど、気持ち良かった〜

4日目へ続く…


トルコ旅行記☆トロイ編 

May 04 [Fri], 2012, 23:24
4/27(金)〜5/4(金)の8日間で、トルコ旅行に行ってきました
会社の同期3人での女子旅
ということで、日を追って旅行記を書いていきます

【4/27(金)】
トルコ航空の直行便でイスタンブールへ11時間のフライト

機内の映画がかなり充実してて良かった
観たいと思いつつ観れてなかった「THE NEW YEAR'S EVE」と「TIME」が観れて、どっちも面白かったです

この日は移動のみで、空港そばの「KAYA RAMADA」に宿泊。

【4/28(土)】
今回の旅行は、基本的にバス移動でした
トルコは、広大な土地に世界遺産や観光名所が点在してるので、移動距離がいちいち長かった〜

けど、基本的にバスの中では爆睡だったし、途中でちゃんと休憩をとってくれるので、それほど苦痛ではなかったかな。

この日は朝7:00出発で、約7時間かけてイスタンブールからトロイへ移動。



ランチはトルコ名物「サバサンド」。
感想はみんな共通していて「焼いたサバをパンに挟んだ味」。
…ってまんまやん
不思議とクセになる味でした



途中、ダータネルス海峡をカーフェリーで渡りました。
カーフェリーって初めて乗ったんだけど、バスでそのままフェリーに乗り込むのがワイルドだったぜぇ〜

で、ようやく世界遺産「トロイ遺跡」に到着
高校時代、世界史を結構真面目に勉強してた私は、かーなーりー高まってました



当時の兵士になった気分で城壁の中を進みつつ、最後に現れたのは…



伝説の「トロイの木馬
凄く大きくて、遠くからその姿を見つけた瞬間テンションMAX
やっぱり、教科書でしか見たことが無かったものを実際に目の当たりにすると、本当に感激しますね

こういうとき、学生時代にちゃんと勉強してて良かったな〜って思う。
というか、知らないよりは知ってた方が何事も深みが持てて良いよね
せっかく高いお金払って旅行するんだから、全くの無知識で行くのは勿体無いし。

この木馬には、中に入ることも出来て。
勿論、中に入ってバッチリ写真も撮りました

この後は、更に3時間かけてアイヴァリクへ移動
「HALIC PARK」というホテルに宿泊しました。



海沿いのホテルで、眺めがホントに最高でした
3日目に続く…

ハイコミツアーアンコール☆武道館3days☆ 

April 25 [Wed], 2012, 1:09
追加公演3日間、参加してきました
GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2011-2012 RED MOON&SILVER SUN@日本武道館

当初予定されていた最終公演の熊本、そして追加公演の福島、岩手で散々「ファイナル!」と言ってきたので、今回の武道館3daysは「アンコール」という名目だそうで(笑)



しっかり、武道館の外のツアータイトルの所にも「ENCORE」の文字が。

既に記憶が曖昧になってきてるのと、ひたすら長くなりそうなので、ダイジェストでレポを…
主にジロウちゃんについて(笑)

【4/18(木)】
この日は南スタンド2階という、ステージ全体が見渡せる席。
360度全てお客さんが入った武道館の様子は圧巻
モニターが無かったため、今までの公演とは違ってオープニングやエンディングの映像などは無かったけど、その分違った演出も見られました

この日の私的ハイライトは…
ジロウちゃんが投げキスの大サービスをしてくれたこと
普段、TERUさんは投げキスの大安売りをしてるけど(笑)、ジロウちゃんがするとこなんて初めて見たから、そりゃーもう大興奮

正面に向かっては2回してくれて
ステージバック席に対しては「えっ、いたの?」「どうせ長居スタジアム来ないんでしょ」とかイジワル発言したり、ドンッて地団駄踏んでみたり、ドSな態度。
かと思いきや、その後お詫びの意味も込めて(?)投げキスしまくり&エアハグまで

でもその後、相当恥ずかしかったみたいで、アンプの上に突っ伏してました…
んもー、可愛すぎて、わたしゃ完全に萌え死にましたわ

それを見たTERUさん「みんな、可愛い〜って思ってるんでしょ。でも、もっと可愛い子を紹介します!」と、HISASHIさんを紹介。

HISAは「悲しいとき〜!後頭部ばっかり見られるとき〜!」と言っていた(笑)

その後、リーダーが「俺のアレをナニする」コーナーでは、ジロウちゃんは「ツンデレ和山」と命名されてました(笑)
この後の二日間でも投げキスはやってくれなかったから、本当レアなもの見れて大満足
きっと相当ご機嫌だったんだろうね

あと、どこのタイミングだったか忘れたけど、ジロウちゃんがTERUさんに「ごめん」と謝る場面があって。
TERUさんが「長いことGLAYやってるけど、JIROに『ごめん』と言われたのはこれが初めてです」と言ってました(笑)

前後しちゃうけど、本編ラストで初披露された新曲「Bible」。
歌詞がステージの周りのモニターに表示されてて、激しい曲なのに切ない歌詞とのギャップがすごくて。
思わず泣いてしまった

曲自体は、GLAYにしては珍しく、モッシュしたくなるような曲
…が、モッシュするような雰囲気でもないし、かと言って拳を振り上げるのも微妙にリズムが取り難く、結局私は普通にノりながら観ることにしました。

この日は会場内の熱気が物凄くて、TERUさんも何度も「空気が薄い!みんなあんまり呼吸しないで!」と言ってた(笑)
それくらい、一日目から熱い公演でした

【4/21(土)】
二日目は東スタンド2階から鑑賞。
演出でスモークが噴き出るたびに、メンバーが見えなくなるという席でした
シャッターのときに歌うジロウちゃんが一瞬見えなかったときは、さすがに「おーい」って思ったわ〜。

この日のアンコールMCでは、ジロウちゃんが「最後にどうしても言いたかった一言を言います!マーメイッ!(「MERMAID」の曲紹介をするTERUさんの物真似)」とシャウト(笑)
確かに、真似してみたいかも

HISAのMC。
「ヒサシです。このコーナーでマネージャーのメールアドレスをバラしていたら、昨日、メールが届きました。読みたいと思います。『GLAYのマネージャーの方へ。ばーかばーか』」
…いや、さすがにあんだけバラされてたら、もうメアド変えてると思うんだけど、どうなんでしょ(笑)

この日はTOSHIさんとSEIさんのMCが、ステージの本当に一番前で行われ、二人とも緊張してたのが面白かった(笑)
後で、リーダーからめっちゃダメ出しされたみたいだけど(笑)
TOSHIさんのドラムソロも観れたし、めっちゃカッコ良かった




2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像ユウミ
» 夏の想い出 (2012年09月11日)
アイコン画像えみ
» 夏の想い出 (2012年09月09日)
アイコン画像DADA
» 夏の想い出 (2012年09月07日)
アイコン画像けちゅ
» ファッション×ディズニー (2012年07月16日)
アイコン画像ユウミ
» 新生活 (2012年06月23日)
アイコン画像ゆきみ
» 新生活 (2012年06月20日)
アイコン画像ユウミ
» 新生活 (2012年06月17日)
アイコン画像うめこ
» 新生活 (2012年06月17日)
アイコン画像ユウミ
» トルコ旅行記☆イスタンブール後編 (2012年06月04日)
アイコン画像yukino
» トルコ旅行記☆イスタンブール後編 (2012年05月31日)