敏感肌でUVカットクリームがどれも合わない場合の紫外線対策は?

August 30 [Tue], 2016, 17:08

「敏感肌でどのUVカットクリームを使っても、
 肌荒れしてしまうんだけど…!?」


と、あなたは悩んでいませんか?



敏感肌だからしっかりとUVケアをしないといけないのに、

UVカットクリームを使うと
肌がピリピリ痛くなったりかゆくなったり
肌トラブルが起こってしまいますよね。


紫外線吸収剤が使われてなければ大丈夫
と聞いて使ってみたものの、
全然大丈夫じゃなかったりしますよね。

クリームよりもパウダーのほうがいいから、
ということでUVカットパウダーを使ってみたものの、
これも全然ダメだったりしますよね。

そんな感じで、今までいろいろなものを使ってみたものの
肌に合わずにほとんど使わないまま捨ててしまう、
なんてことを繰り返していませんか?


「どのUVカットクリームを使っても肌荒れするけど、
 紫外線対策をなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?


■敏感肌でどのUVカットクリームを使っても合わない時の対処法


UVカットクリームやパウダーには、敏感肌用がありますよね。

それらのほとんどが、紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)で、
香料、着色料などの余分な添加物が
使われてないものが多いですよね。


しかし、紫外線吸収剤が使われてないものには、
紫外線散乱剤(紫外線反射剤)が使われています。

それで、紫外線吸収剤と比べると、
紫外線散乱剤のほうが肌への負担が大幅に軽減されます。


とはいっても、肌への負担がゼロになるわけではありません

紫外線散乱剤には酸化チタンや酸化亜鉛が使われていますが、
それらが場合によっては肌荒れの原因となるのです。


ということは、紫外線吸収剤不使用のUVカットクリームを使っても
肌荒れする場合は、

どのUVカットクリームを使っても肌荒れしてしまう、
ということになります。


その場合は、日傘などで紫外線対策をする必要があります。

ただ、日傘を使っても
紫外線を完全にカットできるわけではありません。

そこで、内側からも紫外線対策をする必要もあります。


■UVカットクリームを使えないならアレで紫外線を防げる?


紫外線が肌に当たるとメラニンが生成されて、
シミができたり色が黒くなったりします。

紫外線が肌に当たると活性酸素が増えますが、
活性酸素が大量に発生すると肌に悪影響を与えます。

その活性酸素から肌を守るためにメラニンが生成されるんです。

ということは、活性酸素を減らせば、
シミができたり黒く焼けたりしない
、ということになりますね。


また、紫外線によって起こるその他の肌トラブルも、
実は活性酸素が原因なんです。

ですから、活性酸素を減らせば
紫外線による肌トラブルを防ぐことができる

ということになりますね。


活性酸素を減らす栄養素として、
ポリフェノールやカテキンなどが有名ですね。

ポリフェノールはほとんどの野菜、果物に入ってますから、
それらを積極的に摂るといいですよ。


ただ、食事を変えるのってなかなか難しいですよね。

そこで、活性酸素を減らす栄養素が凝縮されているサプリを
飲むことをおススメします。


「ホワイタス」は、
活性酸素を減らしてメラニンが生成されるのを
抑える働きがあるリコピンが配合されているサプリです。

また、その他にも紫外線から肌を守る成分が
たっぷり含まれているんですよ。


それで、実際に飲んだ人の多くが
「紫外線対策が楽にできる!」
などと満足しているんですよ。


UVカットクリームなどを使わずに紫外線対策をしたい
と思っているあなたに「ホワイタス」はおススメです。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

【ホワイタス】詳しくはこちら






























.