税金の計算・ボーダーライン

August 28 [Thu], 2014, 16:41
バイナリーオプションで得た利益は立派な課税対象となるため、利益の20%は使わずにとっておかないと、大変な目にあってしまう可能性があります!

ただし、売上の20%ではなく利益の20%なため、経費が当然認められます。
例えば200万円を投資し、150万円を得た場合、収支でみるとマイナスなため150万円の20%を更に課税ということにはなりません。一安心ですね。

競馬なんかは経費と認められるのが当たり馬券の購入費だけということが裁判になっていて、トータル負けなのに追徴課税が求められているなどというわけのわからない事態になっていますから、その点バイナリーオプションは勝ってない限りは税金の心配がいらないということになります。

とはいえ、バイナリーオプションは競馬ほどやっているだけで楽しい!というものではありません。税金を払うほどに勝てなければやっている意味がありません!

また、万が一年間で負け越してしまっても、負け額を翌年以降3年間繰り越すことが可能になっています。

つまり、負けぶんも確定申告しておけば、翌年の勝ち分に対し少し有利になるということです。

例えば今年100万円経費を使い200万円の売上を出した場合、収益100万円となるため20万円の納税義務が生じます。ところが、実は前年度マイナス100万円を計上していたとしたら、今年の収益100万円を相殺することができ、課税対象額が0円となります。

手間暇はかかりますが、有利と成ることも多いので、確定申告は是非やっていけるようにしたいですね!

今話題のバイナリーオプション
→ Binary60
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:バイナリーオプション
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/binary_option/index1_0.rdf