私の仕事道具・・・
2015.12.10 [Thu] 15:12

パソコンやスマホがあれば取引ができるバイナリーオプション。

自宅でやる人が多いと思います。

特に専業的に一日に長時間取引する人は大切にしなければいけない商売道具があります。

それは「目」です。

バイナリーオプションの取引に限らず、とても大切な器官ということは誰しもわかっているとは思いますが、集中して取引をしていると、実はとんでもなく目を酷使していることになります。

業者の取引画面とMetaTrade4のようなチャートを同時に見比べ、小さなチャートの動きを常に目で追っている状態ですし、特に海外の業者は日本語を想定した作りになってない場合があり、文字が小さく見にくかったりします。こういう作業を続けていると、当然疲労が蓄積されていきます。

単純に目が悪くなるということもありますが、実感しにくい目の疲労は相場の判断や情報集にも影響し、バイナリーオプションの利益にも影響してしまうことがあります。

対策としては、できるだけ大きなモニターを使うこと、コンタクトではなくメガネを使用する、目薬を用意する、そして1時間に5〜10分程度の休憩を入れるようにするです。

特に冬場は空気が乾燥するので、加湿器もドライアイ対策になるでしょう。

自覚少ない目の疲労は肩こりなどにも繋がり、家にこもって取引ばかりしている人は知らないうちに深刻なダメージを負ってしまっている場合があります。

集中することは大切ですが、息を抜かなければ取引自体ができなくなってしまうことをお忘れなく。