慣らし保育中! 

April 12 [Wed], 2006, 0:25
・月曜の朝別れる時、これはくるなと思いました。あんのじょう、保育園では泣いて泣いて泣き疲れて眠ったそうです。

・火曜日も泣いたけど、泣きやんで自力でおもちゃに向かっていったらしい。そして園の給食を食べた。
おかずは一口も食べなかったらしいけど。

・そして帰宅後、うちでも「せんしえー」と呼んでいます。「先生好きかい?」ときくと「うう!」。

・帰宅後しばらくすると楽しくなるらしく、笑顔でばたばた走り回ります。

・きげんがよくなった頃をみはからい、「明日もホイクエン行く?」と聞くと、「」と小さい声。
「土日はオトウとオカアと3人で一緒にいようね。ずっと3人でいようね、土日は」と言うと
「だけ?」
「え、なんだい?」
「だけ?もっと」
土日だけなのか、と言っています。


できるはずない、と思っていたことを、あっさりクリアしたりする。
逆に、こんなこと気にしないだろう、と思っていたことにしがみついたりもする。

・ハハは妙な感情がわいてきました。先生にとられる?いや、そこまでは思わないけど、
こ、こいつはおれの息子だい!っていう気持ち。
先生にやきもちやいているのでしょうか?
ははは、馬鹿な。

次のフェーズ 

April 08 [Sat], 2006, 8:08
新年度です。息子は保育園が始まりました。
といってもまだ慣らし保育2日目が終わっただけ。初日は1時間、2日目は1時間半。
たった1時間だけ、なんですけども、実は息子は今までひとに預かってもらったことがなかったんです。
祖父祖母にもなし。
私か夫かどちらかが常に一緒にいまして1歳9ヶ月。これで園に適応できるのか、ハハは気をもみました。

熱を出すのでは。泣きすぎて顔が腫れ上がるのでは。壊れてしまうのでは。
しかしそんな心配をよそに、2日目終了時点、彼は「ちょっと泣いただけ」だそうです。保育士の先生談。
ハハが青い顔でお迎えに行った時も、「もっと遊ぶ!」といってました。
ま〜あ、まだ2日目。本当に大変なのはこれからです。まだ園で食事も排泄もお昼寝もしていないからね。。。

ハハはといえば、息子の入園準備に気をとられ、自分の仕事準備はほっぽらかしてました。
昨日が初出勤だったのですが、いやー3年ぶりのヒールパンプスは疲れた。なぜか脇腹が痛くなり、体重が1キロ減りました。
来週からはベタ靴で出勤しようと思いました。

迷いがないわけではないです。
息子の成長をすべて見ていたい。外で働くよりもそちらのほうが自分にとって大事なんじゃないか。
そういう気持ちはまだまだありますが、ともあれ、船は出てしまった。今は舵を切りエンジンを回し続けるしかありません。
どうしようもない嵐がきたなら、その時は港へ向かう勇気を持たねばなりませんが。

あとね、
仕事は、怖れていたよりもらくでした。
社会復帰って、思っていたよりらくでした。

あ、息子が起きてしまった。つづきはまたあとで。

待つこと 

March 29 [Wed], 2006, 15:40
ハハオヤの立場から息子をみていると、思うこと。
コドモっていつもいつも、ひたすら待っている立場なのだなあ。

コドモ語「ママ、遊んで」   ママ「あ、ちょっと待ってね。ガス止めてからね」
     「ママ、だっこして」    「待ってね。レジのお会計が済んでからね」
     「ママ、おっぱい」     「あのね電車を降りておうちに帰ってからね」
     「ママ、もうご飯にしよう」 「ごめんね、すぐできるから待ってて」

息子に「待っててね」と言うと、ぎこちない言葉で「マ、ッテ、テー」と言いながらパタパタあちらへ走っていく。
息子の前にゆげの立つご飯を出すと、「マダ、マッテ、テ」と言いながら、ふうふうご飯を吹いている。

かなしくなる。
せつなくなる。
いとおしくなる。

いつもいつも、待たせてばかりだね。


・・・・・・・でもね、かーちゃんも君のこと、けっこう待ってるんだよね。
「オムツ替えようよ」「いやだいやだー」    あっそう。5分待とう。
「おんも散歩いこうよ」「いやだー」       あっそう。しばらく待とう。
「お風呂だよ」「いやだー」           あっそう。待ちます。
「ご飯食べよう。いただきます」 「いやだいやだいやだ」  あっそう。


待つ、って自己を一瞬放棄することだと思う。
祈りに似ている。

つたえられる 

March 29 [Wed], 2006, 15:16
「かんたん短歌」で有名な桝野なんとかさんが「つ た え ら れ る」というエッセイを書いておられました。
その影響でもないのですが、言葉による伝達というのは、ことさらに嬉しいものであると思う今日この頃の私である。

言葉がなくても、パラランゲージでも、もちろんコミュニケーションはできる。
身振り、目くばせ、体つき、匂いetc。 ふだん言葉でばかり意思疎通している大人にとっては、むしろ言葉以外のものによるコミュニケーションのほうが、親密度をかもしだす。
だが、1歳の私にとってはそうではない。
今までただひたすら、言葉以外のもので何とか伝えようとして伝わらず、誤解され、見逃され、勘違いされてきたのだ。
言葉なら、つたえられる。
こんな便利なものをやっと使えるようになったことが、うれしくてならない。
ママもそれは同じであるらしい。

私は朝起きるとすぐ、「うたううあ」のCDをかけてもらう。
ママは、以前かってきたキンキン高い声の童謡CDは好きになれなかったらしい。しかしUAの声とこのアレンジなら、なんとか妥協して毎日聞くことができるらしい。繰り返し聞いているうちに、私もすっかりこのCDのとりこになった。毎日何度も、すりきれるほど聞いているけれど、でもやはり聞きたい。
なぜならば、このCDは私の日本語テキストであるだけではない、私とママの「つたえあい」の道具なのだ。

「ちったか、た」と私が言うと、ママはCDの電源を入れる。ママはたまに他のものをかけようとするのだが、私が厳重に抗議するので、最近ではCDプレイヤーにはこれが入りっぱなしである。
ママ「マーチったらチッタカタ、こうしん」 私「だー」
「右足くん、左足」 「くん」
「ぼーくを運んで」 「ちったかたたー」
「ひーらいた、ひらい」 「たー」
「なーんのはーなが、ひーらい」 「たー」
ママと私は穴埋めごっこをする。

そのうち、ママは私をほったらかして家事をしに行ってしまう。私はひとりで遊ぶ。
だけれど、「林檎のひとりごと」が始まると、私は電車の玩具を握る。
CD「はーこに詰められ、汽車ぽっぽー」
ママは私をチラと見る。私は「きしゃ」と言う。
ふたりが目と目を合わせ、にっこり笑う。

つたえられる。

ことばのちからだ。

ドイツパン その2 

March 28 [Tue], 2006, 17:36
おこんにちわざます。わたくしのことご存じでいらーさいますかしら?ええ、おドイツ帰りなんざます。今日はえーらそうに食べ物の批評なんかいたしますんでござーます。

輸入ドイツパン フライブルグ

バターブレッツェルでした。おいしかったです。
こちらは輸入なんだそうで。
生地で輸入なのか、焼成品を冷凍で輸入しているのか、サイトにははっきり書いてないみたいですけど。
さすがの本場の味です。あの香ばしいブレッツェルが日本で味わえる。感動です。
ただ、ひとつだけ残念なことが。
岩塩がついてないんですよね。
たしかに私たち日本人にはあれはしょっぱすぎるんですけれども、しかし、岩塩のないブレッツェルというのは梅干しのないおにぎりみたいな気がしますが・・・。

欧風パン クレッセント

こちらも人気のお店のようです。注文から納品まで、すこしだけ時間がかかります。
しかし食べてみればそれも納得!ちゃんと岩塩もまぶされて、ラウゲンの香りただようブレッツェル、しかも1個100円!
でも、小さいです。
ふつうのブレッツェルの約半分とお考えください。
でも、なにしろ100円で本物のブレッツェルが食べられるんですから、感謝感謝です。

ま・に! 

March 28 [Tue], 2006, 17:01
何でもマネしたがる、ひとまね子ザル。
うちの豆坊主も何でもマネします。
「あ、マネしてる〜」という母の声を覚え、このごろでは「ま・に!」と言いながらマネします。

おやつをあげると、私のほうに手を伸ばして「ま・に〜」と言う。
マネしろ、ということのようです。
「じゃあ、一緒に食べるね」というと、「い、しょー」と言います。

「今日はママとパパと一緒に出かけようね」と言うと
「まんばばー」。
ママもパパもちゃんと言えるのですが、2人セットになると「まんばばー」になります。

「ひと」を覚えました。
絵本の中の人を指さし「ひ、と」と言う。
犬も「ひ、と」というので、「それは人じゃないよ。犬や電車は人じゃない」というと
「も、の」。
ひえー。そんなの教えてないぞ。いつの間に覚えたのでしょうか。

夫と私と雑談中。
「まあ言ったらアレだけど、バカな人ほど可愛いっていうのは本当だよね」
「ば、か」と言います。
「ひえー豆坊ごめん。バカなんて言った母を許してくれ。たのむから君はそんな事を覚えないでくれ」

何でもよく聞いているものですね。

私は1歳9ヶ月 

March 19 [Sun], 2006, 15:33
皆様、ごぶさたです。今日はひさびさにわたくし豆坊こと「息子」が、母に代わって申し述べます。

皆様ご存じの通り、わが母は家事が好きではない。
毎日の食事作りに楽しげな顔をしていたのはあまり見たことがない。それどころか洗濯も掃除も、必要上やむなくやっているだけであって、別に楽しんではいないようだ。今日などはロクに床の上を片づけもせずに掃除機を取り出し、おもちゃやスリッパを掃除機でかきわけながらチリを吸い取っていた。時々公園で老人がゲートボールというものをやっているが、まさにあのとおり、私のおもちゃやサインペンをボールにしての掃除であった。
母は時には何か思うらしく、変な食品を作って私に食べさせようとするのであるが、あまり的を射た行為ではない。へそで茶がわきそうな食物を与えられても、感謝の心はあまりわいてはこない。

それでは母が好きなことは何か。思うに、字を読むのと、パソコンで何か書くことである。私が眠りにおちるといつも紙をめくる音や鍵盤を叩く音がしてくるのである。間違いない。
勝ちや負けで人を分類するならば、わが母は勝負にすらなっていないというか、土俵に上がる意欲もない人間だろう。本さえ読んでいれば幸福なのだ。母にとっての本というのは、わたくしの電車のごとき存在なのだろう。
そんな母を哀れに思う人がいるのだから、世の中とは親切だ。その人のお情けで、母はこの4月から仕事というのをするらしい。外に出て行って、お給料というものをもらうらしい。
有り難いことだと口では言っているが、母はこれすら億劫がっているようだ。好きな本を寝転がって読む時間が減る、と顔に書いてある。

さて、ではわたくしはどうなるのであるか。母はこのごろホイクエンという所と連絡を取り合っていて、昨日はついにわたくしをそこへ連れていった。他にもたくさんの親子が来ていて、セツメイというものを聞き、紙に印刷された字を睨んでいた。おなじ字でありながら、母はちっとも楽しそうではなく、それどころか「大変だ。ミシンがいりますね」と隣人に尋ねたりしている。

大変なところなのか。

なのに母はわたくしに「とっても楽しそうなところだねえ。お友達いっぱいできるかな」など猫なで声で話すのである。
母がこんな声を出すときは要注意だ。わたくしはよく知っているのである。

いやな予感がするのである。

日焼け止め 

March 17 [Fri], 2006, 7:06
♪あーかるーいー3月。
日焼け止めの季節がやってまいりました。

私、カ○ボウとか資○堂の日焼け止め使えない敏感肌です。
ここ数年、ノンケミカルものがいいんじゃないかとヴェレダやDr.ハウシュカを試していたのですが、
確かに肌にやさしい。そして日焼けも防いでくれる。
でも、白い。オイリー。
上から粉をはたいても、油が浮きまくる…。
あぶらとり紙を何枚も使いながら、私ってもしかして産油国?OPEC加盟も間近かも?と思いました。

というわけで今年は、皮膚科・薬局系の化粧品メーカーをあたってみることに。
ラ・ロッシュ・ポゼ のアンテリオス フリュイドエクストレムという乳液を使ってみました。

肌にやさしいです。
せっけん洗顔で落ちてそう。
ちょっとテカるかな?でも許せる範囲。
SPF20。でも、これで南の島に行ってきたのですが、いちおう焼けなかった。

というわけで今年はこれで行きそうです。
ラ・ロッシュ・ポゼは日本ではフルライン展開していないし、価格も高めなので、海外(フランス・ドイツとか)に行く友達に買ってきてもらうのがいいと思います。薬局で売ってます。

LA ROCHE-POSAY
ANTHELIOS FLUIDE EXTREME

ドイツパン 

March 09 [Thu], 2006, 15:35
ドイツのある家のキッチン。
ケーキも巨大七面鳥も何でもござれのどでかいオーブンがありました。
ミキサーとか電気機器もありました。
でも、マナイタが小さかった。「え、これだけ?」って感じ。
包丁も切れなかった。「え、これしかないの?」って感じ。

「ドイツの料理はマズイ」と言いたい人達は、こういうところにつっこむんだろうなあ。

「わたしがドイツ行ったときさあ〜、こんなこんなまっずーいものを出されたのよ〜、本当もうしんじらんないわ〜」という人は多いのであります。

けれども今、わたしはドイツめしが恋しい。

ヴァイスヴルストがたべたい。
ザウワーブラーテンにアプフェルロートコールとクヌーデルを添えたものがたべたい。

そして、ドイツ食品が恋しいのであります。

安くておいしい牛乳はないのか!
(同上)ハムはどこにあるんだ!
(同上)スモークサーモンは!
(同上)ヨーグルトとチーズは!
(同上)パンはないのか!

これが、あるんですねー。さすが消費天国日本です。

Doo-beeというお店には、ドイツ直輸入のフォルコーンブロートがありました。
いわゆる黒パンです。ツブツブが入っていて酸味きつい系。うすくスライスしてありますので、軽くトーストして(焼きすぎ注意)チーズやハム、トマトを乗せるとドイツの朝飯のできあがり。
あー。本物。おいしかったです。(あまり安くはないけど・・・でも、直輸入ですから。)
このお店には他にもドイツのカラシとか、カナダのスモークサーモンとかあります。後者は日本で買うとめちゃ高いですが、絶対後悔しない味です。おすすめ。

今、ほかのお店にもブレッツェルとか注文してますので、また感想書きます。

ロタウィルス? 

March 04 [Sat], 2006, 14:32
とかなんとか言ってるけど、最近ちょっとやばい。

4日ほど前から微熱と鼻水。
風邪だろうと思って、以前お医者からもらった抗生剤を飲ませておいた。(よいママはマネしないでください)

昨日から下痢。食欲、なし。母乳、フォローミルク、うどん、卵ボーロくらいしか受け付けず。
昨夜おそく発熱。今朝下がる。

便は母乳便状に黄色くなり、白っぽい固形物が見えます。
どうも話に聞くロタウィルスっぽい。

お医者に行こうか迷うのだが、何しろ本人が元気いっぱいで家中を走り回り、ゴキゲンも悪くない。
この状態で病院行って、もっと変な病気もらうのもイヤだしなあ。。。

とりあえず、弱ってくるか、嘔吐が出てくるかしたら病院に行くことにします。
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bikourui
読者になる
Yapme!一覧
読者になる