アトピー性皮膚炎や敏感肌が治らない原因の一つが水かもしれない?!

March 05 [Sat], 2016, 23:42
アトピー性皮膚炎の原因となるアレルギーは、カビやダニの死骸などを
含むハウスダストです、家の中のほこりには、それらのハウスダストが
多く含まれているので、家の中を清潔に保つことが重要になります。

また、体をキレイな状態に保っておく必要がある為、お風呂に入るという
ことがアトピーや敏感肌の方にとってはとても良いとされています。

しかし、お風呂に入るということは、長い時間水を肌にあてるという事ですが、
その水が肌に与える影響というのも無視できないようです。

それは、水道水に含まれる『残留塩素』の影響です。

衛生上、水をキレイにする為に塩素が使われていますが、水道から出る
頃には、ほぼ人が感じるような塩素の味やニオイは無くなっていますが、
やはりゼロというのは難しいようです。

残留塩素が含まれた水を肌にあて続けると、肌がもともと持っている
バリア機能(うるおいを保つ機能)を低下させると言われています。

バリア機能が低下すると、肌の角質層が水分不足を引き起こし、
外からの刺激に弱い肌になり、ひどい乾燥や肌荒れ、かゆみの原因になるのです。

健康な肌の人でも浴び続けるとその機能を低下させる可能性があるので、
アトピーの方や敏感肌の方にとっては、症状を悪化させる要因の一つに
なっている可能性があるのです。

今は、シャワーヘッドごと取り換えることで、塩素を強力に除去してくれる
という物もあるので、肌トラブルに悩んでいる方はぜひ試してみるといいと
思います。

今は、新品をお得に借りられて、故障の心配や面倒なカートリッジの購入もいらない
というレンタルもあるので、買うのをためらう…という方はぜひ試してみることを
おすすめします!

浄水器シャワーヘッドのレンタル情報はこちらから
    ↓  ↓  ↓

レンタルなので安心・簡単・手間いらず!

いつでも最高品質のお水で!浄水器シャワー