ピストバイクに乗る 

February 18 [Wed], 2009, 11:44
ガソリンが高騰して車や特にバイクに乗らなくなってからどのくらいたったのだろう。
バイクは乗れなくなったというのが正解なんだけどね。

今やガソリンの価格も元に戻っていると言えるのだが、景気の悪化がひどくなり、結局あまりバイクに乗らないままの日が続いているなぁ。(ブログもほぼ3ヶ月ぶりだし・・・)

そんな時に以前から興味があったピストバイクに乗る機会があったので試乗してみた。
なんと、乗りにくいバイクだことか!
なぜなら、バイクはバイクでも自転車のバイシクルなんですよね。
それも、ベースが競輪用のレーサーなワケだから変速機能が一切ない固定ギアのシングルスピードなんですよね。一度漕ぎ出したら、止まりきるまでペダルを踏みつづけなくてはならない自転車なワケですよね。

バイク乗りとは言えなくなってはきているものの、やはりそこはまだまだバイク乗りなワケで自力の走る止まるはつらいっス。

先日、地上波でやっていた映画「ミッドナイトイーグル」でジェット戦闘機のシーンを観た時に、ああオレってやっぱり風族だなぁと思ったからね。違うか!?



ピストバイク

ヘリにオフロードにやんちゃ満開 

November 11 [Tue], 2008, 5:19

訓練中のヘリコプターを使って結婚式に出席?したり彼女の家に行ったり祖母であるエリザベス女王の私邸上空を飛んだりと自由奔放な英国のウィリアム王子の行動はお国柄なのか、それともただやんちゃなだけなのか。

まあ、やんちゃなだけなんだろうと思うけど私的な理由でヘリコプターを使用した訓練飛行の費用が約1300万円(8万6434ポンド)だっていうのだから桁が違うね。憧れのヘリコプター、それも軍のヘリコプターを自由に?飛ばせるなんて羨ましい限りだよ。

ウィリアム王子と言えば、先月南アフリカで開催されたチャリティー・バイクレース「エンデューロ・アフリカ 2008(Enduro Africa 2008)」に弟のヘンリー王子と出場したはずだよな。

南アフリカ東海岸沿いのダーバンからポート・エリザベスまでのオフロード約1600キロのコースをホンダの200ccのオフロードバイクで走破するはずだけど、怪我することもなく完走したのかな。

ヘリコプターで遊んでいるくらいなんだから無事走りきったのだろうな。
フルサポートの待遇で走ったのだろうから怪我なんてするワケはないだろうな。。。




オフロード バイク

三宅島バイクイベント 

October 18 [Sat], 2008, 5:12
やっぱり開催されたんですね三宅島のバイクイベント。
石原東京都知事のオシはスゴイようで。。。

噴火災害の復興起爆剤の意味はわかるんですけど、マン島のようにいくのだろうか。
バイク乗りが否定的ではダメなんだろうけども。

スーパークロスにドラッグレース、親子バイク体験教室なんてイイ催しです。
そして、公道レースなんて夢のようだし、バイクを理解してもらうのには、ほんとにイイ企画だ。

でも、なぜだかバイクを適当な扱いにしているような気がしてならない。
噴火災害の復興なんだから三宅島で開催するのは必然なんだろうけど、三宅島とバイクのイベント開催がしっくりこないよな。うーん、理解が難しい。。。

どうせ海を渡るのだったら、アメリカまで行ってモニュメントバレーを走りたいよ。
これって自分勝手な意見だって気がするけど、でも三宅島も遠いぞ。




モニュメントバレー

キャンプ用ヒーター 

September 30 [Tue], 2008, 19:05
今はも〜う、秋♪
と軽く鼻歌を歌ってしまうほどに涼しくなってしまった。
何と、今年はキャンプミーティングに1度も行けていないのだ。
やっととれた仲間とのキャンプの予定は、なんと11月の頭。
こりゃあ、間違いなくゼッタイに寒い。

深夜のガレージでのバイク整備やカスタムもそろそろヒーターが欲しくなってきた。
コールマンからステンレスボディのキャンプ用ヒーターが発売されたが、キャンプにはバッチリなんだけど、ガレージの中での練炭使用は危なくて使えそうにない。

かと言って電気ストーブのハロゲンヒーターは、暖かいんだけど電気代が・・・。
カーボンヒーターなら電気代も安く済むとのことだけど・・・。

でも、カーボンヒーターはキャンプでは使えない。(電源はどこ?)
バイクの積載量を考えるとカセットボンベのヒーターも持っていけないだろう。
今回は、薪を燃やしてのキャンプファイヤーを楽しむこととしよう。。。
何事も前向きに考えなければと。。。





ハロゲンヒーター カーボンヒーター

ホンダ・スーパーカブが電動カブに 

August 31 [Sun], 2008, 9:00
ホンダ・スーパーカブの電気自動車(EV)版がとうとう発表された。

8万9000台超の二輪車を所有する日本郵政グループや物流大手各社からの打診によりホンダが本格的に実用的な“電動カブ”の開発に踏み切ってらしく実用化は5年以内を目指すのだそうだ。

ホンダは1994年に国内の官公庁や自治体などに200台限定で電気スクーターを販売した実績があるが、今度は郵便配達車のスーパーカブの変わりになる電動バイクならぬ電気バイクなだけにタフなパワーユニットが必要だ。

雨の日も雪の日も嵐の日も毎日休みなく走りつづける郵便バイクなんだからなあ。
この電動カブが実用化されるとなると、世の中のスクーターやバイクが一気に電動化する予感が。

スクーターならともかく、バイクはその排気音も魅力のひとつ。
果たして電気バイクがそれに負けないものになるのかが想像できないところだけど、あの“アキラ”の金田バイクのような電気バイクが登場するのならワクワクするのだけどなあ。





ホンダ・スペイシー100カスタム

バイクなしの北京五輪広場と天津バイク闇市 

August 09 [Sat], 2008, 4:43
北京五輪の開会式がついにスタートしテレビは北京五輪一色になった。
開幕の何時間も前から見物客が押し寄せていた五輪広場や北京市内の映像がたくさんテレビで流れていて気がついたんだが、中国名物の自転車とバイクの行進が見られない。

さすがに五輪広場は締め出しされているのだろうが、街中の映像でもほとんどバイクの姿が見かけられなかったような気がするよな。それもそのはず、北京では五輪開催を記念して休日になったのだとか。恐るべし中国。

しかし、北京とはうって変わって中国・天津市では北京から追い出されたニセモノ商人たちの吹きだまりになっていて、密輸盗難バイク、ニセバイクの闇市場があるらしいぞ。コレも恐るべし。

天津市と言えば五輪サッカー会場が直ぐそばにあるはずなのだが。。。
いや、反町ジャパンの話題にはちょっと触れたくないな。。
肩が落ちてしまうよな。





ホンダ・スペイシー100をカスタムする!

2輪から3輪にトランスフォームするビークル 

July 30 [Wed], 2008, 17:17
世界にはいろいろなセンスの人がいるもんだ。
カッコイイのか、カッコ悪いのか、ウ〜ンと悩んでしまうバイク(?)を発見した。

街乗りのときはバイクモードで2輪走行、高速道路では3輪のトライクモード、という風に2輪から3輪にトランスフォームするバイクと言うかトライクと言うか迷ってしまうビークルなんだけど。

パッと見は、未来的でカッコイイのだがよ〜く見るとバイクモードでは剥き出しのタイヤが頭上にある!のだよね。こりゃおかしいでしょ!

そして、トライクモードとはと言うとバイクモードを倒した状態でいったいどこに乗るんだろう。
高速で安定するために3輪って言うのも、ちょっと。。。

いざ、登録となると(気の早い話だが)普通自動車扱いになるのだろうからノーヘルで乗れるのかいな。保険もバイク保険は無理だろうな。ややこしい乗り物になってしまうな。





通販のバイク保険を比較

ホンダの技術とセンス「OSM」 

July 23 [Wed], 2008, 19:22
ホンダの技術とセンスには、いつもいつも驚かされる。
数え上げればキリがないが、ASIMO(アシモ)もそうだしDN-01もそうだ。
古くにはCB750、CB400Fやモトコンにスペイシー・ストライカーなんてユニークなバイクもその当時の技術とセンスに驚かされたものである。

2シーターオープンスポーツカーのデザインスタディーモデル「OSM(オープン・スタディ・モデル)」がロンドンモーターショー(ブリティッシュ・インターナショナル・モーターショー)に出展された。超カッコイイ!

OSMは、ドイツのオッフェンバッハにある研究拠点、ホンダR&Dヨーロッパのデザインスタジオで製作され、デザインスタディーモデルであるため市販の予定はない。とのことなので残念だ。

ひと目で惚れてしまったんだけど、エコカーでの販売を期待するよ!





ホンダ・スペイシー(SPACY)外伝
スペイシー100 カスタムと評判口コミ

カタナはクールか変り種か? 

July 18 [Fri], 2008, 4:31
映画「バットマン」の新作でバットマンビギンズの続編となる『The Dark Knight(ダークナイト)』が全米で公開となる。楽しみだ。

今回も一段とバットマンのマシン(乗り物)がクールなようだな。
あのバットモービルは本当に販売されないかなあと思うほどクールでカッコよかった。
『The Dark Knight(ダークナイト)』では、バットモービルの後継として“バットポッド”と言うクールで変り種のバイクが登場するのだ。

変り種のバイクと言えば、モーターショーで出品されるコンセプトバイクも変り種バイクになるよな。でもクールだよな。

て言うことは、コンセプトバイクをそのまま販売するメーカーってクールなメーカーなんだな。てことは、スズキはクールなメーカーなのか。カタナ(刀)はショーで発表されたコンセプトバイクをそのまま販売したことで有名だし、変り種バイクだよな。ハヤブサ(隼)もそうだなぁ。

てことは、スズキ・ストラトスフィア (SUZUKI STRATOSPHERE) も販売されたらおもしろいぞ。そしてやっぱり、バットモービルが販売されたらもっとおもしろいのにな。(即買)





スズキのバイクはキライ?

充電式バイク?のセグウェイ 

July 14 [Mon], 2008, 5:49
近未来型の2輪車であるセグウェイ。
2輪車だからバイクになるのだろうか。。。笑
発表当時は、ジンジャー(Ginger)というコードネームで世界中で話題になったのだけれど、日本では公道走行できないことと価格の高さで、販売は不振に終わっているよね。(世界でもらしい)

このセグウェイを開幕直前の北京五輪の記事で久しぶりに見つけた(武装警官が銃を構えて乗車している!)のだが、中国では人気が高いのだそうだ。なぜなら、香港の映画スター、ジャッキー・チェンがセグウェイ販売業を手がけているからなんだって!へぇーでしょ。

五輪が開催されTVでもまたセグウェイを見る機会も増えるだろうし、充電式だからエコブームで人気が出てくるかもですね。価格もかなり下がっているからね。

充電式で思い出したが、バイクのバッテリーを充電しなければいけないな。
気がつけば、1ヶ月や2ヶ月バイクに乗っていないことが多くなってきたので自己放電していてツーリングに出かけようと思った時に限って充電不足でエンジンがかからない!なんてことにならないようにメンテナンスしなければ。だよな。

バッテリーも含めてバイクをしっかりメンテナンスしてキャンプツーリングを楽しもう。





バイク用バッテリーの充電
車とバイクのバッテリー充電器