ハーレーダビッドソンなどアメリカンバイクや、ホンダ、カワサキ、ヤマハ、スズキなど日本製バイクについての情報です。

ヤマハ バイク 歴史
ヤマハバイクの歴史について。デビュー戦の富士登山レース、浅間高原レースを制した1955年から、
ヤマハバイク(正式名称ヤマハ発動機株式会社)の歴史がはじまります。
もともと、ヤマハ(当時:日本楽器製造)のオートバイ生産は、軍需生産のための製造設備の平和利用が目的でした。

1955年に日本楽器製造から分離し、国内レースでモーターサイクル製品第1号「YA-1」が優勝。
1958年には、アメリカ第8回カタリナグランプリレースに初出場し6位入賞。
その後も、「YDS-1」「XS-1」「RZ250」と次々にバイク好きが魅せられる製品を世に送り出し、世界的な二輪メーカーに成長していきます。

1960年代、アメリカに海外現地法人を設立、東京証券取引所第1部に新規上場、
世界GPロードレース:ベルギーGPの250ccクラスで初優勝と、数々の実績を積み上げながら、
トヨタ自動車工業業務提携での開発もしました。

1970年代も海外進出を続けつつ、産業用ロボット「CAME」を開発し生産ラインに投入。
1980年代、産業用ヘリコプターの限定発売など事業を広げながら
盲導犬育成募金を開始するなど社会貢献も行ってきました。

1990年代に入ると、地球環境対策室の設置、2010年環境アクションプラン「Eco・Cite YAMAHA」の策定など環境問題への取り組みを始め、2000年代、トヨタと資本提携・業務提携を強めつつ、時代の流れを読みながら健康食品第1弾「ASTIVO」を発売したりと変わらず幅広い事業を展開しています。
 
   
 / ヤマハ バイク / ヤマハ バイク 歴史
ヤマハ バイク 人気
ヤマハバイクの人気について。日本で最も多くの人に選ばれているバイク、それがヤマハのバイクです。
ヤマハは日本でトップ、世界的にみても一流と呼ばれるバイクメーカーです。
現在の日本のバイクをメーカーごとに売り上げで比較すると、ヤマハが1番という結果になります。

ヤマハが一番重視しているのはデザイン性でしょうか。
洗練された車種が多く、流行のデザインを作り出すことがうまいメーカーです。
しかし、それだけでここまで人気を高めてきたわけではありません。
その人気の秘密は、デザイン性に加えて、
・操縦の楽しさ
・スポーツ性の高さ
・高性能で壊れにくい
などなどたくさん考えられます。

特徴は、もちろん車種によっても異なりますが
ヤマハは全体としてカッコよく、クールに走れるというのが特徴です。

・発売以来20年以上経っても根強い人気の「V-MAX」
・4年で3万台の国内累計販売を記録した「マジェスティ」
・極太タイヤとスリムなボディのギャップがうけた「TW200」
・軽量・スリム・コンパクトという従来のヤマハスタイルで幅広い層に支持されている「SR400」
・外装パーツのほとんどが流用可能という、パーツ市場を意識した「TW225」

などなど、人気車種がたくさんありますが、
特に「マジェスティ」は、ビックスクーターブームで人気の頂点に立ち、
シリーズ化された他の車種もよく売れました。
ヤマハは、これからも日本のバイクの流行を作りながら、バイク市場を引っ張っていってくれそうです。
 
   
 / ヤマハ バイク / ヤマハ バイク 人気
ヤマハ バイク パーツ
ヤマハバイクのパーツについて。ヤマハのバイクは、シート、ハンドル、ホイール等パーツをかえるという楽しみ方もあります。ヤマハではパーツリストがWEBサイトで見られるようになっているので、とても便利です。
もちろん、その他にもインターネットなどで手に入れることもできます。ヤマハバイクのパーツの中古販売も中古バイクの販売と同じくらい盛んです。

ちなみに、メーカー以外が作っているものは「社外パーツ」や「アフターマーケットパーツ」と呼ばれ、
ヤマハのバイクであっても、この社外パーツやアフターマーケットパーツに付けかえることも可能になっています。

同じ車種であっても、シートやハンドルをかえると、全く違うイメージのバイクになり
オリジナリティがでるので、ますます自分だけのバイクという「愛車感」が増して楽しめますね。

ヤマハはTW225でTW200時代からの巨大カスタムパーツ市場を財産として活用しようと
外装パーツのほとんどが流用できるという形にしています。

パーツのカスタムは、簡単にできるところもありますが、
取り付け方法やサイズ確認はしっかり行いましょう。
インターネットを使えば、いろいろなサイトで取り付け方法を紹介しているので参考になります。

ハンドルは、初心者でも比較的簡単にカスタムを楽しめるパーツ。
見た目だけでなく、操作性やポジションまで変えられるので、一度試してみると
面白くなってしまう人が多いです。
自分にあった最高のハンドルバーを見つけ出せれば、ますます運転が楽しくなりそうです。
 
   
 / ヤマハ バイク / ヤマハ バイク パーツ
ヤマハ バイク 中古
ヤマハバイクの中古について。中古バイクに、どのようなイメージをお持ちでしょうか。
中古だから安く買えるだろう、とか壊れやすいという考えは正解とはいえません。

中古の場合、新車以上に購入前にチェックしておいた方がいいことがたくさんあります。
安いことだけを理由に安易に購入し、実は整備代がかさんで新品と変わらなかったというのでは
困ってしまいますよね。
でも、きちんと選べば、もちろん中古のメリットもあります。

バイクを選ぶ時の規準はどんなことでしょうか。
長いお付き合いになることの多いバイク。
見かけや価格だけで判断をすると、思ってもいなかった結果を招くことがあります。
バイクライフを楽しむためには、
購入する販売店の整備力やアフターサービスもバイク選びのポイントになってきます。
中古の場合、余計に整備力のある販売店がおすすめですよ。

また、はじめてのバイクを中古で購入しようとされている方は、
購入前にチェックしておいた方がいいことを、事前にネットなどで調べておきましょう。
中古バイクの販売サイト、GOOBikeには
・走行メーター
・足回り
などたくさんの項目と、その項目の中で何を確認したらよいのかが細かく書いてあるので、
中古バイクを購入する前に、ぜひ目を通してみてください。

きちんとチェックをして購入するのであれば、中古でもよい商品はたくさんあります。
何件かお店をまわってみて、スタッフさんの対応なども含めながら
じっくり時間をかけて選ぶのが、中古バイクと長く付き合うコツかもしれません。
 
   
 / ヤマハ バイク / ヤマハ バイク 中古
ヤマハ バイク 逆輸入
ヤマハバイクの逆輸入について。日本製のオートバイでありながら、売り先が日本以外であるモデル、輸出モデルを輸出地より再輸入することを逆輸入と言います。

日本の一般店で売られていないということは、日本で乗っている人がすくないということになります。
これもヤマハバイクの逆輸入のよさの一つでしょう。
他にも、個性的なモデルがある、馬力があるなどの魅力もあります。

ただ、ヤマハのバイクを逆輸入で購入しようとする場合、
・マニュアルが外国語なのではないか
・保障は大丈夫なのか
・壊れた時に部品はどうなるのか
・保険が国内と比べて高いのではないか
などなど、いろいろな心配がありますよ。

確かに、メーターが北米などではマイル表示になる、海外専用モデル・海外向け車両を選んだ場合は故障したときに部品が取り寄せになり、修理に時間がかかるなど、知っておいたほうがいいこともあります。
でも、バイクの逆輸入に関して、そこまで神経質になることはないと思います。

ちなみに、プレストコーポレーションを選ぶと、ヤマハバイクがそろっています。
和訳マニュアルと一年間の保証もついてくるので安心です。
(→HPのオフィシャルショップで購入した場合)
また、プレストコーポレーションのHPには「よくある質問」のコーナーがあり、
先ほど挙げたような疑問を解決してくれるので
もし、プレストコーポレーションを利用して購入しないという場合でも
とても参考になります。
私が「神経質になることはない」と述べたのも、この「よくある質問」のコーナーを読んで
様々な不安が解消されたからです。
 
   
 / ヤマハ バイク / ヤマハ バイク 逆輸入
ヤマハ バイク カタログ
ヤマハバイクのカタログについて。ヤマハバイクのカタログは、ヤマハのHPからも取り寄せることができます。

・スポーツバイク
・スクーター(原付免許で乗れるものから大型まで)
・ビジネスバイク(一般業務向けと新聞配達向け)
・競技用モデル(オフロードの競技用モデルとファンライドバイクのラインナップ)

という4種類の製品ラインナップ、
そして、フルラインナップが載っている総合カタログも取り寄せることができますが、
(一度の請求で3点まで)
バイク人口減少のあおりを受けて、ラインナップは以前と比べると寂しいです。
ホンダと販売競争を繰り広げ、HY戦争などと言われたのがなつかしいです。

ヤマハバイクのカタログは、インターネット上でも様々なサイトで見ることができます。
例えば、gooでは、「車名から」「価格から」「タイプ別から」など、目的のバイクが探しやすくなっています。

メーカー別の車種一覧が載っているサイトもあるので
他のメーカーと比べて選びたい時は、そういうサイトがおすすめです。

カタログで気に入ったものを見つけたら、実物をみたいですよね。
ヤマハのHPでは近くの販売店を検索することができるので
電話で問い合わせてから、実際に足を運んで実物を自分の目で見て触ってみることをおすすめします。
ちなみに私は、急いで購入しなければならない事情があり、
カタログのみで決めたら
カタログの写真の色と実際の車の色が微妙に違っていてショックを受けたという経験があります。
これは乗用車の話ですが、バイクも同じです。
 
   
 / ヤマハ バイク / ヤマハ バイク カタログ
ホンダ バイク 人気
ホンダバイクの人気について。ホンダバイクの人気の理由は、なんといっても、壊れにくさと信頼感だと思います。よくホンダバイクは自動車でいえばトヨタのようだといわれますが、それくらい誰にでも乗れて故障しないという安心感があるのです。

ホンダバイクには、ホンダ信者と呼ばれるほどホンダバイクにしか乗らないバイク乗りが存在します。デザインとしては、万人受けするものが多いため、そこが物足りないという人もいるようですが、初心者ならホンダバイクを買っておけば間違いないです。バイクメーカーとしてはスズキが好きだけど、日常の足としてはホンダバイクを使っているという人もいます

。ホンダバイクは仕様を変えて、白バイや自動車教習所の大型二輪教習用バイクとしても使われているのです。ただ、新しい技術が使われているホンダバイクは、使いやすさなどの評判を確かめてから購入する方が無難でしょう。すぐ使われなくなった技術を導入したことも多いみたいです。ホンダバイクの人気車種としては、スーパーカブ、モンキー、CB750(自動車排出ガス規制の影響で生産終了)、CB1300スーパーフォア、スティード400(自動車排出ガス規制の影響によりシャドウシリーズに統合)などがあります。時代の流れや自動車排出ガス規制のために生産終了してしまった人気車種も多いですが、逆輸入車や中古車などを探せば、憧れていたホンダバイクがみつかるかもしれません。
 
   
 / ホンダ バイク / ホンダ バイク 人気
ホンダ バイク 逆輸入
ホンダバイクの逆輸入について。ホンダバイクの逆輸入車を購入する時には、細心の注意を払いましょう。ホンダバイクは、海外でしか販売していないモデルも多いので、高馬力のバイクがほしい場合は特に、逆輸入車の購入を検討したくなります。しかし、逆輸入車にはメーカー保証がついていません。さらに、日本まで持ってくるための輸送費もかかります。日本の法規制に合わせるために車検を通す必要があり、適合していなければ、部品の調整や交換が必要になるでしょう。当然、その分の費用もかかってしまいます。バイクショップによっては、その辺にかかる費用をぼったくるお店もあるので、注意が必要です。

最近では、ネットで情報を集めたり、比較することもできますから、バイク本体よりもむしろ、購入するショップが信頼できる店なのかをよく確認した方がいいでしょう。メーカー保証のない逆輸入車は、購入後にトラブルが起きた場合、販売店の対応だけが頼りといっても過言ではありません。できれば、独自の保証期間をつけてくれていて、パーツの取り寄せやメンテナンスなども、責任持ってやってくれるようなバイクショップで購入することをオススメします。また、ホンダバイクの逆輸入車を購入する前に、見積もりをしっかりと取りましょう。大抵の逆輸入ホンダバイクは、国内販売の新車ホンダバイクを買うよりも高いはずです。もし、あまりにも価格が安い時には疑った方がいいかもしれません。信頼できない店で買うと、新車のはずなのにパーツが混ぜられていることもあるそうです。
 
   
 / ホンダ バイク / ホンダ バイク 逆輸入
ホンダ バイク 純正部品
ホンダバイクの純正部品について。ホンダバイクの純正部品を購入するには、大きく分けて二つの方法があります。一つめはバイクショップで注文して購入する方法で、二つめはネットでホンダバイクの純正部品を販売しているショップを探して購入する方法です。

バイクショップや購入したいパーツによって、手に入るまでの日数や手数料、送料などが違ってきます。現行のホンダバイクのよく注文されるような純正部品なら、二、三日で届くこともあるかもしれません。でも、生産終了したホンダバイクのあまり他の人が注文しないような純正部品がほしい時には、二、三週間、あるいは、それ以上の長い間、待たされる可能性もあります。入荷した際や入荷予定が延びてしまった際の連絡も、ちゃんとしてくれるバイクショップとしてくれないバイクショップがあるので注意が必要です。

純正部品を取り寄せるのに、手数料や送料がかかるバイクショップもあれば、むしろ、割引してくれるバイクショップもあり、ショップによってかなりの差があるでしょう。送料や振り込み手数料がかかってもいいなら、ネットショップで購入するのも手軽で便利です。忙しくてなかなかバイクショップに行けなかったり、近くに手頃なバイクショップがない地方の人などには、ネット通販をオススメします。ホンダバイクの純正部品通販ショップとしては、Webike(ウェビック)が有名です。他にも、注文はちょっと面倒ですが、10%割引が魅力のバイク&サイクル モリワキなどがあります。
 
   
 / ホンダ バイク / ホンダ バイク 純正部品
ホンダ バイク カタログ
ホンダバイクのカタログについて。ホンダバイクのカタログ請求は、ホンダのウェブサイトから行うことができます。現行のラインナップのみカタログ請求でき、日本国内の発送に限られているようです。スペシャルエディションなどの限定モデルのカタログは、なくなってしまうこともあるので早めに請求しましょう。

ホンダバイクの販売店でカタログをもらう方法もあります。ホンダバイクの販売店ならカタログをもらうついでに、気になるホンダバイクを間近でみたり、質問したりすることもできるでしょう。販売終了してしまったモデルのカタログは、インターネットオークションなどで出品されない限り、入手は困難だと思います。カタログはなくても、ホンダバイクのスペックなどはいくらでも調べられますが、それでもカタログがほしいという人はこまめにチェックするのがいいと思います。

かつてのホンダバイクのカタログには、モーニング娘。やタモリなどの有名人が起用されたこともあります。昔のホンダバイクのカタログを掲載している個人のサイトもあるので、興味があれば探してみてください。ホンダバイクの細部を知ることはできませんが、レトロな雰囲気やその時代の空気感がよく出ていて、かなり楽しめると思います。カタログをコレクションしている人の中には、ホンダのカタログだけで三千部も持っている人もいるそうです(自動車も含む)。日本国内で発売されているホンダバイクのカタログだけでなく、海外で発売されているホンダバイクのカタログも入手してみると、新たな発見があるかもしれません。
 
   
 / ホンダ バイク / ホンダ バイク カタログ
P R
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!