めしびつころりん 

November 08 [Mon], 2010, 18:37
めしびつころりんは、約1合半のご飯が入れられ、電子レンジにそのまま入れられる陶器製の「おひつ」です。

吸水性が高い「粗粒の粘土」と「細かい粘土」を混合して焼いているため「めしびつころりん」は、残ったご飯が温かいうちに移して蓋をしても、吸水率が10.8%もあるので、ご飯の余分な水分を陶器がほどよく吸ってくれますし、そのまま冷蔵庫に保存して電子レンジに入れて温め直しても、水分を吸っていた陶器が蒸気になってご飯を温めて、むらなくふっくらと仕上がります。

炊き立てのご飯をおひつに移して5分ほど置いておくとご飯がよりいっそうもっちり、つやつやにおいしくなります。




まるごとQOLを楽しく
美健の散歩道
コーヒーのこだわり
稼ぐ豚の貯金箱
まるごと健康サプリ

納豆のポリアミン効用 

October 13 [Wed], 2010, 20:11
ポリアミンとは、地球上のあらゆる生物に存在する、遺伝子を円滑に動かす、欠くことのできない重要な物質で、複数のアミノ酸からなる低分子化合物の総称です。

人間の体には、免疫機能と言う異物の侵入を監視し、撃退する機能があります。

免疫機能は、細菌などの侵入を監視していますが、侵入の異物を白血球機能関連抗原1因子(LFA-1)が発見すると、異物に付着してその位置を知らせ、この免疫機能が働いて、異物排除隊がやって来て異物を攻撃し、その結果として生理的な炎症が起こります。

体内のポリアミンは免疫機能を抑制する機能がありますが、加齢とともに減少しますので、年を取ると「強すぎる免疫」のために慢性的な炎症が生じ、動脈硬化を発症し、老化の一因となります。

この加齢対策として、細胞のポリアミン濃度を高くすることで、免疫細胞の過剰反応が抑制され、その結果、加齢に伴う慢性的炎症が軽減されて、老化が抑制される可能性が期待されています。

納豆はポリアミンを最も多く含む食品です。そして、経口摂取されたポリアミンのほとんどは吸収され、細胞中に移行しますので、アンチエージング効果があると注目されています。



ナビオの製品には、吸収率のよい良質のポリアミンが多く含まれています。