図解勉強法(2)

October 11 [Thu], 2012, 0:12
図解の最初のステップ、重要なキーワードを見つけるポイントはfromdiaryid2176363キーワードを書き出して、並べたり、結んだり、囲ったりするとすごく整理されていきますね。
前回の中学生とのやりとりの続き翌週のお話です。
今週も授業のートとってきたそう聴くと取ってきました。
と、数学のートを持ってきてくれました。
すると、そのートに担当の先生の検印とコメントがB。
あいかわらず落書きが多い。
って、書かれてるじゃない。
これちょと工夫すればAになるし落書きしてるということはそれだけ、時間があるということだよね。
あぁ確かに。
ートも丁寧に書いて大事なところには、線を引いて。
そうか、どういう風に書くのかモデルのようなものがないんだね。
と、前に日記に書いたこともある東大ートを彼に見せました。
これ、ートですか美術の作品ではなくて整理されてる人はこれくらいのートを授業中に作り上げながら授業を受けているんだよ。
これ、特別なことじゃなくて意識して慣れれば、誰にでもできること。
先生も学生のとき、同じような感じのートを取ってたよ。
来週は、こんな感じの方向性のート授業を受けながら、作り上げて来て下さい。
落書きをしてる暇なんて授業中に、きっと、ないはずだから笑そういったらたしかに、そうですね。
と、頷いていて先生が先週、先生が書き始めたらートを取り始めるっていったでしょう。
あれをやったら、数学が少し解けるようになったんです。
そんな風に言っていました。
今度は、どんなートと変化が起こるんでしょうね。
続きは、このコラムが進んだら書いてみたいと思います。
以下、コラムです。
すべての勉強は図でうまくいく前回は図解式勉強法の導入効果と基本コンセプトをお伝えしました。
いよいよ今回から、実際にどのように図解にしていくのか、その基本的なテクニックやルールについて紹介していきたいと思います。
キーワードを囲んで、つなげるまずは重要な単語を抜き出します。
どのような勉強においても、図解する最初の作業はキーワードを見つけること。
通常、テーマの中で重要と思われる名詞がキーワードとなります。
キーワードかどうかのポイントは、キーワードだけをざっと眺めても、全体の意味が分かるかどうかです。
図解式勉強法では、キーワードが情報の最小単位。
つまり、最も小さな塊です。
キーワード同士の関係を線で示す例えば大学生は就職すると社会人になるという情報があるとします。
この文章のキーワード重要な名詞は、大学生と社会人。
そして、この2つのキーワードを結び付ける関係性が就職になります。
図解式勉強法では、キーワードは線で囲んで1つの要素とします。
次にキーワード同士を線で結び付けて、それらの関係性を示します。
大学生就職社会人と表現します。
至ってシンプルです。
これにより大きなかたまりとして全体像を理解しやすくなります。
要素をつなげることで、単にキーワードの意味を覚えるというだけでなく、そこに流れるシナリオや問題の本質が明らかになるからです。
これから、より具体的にその方法を紹介しましょう。
出来事の順番を視覚化する次にキーワードを線でつなげましょう。
連結線には矢印のついたものと、矢印のないコネクタの2タイプがあります。
図解式デブ専勉強法では、こうした線の種類によってキーワード間の関係性が変わってきます。
基本は、キーワード間に順番がある場合は矢印、そうでなければコネクタです。
順番は、1つが起こって、その後でもう1つが起こるときに発生します。
例えば原因と結果の関係や、何かの移動を示す場合。
移動するものはお金や物などいろいろありますが、手順、経路、命令、権利など目に見えないものも含みます。
原因と結果を矢印で結ぶ基本パターン1つ簡単な例を紹介します。
大雨が降ると、洪水が引き起こる現象を図解する場合、大雨は原因を示すキーワードで、洪水は結果を示すキーワードです。
矢印は順番や時間経過を表しますので、原因結果の順につないでいくのです。
この形が基本パターンとなります。
原因と結果のほかにも、順番がないと成立しないものはたくさんあります。
例えば、旅の出発地と目的地、商品購入時などに発生する物の移動、お金の移動といったものです。
特に、物やサービスの移動と交換にお金が移動する図解は、あらゆる商売の原唐ニいえるでしょう。
対等関係敵対関係を線で表す前述の矢印と異なり、順番というものがなく2つの関係が対等なものの場合は、矢印のないコネクタが適しています。
例えば夫婦や恋人、企業提携、同盟、仲間などを表す場合など。
縁のあることを赤い糸で結ばれていると言いますが、あのイメージを思い浮かべるとよいでしょう。
一方、コネクタの両端を矢印にすると、その様子は反発しているように見えるため、図解式ではライバル、競合、敵対というような意味で使います。
ちょうど磁石の同極同士を近づけると反発力が生まれますが、あのイメージです。
矢印やコネクタは、図解式を使って勉強を行なうための基本ルールとも言うべきものです。
キーワードの関係を線の方向や種類で表現することで、文章で読むよりもはるかに直感的に理解でき、パターン化しやすくなります。
脳の記憶や合理的な判断を短時間で行うためにパターン化はなくてはならないスキルです。
次回は、図解式勉強法の基本テクニックその2、分岐と統合ですBESTRONG西野カナ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bij6ehkqrz
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bij6ehkqrz/index1_0.rdf