毎日のスキンケアの基本的なことは

December 17 [Sat], 2016, 11:28
毎日のスキンケアの基本的なことは、肌の汚れを落とすことと肌に水分を与えることです。しっかりと汚れを落としてキレイにしないと肌の異常の原因となります。また、肌の潤いが失われてしまうことも肌を守っている機能を低下させることにつながるので、保湿を欠かすことがないようにしてください。しかし、保湿しすぎるのも肌のためにはなりません。保水機能が低くなると肌トラブルを起こし易くなってしまうので、警戒してください。水分を保つ力をより強めるには、どのように肌を守るのかを実践すれば良いのでしょうか?保水力を強くするのに効果のあるスキンケア法は、血行を正常にする、美肌効果の高い成分でできた化粧品を試してみる、顔を洗い方に気をつけるという3つです。一番有名なコラーゲンの効果は美肌効果となります。コラーゲンを取ることによって、体の中のコラーゲンの新陳代謝が進められ、ハリや潤いを肌に与えられます。コラーゲンが体の中で不足すると肌が衰えてしまうので、肌を若々しく保っていくためにも積極的に摂取していってください。肌が荒れていると感じた場合は、セラミドを使ってみてください。このセラミドというのは角質層の細胞と細胞の間で水分や油分を抱え込んでいる「細胞間脂質」のことです。角質層というのは角質細胞が重なり合っていて、このセラミドが細胞同士を繋ぐ糊のような役割をしています。健康に皮膚の表面を保つバリアのような働きがあるため、不足ですと肌荒れが起こってしまうのです。「肌をキレイに保つには、タバコは禁物!」といった言葉をよく聞きますが、それは美白にしても同じなのです。心から肌を白くしたいのなら、タバコはすぐにでも止めるべきです。その理由としてまず思い浮かぶのが、喫煙によるビタミンCの消費です。喫煙が習慣になると、美白にはもっとも必要なビタミンCが壊されてしまいます。

乾燥肌の原因

December 09 [Fri], 2016, 14:26
冬場になると、乾燥肌で悩んでいる人が急増します。とにかく乾燥肌になるとひび割れや、かゆみなどを併発する人も数多く、肌荒れの原因になります。なんで、肌が乾燥するのか考えてみましょう。

乾燥肌は文字通り、肌の水分が不足し、乾燥して掛かるときの肌を指しますが、スキンケアの基本は保湿ですように、その反対の乾燥肌はすべての肌荒れの直接の原因になります。シミ・しわ・ニキビなど、皆さんが大嫌いな肌荒れの大きな原因は、肌の乾燥における場合が多いです。

正常な肌では、皮脂腺から分泌される皮脂と、汗腺から分泌される汗の水分が混ざって天然の保湿クリームが作られます。こういう天然の保湿クリームがなくなることによって、水分が蒸発し、肌が乾燥してしまう。ですから、乾燥した肌にいくら化粧水をつけても、天然の保湿クリームがなければ、何度でも肌が蒸発し、肌が乾燥してしまいます。こういう天然の保湿クリームは、正確には皮脂膜と呼ばれ、お肌を外敵から続けるバリアの役割もあります。皮脂膜が少なくなったり、まだまだ薄い状態になったりすると、肌が乾燥すると互いに敏感肌やニキビ、痒み、湿疹など様々な皮膚炎を招く原因にもなります。

乾燥肌にともなう痒みの原因は、角質細胞間脂質と皮脂が少なくなる事で、抑制力が低下し皮膚からの水分が蒸発する結果誘発されます。簡単に言いますと、刺激に対する痒みの闘値が低くなって起こるのです。 角質細胞間脂質と皮脂の低下は、アトピー性皮膚炎などの遺伝的体質によるものと、老化やコスメティック(石鹸)などによる後天的なものがあると言われています。乾燥すると皮脂膜が壊れ、水分が蒸発するため皮膚を保護する機能(ブロック機能)が麻痺行う。その為、皮膚は様々な刺激を直接受けやすくなってしまい、小さな刺激が痒みを起こす原因になってしまうのです。

顔や首のしわで悩んでいる人

December 07 [Wed], 2016, 10:45
アンチエイジング・若返りをしたいという方の多くは、断然顔や首のしわで悩んでいる人だそうです。こういうしわはなかなか厄介です。毎日マッサージを通して化粧水を思い切りつけてやってもなかなか取れないという人も多いですよね。しわは肌のたるみが原因とも言われています。

最近美容整形の世界では、メスを使わない手法を取り入れて要るところもあるそうです。最新の手法では、皮膚の下に純金の糸を埋め込んで、コラーゲンや血管の再生を促進させるというものがあるそうです。古代エジプト時代から純金は大きい美肌効果があるといわれています。この方法は、ひとたび施術すると半永久的に持続するそうです。こういうゴールデンリフトと呼ばれる治療は、皮下に金の糸を混ぜる結果、損傷を回復しようとする作用と細胞を増やそうとする作用が働き始めます。それらの作用は血行を促進するほか、「線維芽細胞」を活性化してコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生み出します。こういうメカニズムは金の糸が入っている限り続きます。しかも大食細胞は、シミの原因を醸し出すメラニン細胞などを採り入れるため、総合的な若返りが実現できるそうです。

メスを使わず、極細の針を使うだけなので、術後の経過も思い切りその日のうちにメイクをしたり、お風呂に入ったりと行えるそうです。効果が出るようになるのに2週間ほど加わるようですが、一時的なものでなく半永久的に効果があると言うことで最近の美容整形界では注目の術式だそうです。

自宅エステなどで、継続的にしわ取りのアンチエイジングをするのもよいですが、手間や時間を考えたら、こういう方法を取ってみるのもいいかもしれませんね。

肌ケアと生活習慣

December 03 [Sat], 2016, 8:51
本当の美しさはどういうことなのでしょうか。そのために肌ケアはどのようなことをやるなのでしょうか。仮に高級化粧品を通じてもエステに通っても、土台となる肌がボロボロではせっかくの努力も水の泡になってしまいます。

肌ケアは美しさの土台なのです。外からのケアも、健全で若々しい素肌があってこそ、効果を発揮するものです。ではどうすれば、具体的に肌ケアができるのでしょうか。新陳代謝をアップさせることが、それでは肌ケアの第一歩だといえます。

ある程度、体の中が生まれ変わっておる感じをイメージすると良いでしょう。代謝をアップさせる一番簡単な方法は、入浴を楽しむ事です。シャワー派の人はできるだけ、湯船に浸かる方法に切り替えて下さい。

ほんのりお風呂の入り方を変えてみただけで、肌の変化を実感出来るでしょう。リラックスにもなるのが、お風呂でのリラクゼーションタイムですので、肌ケアだけでなくリラックスもしっかりして出向くため、全身からも代謝をアップさせることができるでしょう。

ビタミンCやビタミンE等の栄養素をバッチリ摂り、肌の新陳代謝を支える成分を補給ください。食事からだけでは不十分な場合は、サプリ等を活用しましょう。質の高い睡眠を取ることは、新陳代謝をアップさせるには効果が期待できます。

肌の新陳代謝が活発になるのは、夜の10時から朝の2時迄なのです。肌ケアの為にも、早寝早起きは、生涯を考える為だけに限らず可愛いものなのです。簡単に実践できるのが、これらの肌ケアに役立つ方法です。肌ケアを効果的に行うためにも、あなたの慣習に是非取り入れていきましょう。

毛穴の悩み

December 02 [Fri], 2016, 8:41
最近のお肌の悩みのトップに出せるのが、毛穴の悩みといっていいかもしれません。
体が健康で、全身からの皮脂の分泌が正常であり、表からのスキンケアが万全でバランスが取れていれば、トラブルは起こらないはずです。
毛穴のトラブルが、お肌のトラブルといっていいかもしれません。
毛穴をキレイにすると、お肌がきれいになる。
スキンケアは毛穴ケアからということを、さらに皆に知ってほしいのです。
毛穴が黒っぽく際立つのはなに?1つには、角栓や皮脂が時間の経過とともに、酸化して黒ずんできたものです。
 本来皮脂は透明な液体ですが、スキンケアの怠りが毛穴黒ずみとしてあらわれます。
その他に、メラニンが色素を毛穴に形成して、毛穴が黒ずんで感じることもあります。
シミが毛穴にできたようなものです。
まれに、産毛が丸まって毛穴の中に入ったままの場合も、黒ずんでみえます。

美肌について

November 30 [Wed], 2016, 10:59
美肌を探すために先ず必要なことは潤いを保っていくことですが、そのために必要となってくる成分が、セラミドです。ティーンエージャー20代はセラミドが角質に充分にあり、肌を貫き通しますが、年齢を重ねると減少するので自らセラミドを取り入れて潤いを補います。ティーンエージャー20代のころのスキンケア方法では、潤いが持続せず、他のトラブルを招いてしまう。あまり大事なハリを保って美肌を造るためには、顔のマッサージをしたり顔の運動をする、という方法があるのですが、これは顔の筋肉が衰えることを防ぐ結果、ハリを失わないことへとつなげるためです。マッサージのポイントは、手を下に移すのではなく、上方向に褒めちぎるようにすることです。
そしたら紫外線による影響もあまり低い場合もありますので、日焼けを防ぐ化粧品は肌を続ける上で宝物です。顔の血液の量は、季節によっていくらか移り変わるものなのです。春は、顔の血液量は下がり取り掛かり、秋になると血液量は増えようとする。これは、体が温まると冷やそうとし、冷えると温めようとするからだの調整機能なのです。ただ、こういう血液の量の減少と気温にズレが生まれると、肌のバリアが低下して美肌作りの妨げになります。美肌作りに必要な肌のバリア機能は、角質層が大切です。このように美肌を作っていくためには、角質層の水分を保持していくことがなによりも必要なことで、そのために水分を補給し、肌に保湿をすることが大切です。

紫外線対策と美白ケア

November 26 [Sat], 2016, 13:09
紫外線がお肌に良くないことは、美白に興味がある方には明白ともいえることですが、日光がきつくない日もケアはしているでしょうか。紫外線は夏だけと思っている方もいますが、美白ケアをする時は冬の紫外線にも気をつけましょう。

夏の太陽に対する紫外線対策は万全だったはずなのに、シミやそばかすが消えず美白がうまくいかない場合、年間を通してのスキンケアが足りないのかもしれません。殊に冬は、寒さで血行が悪くなり易いので、マッサージや入浴などで肌を温めてから美白ケアを行うと一段と効果的ですよ。蒸しタオルによるパックも、血行が促進され、毛穴が解き放ち易いのでおすすめです。

紫外線を浴びてしまった後でも、挽回は可能です。紫外線を浴びてからシミなどのもととなるメラニンが発生するまでは、ある程度の時間がかかります。その間に美白ケアをすれば十分間に合います。お肌を紫外線で損なわないためには、日焼け止めに依存した紫外線対策ではなく、日常のお肌の手入れで肌の保湿力や耐性を高めておくことです。曇天の日も、紫外線対策はないがしろにできません。

日差しがまともに照りつけていない日でも、肌が激しくない肩には日傘がおすすめです。因みに日傘と雨傘とは異なります。雨傘と兼用ならば、UVカットと記載されている製品を選んでくださいね。紫外線対策をしっかりして、お肌の美白を心がけましょう。

美肌クリームの基本

November 20 [Sun], 2016, 9:03
スキンケアに美肌クリームを愛用する人が多いようです。生命の源ともおっしゃる水は、人の半分以上を占める存在です。成人の細胞の4割、全身の6割が水であるともいいます。運動した後、汗などにより、大量の水分が身体から失われます。当然、肌の水分も奪われます。お肌にクリームをつけるのは、冬の乾燥や空調による屋内での湿度低下による肌の水分蒸発を防ぐためです。

定番のスキンケアは、クレンジングや洗顔による汚れ落としと化粧水などによる肌の水分補給ですが、ここにクリームを増します。美肌クリームで肌の水分蒸発を予防すると共に、お肌に張りや潤いを与えて蘇らせます。美肌クリームは、美肌に欠かせない水分を保つ効果があります。クリームには肌への水分補給と蒸発防止の2つの役割が求められますので、保水のための水分と、蒸発防止の油分がバランスよく配合されていることが求められます。クリームの活用が肌にいいのは、肌に必要な清潔と保湿を維持する上でクリームが役に立つからです。

コエンザイムQ10や天然コラーゲンによる美肌クリームは、肌の弾力やつやを送る効果が期待できます。抗酸化作用が激しく、細胞を若く保つ効果があるとしてサプリメントだけでなく様々な場で活躍しているコエンザイムQ10は、体もできあがる補酵素です。うるおいのある健康的な美肌になるためにも、コエンザイムQ10によるクリームを上手に活かしましょう。

メイク落としの注意点

November 16 [Wed], 2016, 13:21
日頃からのメイク落としで肌に負荷をかけつづけていくと、将来を見越してのアンチエイジングがうまくいきません。肌にかかる負担をとことん狭く削るためには、クレンジングのメイク落としは円弧を描くように指を動かします。
お肌へダメージがいかないようなメイク落としをするためには、殊に目元や口元などの肌を力を入れてこすってはいけません。時折、メイク落としと共にマッサージをするほうがいますが、これは用心が必要です。毎日のメイク落としに乗じて、顔を隅々までマッサージをしているという方は大して多いようです。
ですが、クレンジング剤を肌に擦り込みたまま長時間いると、肌に必要な油分をクレンジング剤が取り去ってしまうこともあります。できれば、専用のクリームでマッサージをください。流す時に用いる湯は、33度の入浴の湯よりしばらくぬるいくらいの湯がお肌にはちょうどいい温度です。
33度くらいのぬるま湯を使うと、汚れや余分な皮脂が浮き上がってきて洗い易く、肌に容易い洗顔ができるといいます。クリームやジェルタイプのメイク落としが肌に負担が無いは間違いという点も忘れてはなりません。メイク落としところどちらのクレンジング剤を使う場合でも、界面活性剤が配合されている以上はじっくりとクレンジングをしなければなりません。
適切な方法でメイク落としをするためにも、肌タイプに合ったクレンジングを使いましょう。

お肌に優しい洗顔料

November 12 [Sat], 2016, 16:50
乾燥肌の人は、お肌に優しい洗顔料を選択して丁寧に泡立てて、お肌がこすれ過ぎないようにしてちょうだい。力を込めて洗うと肌に良くないので、コツは優しく洗うことです。また、洗顔した後は必ず保湿をしましょう。化粧水のみにせず、乳液や美容液、クリームなどもシチュエーションに応じて使ってちょうだい。専用クリームなどを使ったハンドマッサージや普段自分では使えないような機器などでしっとり・すべすべにしてくれます。滞りがちな血行もスムーズに流れますから若さの秘訣・新陳代謝もよくなるでしょう。実際、エステでフェイシャルコースを利用した人の90%以上の人がお肌のお手入れのときには、保湿剤を塗ることや、マッサージをするなどといった外からのお手入れも大切です。しかし、内部からの肌へのはたらきかけは同じくらい、いえ、それ以上に大切と言えます。不規則なご飯や睡眠、タバコを吸っていたりすると、どんなに高価で優れた化粧品(人によって合う合わないの個人差がある商品です。食べ物以上に、誰かがいいといっていたからといって、自分にもいいとは限りません)でも、お肌は綺麗になりません。毎日の生活習慣を改善することにより、体の内側からスキンケアを行う事が出来てます。肌が潤わなくなると肌が荒れやすくなるので、ご注意ちょうだい。では、保湿するためには、どのような肌の守り方をやっていくのが効果的なのでしょうか?保湿に効果的な肌のお手入れ方法は、血の巡りを活性化指せる、美容成分をたくさん含んだ化粧品を使用する、顔の洗い方に注意するという3つです。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bizin
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる