美白ケアと睡眠
2013.04.19 [Fri] 22:00

お肌の美白には上質な睡眠が鍵となります。

ついつい夜遅くまで起きている日が続いていては、美白を実践することは困難です。

美白を目指すなら、布団に入る時間は早めがいいでしょう。

新しい肌を作り出す成長ホルモンの働きがピークになる午後10時〜深夜2時は、

眠っていることが美白の条件です。

布団の中で携帯をいじったり読書に励む方もいますが、

美白を目標とするならばやりすぎには注意してください。

質のいい睡眠を得るためには、寝る直前には

パソコン画面やテレビ画面を見過ぎないことです。

光は脳を活性化し、寝付きにくい原因を作ります。

就寝前の夜食やお菓子も感心できません。

ニキビや肌荒れのもとです。糖分過多な食べ物や

油ものは皮脂の過剰分泌を促し美白を妨げますので、ほどほどにしておきましょう。

寝る前の美白スキンケアは、副交感神経が活性化する夜行うことで

代謝が活性化したお肌に効率的に取り込まれますので、効果的に作用するでしょう。

朝起きた時に化粧のノリが良くなりますので、

美白ケアに効果的な方法として試してみてください。

上質な睡眠を確保するには、適度なストレス発散をすることも大事です。

頭の片隅に常に不満や悩みがあっては、目が冴えてしまってなかなか寝付けないものです。

健康のためにもお肌のためにも、上質な睡眠が確保できるように、

自己流のストレス発散方法やリラックスタイムの作り方を見つけましょう。

ミュゼ 渋谷 口コミとキャンペーンの情報はこちらです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bihakusuimin
読者になる
2013年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる