お肌のトラブル解決サポート情報 透明感のある美肌を手に入れる為には? 

November 17 [Tue], 2015, 1:10





シミができた際の解決方法について
お伝えします。

紫外線を避ける紫外線のダメージによって起こる老化を
「光老化」と呼びます。


紫外線は、「長波長紫外線」の(UVA)と
「中波長紫外線」(UVB)の2種類があります。


UVAは真皮の繊維を壊して、コラーゲンを傷つけてしまいます。
それが「しわ」や「やるみ」の原因を作ります。


また、表皮にも強く作用していますので、
これが「しみ」や「そばかす」の原因になります。


UVBは肌の奥までは届きません。
真皮の上にある表皮に留まり、
メラニン色素を作りだし「しみ」 の原因になります。

UVA対策の日焼け止めは「PA」の+の数が多いほど効果があります。
UVB対策の日焼け止めは「SPF」の数値が高いほど効果があります。

一年を通して、5月から6月には、紫外線のピークに達します。

4月から9月まで紫外線が強く、
朝10時から午後2時は紫外線の量が多い時間帯です。


雨の日や曇りの日でも紫外線のダメージはありますので、
天候は関係なく毎日紫外線対策を行って下さい。


紫外線のダメージは気付かないうちに蓄積されていきます。
日焼け止めや日傘などを取り入れて日ごろから
徹底的に気をつけるようにしましょう。


また、コンクリートやアスファルトは紫外線が反射しやすいです。
散歩道なども、あまり紫外線が当たらない場所を歩くように、
気を使うことをお勧めします。


もちろん、生活習慣・食生活「しみ」は、
皮膚の新陳代謝の低下にも関係があります。


皮膚の新陳代謝が悪いと新しい細胞が生成されず、
メラニン色素を含む古い細胞が体内から排出されません。


新陳代謝は、過労やストレス、睡眠不足、
加齢や偏った食生活によって低下します。
不規則な生活は「しみ」を作る原因となるのです。


自分なりのストレス解消法を見つけることや、
十分な睡眠をとる、バランスの良い食事をとるなど心がけましょう。

普段の食事でも、
活性酸素を抑える緑黄色野菜(ニンジン、カボチャなど)を
意識して摂ることをお勧めします。


緑黄野菜に含まれるβカロチンが活性酸素から皮膚を守り、
抵抗力を強くして「しみ」を改善してくれます。


また美白効果の高いビタミンC(キウイ、イチゴ、レモンなど)や
ビタミンAなど積極的に摂取しましょう。


今ではコンビニなどでも美白効果のあるサプリメントなども
販売しており、手軽に摂取できるので利用してみても良いでしょう。


美白効果のある化粧品「しみ」を防ぐには、
紫外線対策や生活習慣改善も大事ですが、
同時に美白化粧品によるスキンケアも行うと効果が上がります。


美白成分のビタミンCやアルブチン、
コウジ酸はメラニン色素を抑制、排出する作用があります。


即効性はなく、効果が実感できるまで時間はかかりますが、
じっくり使い続けてみることが美白への近道です。


日ごろから予防や対策を行うことで
3年後、5年後の肌に違いが出てくることでしょう。


日頃の心掛けと注意の積み重ねが
とても大きく影響を及ぼしますので
普段からのケアを継続して行いましょう。




P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30