美白に必要な成分とは

November 02 [Fri], 2012, 15:45
美白とは、本来その人個人が持っている肌の色合いや状態に戻すことです。
いわば赤ちゃんの時のスベスベしていてハリのあるモチモチした肌にするということです。

その過程として行う美白対策は、肌に長い間じっくりと溜めこまれてしまったメラニン色素を制御して、シミ、ソバカス、くすみをなくしていくということです。こうした効果を出すため、日本では美白美容液等がたくさん開発されています。

その美容液等に使用出来る成分として許可されているのは、ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタエキス、ルシノール、エラグ酸、コウジ酸、カモミラETと定められています。

この成分を利用して開発されている物を美白化粧品として売り出す事ができます。

特に美白効果があるのは、「ビタミンC誘導体」で、日焼けで溜まりやすくなったメラニン色素を沈着しないように抑制し、コラーゲンが本来の状態で働けるように助けるという美白にはとても効果が高い成分となっています。

またビタミンC誘導体は、体内に発生してしまった活性酸素の除去をしてくれる働きや新陳代謝を促進させてくれる働きがあるので、老化防止、アンチエイジングにも効果的なのです。

なお、参考までにこちらもご覧くださいね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yasu
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30