紫外線をカットした方が良い理由

November 08 [Sat], 2014, 13:32
お肌に紫外線を浴びないようにカットするグッズや日焼け止めが増えていますが、紫外線はなぜ人体によくないのでしょう。紫外線にはいくつかの種類があります。紫外線には昔から地上まで届いていた紫外線と地上まで届いていない紫外線があるそうです。皮膚に照射されると細胞を傷めてしまう紫外線が、肌からカットし、健康を損なわないようにしたいと言われているタイプの紫外線です。長い間この有害とされる紫外線はオゾン層によってカットされ、地上にまでは届いていませんでした。近年問題になっているのは、オゾン層が破壊され、オゾンホールが増加してきているという事実です。深刻な環境問題として、オゾンホールの存在を気にかけているという人は多いようです。オゾン層がカットしてくれていた有害な紫外線が地上にまで届くようになってしまいました。有害と言われている紫外線に当たると生物には、いろいろな悪い影響があるようです。人間の体の設計図である遺伝子が、紫外線の影響で壊れてしまいます。本来DNAには傷がついても修復する力があるのですが、繰り返し傷をつけられると突然変異を起こすことがあります。白内障、皮膚がん、免疫力の低下などは紫外線が要因の1つに数えられています。紫外線を浴びないように、できるだけカットした方がいいでしょう。

キレイモ 口コミ
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bihadab
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる