2017/10/15(日)

October 15 [Sun], 2017, 8:16



何もしない日

2017/10/14(土)

October 14 [Sat], 2017, 9:27


渋谷で迎える朝


用事を済ませて、渋谷で昼食。
伝説のすた丼屋


帰ってダラダラ。



2017/10/13(金)

October 13 [Fri], 2017, 9:23





新橋、八兵衛

何度か電車を乗り過ごし、気付いたら渋谷で終電がなくなっていた
土日のどちらかに渋谷に来るつもりだったので、渋谷で一泊


2017/10/12(木)

October 12 [Thu], 2017, 9:15



夢みるアドレセンス
荻野可鈴





2017/10/11(水)

October 11 [Wed], 2017, 8:54








2017/10/10(火)

October 10 [Tue], 2017, 8:53



4連休終了
会社の爆発を神に祈ったが通じず、仕方なく出社


さっさと定退



2017/10/9(月) ぷちぱすぽ☆

October 09 [Mon], 2017, 9:28


ライブハウス代官山UNIT
ぷちぱすぽ☆4thワンマン 〜秋の代官山運動会〜



ぷちぱワンマンに初めて参加。
割りと埋まっている。
PASSPO☆の前座で観ていて、すっかりサポーターになった。
非常に楽しみ。

16次開演、「ぷちリンピック入場曲」から1曲目は、発売間近の新曲「メラメラジャンピン」。
続けて、「ピンポンの女王」「結果オーライ!ケセラセラ」と、新曲のカップリングを2曲。
MCで自己紹介。
司会のゆっきい登場で、代官山運動会スタート。
「1.2.サンライズ」を歌いながら、パン食い競走と、風船割り、センブリ茶ロシアンルーレット。
センブリ茶は全員。
「ぷちぱスポーツ」は、どんどん高速になって行くが、全員がついて行けた。
「熱血ポジティブレヴォリューション」の間奏で、ぐるぐるバット。
ここまでの競技で、一位は3点獲得の、外薗絵里。
最後の競技は、綱引き。
勝者は1万点を獲得できるので、全員に逆転のチャンスがある。
事前の山手線ゲームで、シード権を獲得した千葉思佳を除く4人でトーナメント。
決勝に残ったのは、現在得点トップのえりりん。
綱引き決勝は後にして、ライブに戻る。
「青春ドリーマー」「全力スイマー」「LA LA LOVE TRAIN」。
ラストスパート、「大和なでしこJAPAN」「サムライガール」。
ラスト前に、八木ひなたがメンバーに向けて書いた手紙を朗読。
爽やかな感動に包まれて、ラストは「GO!Fight!Fly!High!」。

アンコール
綱引き決勝、おもちゅVSえりりん。
ここまで圧倒的強さを見せてきたえりりんが、おもちゅを軽々と退けて、代官山運動会優勝。
勝者へのご褒美、ソロで曲披露、「サムライガール」。
2018年3月21日に5回目のワンマン決定の発表から、オーラス「ウルトラウルトラウルトラサンバ」。
「ウルトラサンバ」のエンドレスバージョン(ラストのサビが繰り返される)。
大盛り上がりで終了。


すごい楽しかった。
PASSPOのお陰で、多くの場数を踏めたことで、パフォーマンスの質が非常に高くなった。
期待以上のライブを見せてもらえた。
次も非常に楽しみだ。

最後にワイドチェキ撮影。


大満足。
恵比寿の熱中屋でワンマン大成功を祝う
充実の3日間が終了

2017/10/8(日) 新感染&エビ中@栃木

October 08 [Sun], 2017, 9:28


茨城の朝


結城第一ホテル。
値段考えたら、何も不満はない。
コストパフォーマンスは高い。
設備も使いにくいところはなく、不潔感もなかった。
大きな通りに面してないので、夜は静か。
総じて、普通。

ホテルを後にして、小山に出る。
ここから時間がたっぷりと余る。
小山の映画館で、観たかった映画をやってたので向かう。
運良く1,100円で観れる日だった。
「新感染 ファイナル・エクスプレス」


ハリウッドリメイクも決まった、韓国のゾンビ映画。
興味あったが、ふざけた邦題もあり、少し敬遠していた。
時間があるので、この際だから観ることにする。
日本語吹き替え版で観賞。
主人公は、仕事人間の上、自己中な性格で、家庭を顧みない事で、妻と別居中。
同居している娘からも愛想を尽かされている。
娘は母親の元に行きたがり、1人でも行こうとするので、半日だけ仕事を休み、共に釜山行き超特急に乗り込む。
その車内でゾンビパンデミックが発生。
津波の様に襲ってくるゾンビ。
悪夢のような車内で、ほぼ関係が崩壊している親娘を中心にした、ヒューマンドラマが繰り広げられる。

めっっっちゃくちゃ面白かった!

極上のエンターテインメント!
そんなにたくさんの映画を観るほうではないが、今年観た映画では、迷いなくナンバーワンに挙げる。
ダマになって、猛スピードで迫るゾンビの迫力は見事。
走るゾンビ映画は嫌われがちだが、この映画は、細かいことなどどうでも良くなる怒涛の勢いが素晴らしい。
ゾンビ化の早さも相まったスピード感は、観ていて飽きない。
サバイバルホラーとしてだけでなく、人間ドラマとして観ても、秀逸。
吹き替えで見たのが正解かもしれない。
日本人とほぼ変わらない顔立ちなので、日本語で会話することに違和感がなく、登場人物の感情が、スッと入ってくる。
少し泣いてしまった。
お約束の、「ゾンビより怖いのは人間さ」なシーンも、勿論ある。
とあるキャラクターが、かなりの腐れ外道。
吹き替えで、劇中にハングル文字がほとんど出てこないので、割と序盤で、韓国映画だと感じなくなった。
エンドロールにハングル文字が出て、やっと思い出したくらい。
反面、恐怖感は薄いので、ホラーとしては観ないほうがいい。
王道ゾンビ映画でありながら、熱い展開、悲劇的な展開、ユーモラスな展開、感動的な展開など、娯楽の詰まった快作。
スプラッタ要素も少なく、ゾンビパニック映画が嫌い、って人じゃなければ、見る価値は絶対にある。
それにしても、邦題
原題は「釜山行き」
英題は「TRAIN TO BUSAN」
邦題が「新感染」
これは酷い。
もちろん舞台は新幹線ではなく、韓国高速鉄道KTX。
外国映画のバカ邦題には、かなり寛大な方だが、これはセンス悪すぎる。
コメディ映画だと思われそうだ。

映画館を出て、さらに数時間、意味なくバスに乗ったり、スタバで時間つぶしたりして、栃木に。


栃木文化会館


私立恵比寿中学の秋ツアー2日目。


16:30、ebitureから、一曲目は「えびぞりダイアモンド!!」。
続けて、「ハイタテキ!」「金八DANCE MUSIC」。
自己紹介から、「Lon de Don」「キラキラネスキラネス」「紅の詩」「U.B.U.」。
MCで客席からの質問に答えるコーナー。
中学50年生の男性から、真山のソロ曲「老醜ブレイカー」について。
真山いわく、途中の舌打ちで、会場のおじさまたちが嬉しそうな顔をするそう。
これからも愛を込めて舌打ちします、とまとめる。
ライブに戻り、最高に嬉しい「ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜」。
続けて「キングオブ学芸会のテーマ」「CHAN-CHARA-CHAN」「藍色のMonday」。
MCでマダムぽー登場。
ゲストは星名美怜。
大学の課題の話など。
ライブに戻り「誘惑したいや」「PLAYBACK」「春の嵐」「スーパーヒーロー」。
4曲続けてから、ファミリーの質問コーナー。
現役中学二年生の女の子。
質問は、忘れた。
「YELL」「感情電車」、ラストは「シンガロン・シンガソン」
アンコール、応えて「日進月歩」「あたしきっと無限ルーパー」。
栃木公演オーラスは「頑張ってる途中」

やばい!
今日のセットリストはヤバイ!
昨日と全く違うセットリストで、驚いた。
春と比べて、毎回変化は大きいだろうと思っていたが、ここまで違うと思わなかった。
ツアーを通して、ほとんどの歌をやっちゃうんじゃないかと言うくらい、昨日とは違った。
7人でのラストツアーで、出し尽くすつもりなのかもしれない。
なんにせよ、最高に最高だった。

満員の在来線で、栗原駅に。
30分ほど待って、湘南新宿ライン


新川崎からバスで帰宅。
大満足の茨城&栃木遠征だった

2017/10/7(土) エビ中@茨城

October 07 [Sat], 2017, 9:27


湘南新宿ライン


茨城県結城市


雨の予報だったが、快晴
結城市民文化センター


私立恵比寿中学
「オータムナインツアー2017〜エビ中ってなんか説明しづらいけど見とかなきゃ損なグループなんだって!〜」
全国ツアーの初日。
間違いが微笑ましいボードがお出迎え。


久し振りのエビ中ワンマン。
16:30、ebitureから一曲目は「フォーエバー中坊」。
「バタフライエフェクト」「紅の詩 」と続けて、MC。
自己紹介から「I'm your MANAGER!!! 」。
続けて「さよならばいばいまたあした 」「ポップコーントーン 」「頑張ってる途中 」。
MCを挟んで「禁断のカルマ」「コミックガール 」「仮契約のシンデレラ 」「未確認中学生X」。
MCで、入場時に選ばれたお客さんからの質問に答えるコーナー。
選ばれたのは、中学マイナス2年生の女の子。
ぁぃぁぃに茨城の印象について質問。
ファンとの微笑ましい触れ合いから、「春の嵐 」。
そして久し振りに聴く「日進月歩 」。
やっぱり良い歌だと思う。
しっとりと「フユコイ」「まっすぐ」。
MCで、1年ぶりにマダムぽー(だっけかな)。
ゲストのぁぃぁぃに翻弄される。
続く「YELL 」は、ライブで聴く機会が少なかったが、改めて聴くとホントに良い。
「全力☆ランナー」から、ラストは初公開の新曲「シンガロン・シンガソン」
ここ最近のエビ中のシングルは、メッセージ性が強い歌が多かったが、久し振りのアップテンポナンバー。
また神曲が誕生した。
アンコール、応えて「キャンディロッガー」「 大人はわかってくれない 」
オーラスは「なないろ」。
大盛り上がりのツアー初日に幕。

やっぱエビ中は良い。
春のツアーは「エビクラシー」全曲が必ずセトリに組み込まれいたが、今日は新旧織り交ぜた代表曲で構成。
こんなもん、楽しくないはずがない。
明日が楽しみすぎる。

事前に調べたら、今日の帰りの電車代プラス明日の栃木までの電車代の合計くらいの料金のホテルが、会場の近くにあった。
明日の栃木も、小山経由で近いので、泊まることに。

結城第一ホテル。


高橋親娘がお出迎え。


一昨年の岐阜でも出迎えてもらったな。

モスのチリドッグと、ケンタのチキンで晩飯


最高のライブを観て、好きなもの食って、良い夜だ

2017/10/6(金)

October 06 [Fri], 2017, 20:37


PASSPO☆ミントグリーン担当
「生きる材料は小麦粉とロック」
みおみお、こと、増井みお



今日は休み
午前中、出掛けて、用事を済ませて、やよい軒


いつも違うのにしようと思うのに、やよい軒に行くと、ついつい鳥かつ定食にしてしまう。

帰って、午後は何もしない日。



2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像いっちー
» 2016/5/8(日) (2016年05月09日)
アイコン画像イッチ
» 2015/6/10(水) (2015年06月12日)
アイコン画像taddy
» 平成二十七年 元旦 (2015年01月01日)
アイコン画像いっち
» 2014/10/2(木) (2014年10月03日)
アイコン画像Zaka
» 2014/7/19(土) (2014年07月21日)
Yapme!一覧