目だし帽 3段活用

November 20 [Mon], 2006, 21:33
最大で体温の70%が、
頭部から奪われるといわれています。

そこで、
寒くたって釣っちゃうぜー!
オレの竿は休み知らずだぜー!という釣り人の皆さまに
お勧めしたいのが、
ズバリ、目だし帽です。

工夫次第でとってもオシャレに着用することが可能。

まずは、それほど寒くない時用の被り方をご紹介。↓

目だし帽の「目だし」部分を後ろ向きにして、
写真のように浅めに・こぶとりじいさん風に被ります。
こうすることによって、
帽子上部に空気の層が出来て暖かいだけでなく、
目だし帽を被っていることもバレません。
もちろん、「目だし」部分のチラ見せも可能。

先日も、女子釣り部員Oさまから
「それイイわね〜、ボード用?」と尋ねられました。
ボードっていうより、どっちかっていうと、ドロボー系?
「どこのメーカーの?」
メーカーっていうより、ホームセンターで買えます。

お次は、お顔に向かい風・マジで寒い時用の被り方。↓

目だし帽は、
ともすると周囲の人々に恐怖感を与えてしまう
危険なアイテム。
でも、寒さには耐えられない・・・・。
そんな葛藤から生まれたのが、
写真のような余り毛糸によるアレンジ。
これで周囲の釣り人も、笑顔で気軽に話しかけてくれるはず。
恐怖の表情よりは、笑顔を見たいもんね♪

最後にご紹介するのは、
これからの季節にうってつけ・パーティーシーンでの被り方。↓

またまた登場・余り毛糸で簡単育毛。
場の視線を一身に集められること間違いなし!!


おススメ・・・・です。

  • URL:http://yaplog.jp/bigf/archive/197
2006年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ