宮前チカI+G

September 02 [Fri], 2011, 11:48
医師は小さく口笛を吹き、壁際に並んだヤクザ達は一様に息をのんだ。
庇われた男が怒りの形相を隠さずに歩み寄ってくる間も、宮前チカは一歩も引かず、目も反らさなかった。
「…えぇ度胸やな。誰に向かって口きいとんのか判っとるんか」
極低く響く声は、充分に迫力のあるものだったが、宮前チカの怒りも又針が振り切れるレベルに達していた。
「生憎どこのどちら様か存じ上げませんね。自分の代わりに怪我してくれた人の容態も気にせんと権威を主張するようなスボケが何様だろうと知った事か」
「スボ…ッッ」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:raven
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書
    ・映画鑑賞海外ドラマ鑑賞
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bigcrow/index1_0.rdf