【大容量6か月分】ビッグシトルリン180[男性向けサプリ]で人生が変わる!とネットビジネスで稼ぐ〜検索の仕方、基礎編〜 

2013年08月29日(木) 8時31分
こんにちは(^^)



今日も【大容量6か月分】ビッグシトルリン180[男性向けサプリ]レビュー特集中です(^^)

↓↓

優良教材【大容量6か月分】ビッグシトルリン180[男性向けサプリ]レビューはこちら



【大容量6か月分】ビッグシトルリン180[男性向けサプリ]は、実は全く効果が無い?

そんな評判も聞きましたが、実際には凄い効果です!



株式会社クレアさんが自信を持って世に送った情報教材【大容量6か月分】ビッグシトルリン180[男性向けサプリ]を

超お得な特典付きでお届けしています。





購入前はいろいろご意見は、あるでしょうけど、実際のところは・・・

詳細はこのページのリンクから、本サイトへ飛びご確認下さい。

↓↓

優良教材【大容量6か月分】ビッグシトルリン180[男性向けサプリ]レビューはこちら



て事で、あとはぐうたら日記です。

読み飛ばして下さい^^;



今日のブレックファーストはほっかほかのごはんと、塩鮭とコーンスープ

あさはこれに限ります。



9分で食べ終わり、8時40分に我が家を「でっぱつ」です



昨日と同じサンクスによりみちして、ペプシコーラをGET(^^)v



これが無いと、調子狂います。



会社に行くと、日々の日課のヤフーニュースをチェック

今朝のニュースは・・・

↓↓

 山口百恵、ピンク・レディー、小泉今日子…。昭和46年10月に放送が始まった「スター誕生!」(日本テレビ系)は、題名通り、日本芸能史に残るスターを約12年にわたって輩出した公開オーディション番組だ。初代司会のタレント、萩本欽一(72)は「スターにとっても僕にとっても、後に続く『物語』が始まった番組だった」と当時に思いをはせる。(三品貴志)

 ■開かれた「表門」

 「会場に1人、スターが座っているよ」

 開始翌年の47年7月、収録で秋田を訪れた萩本は、本番前にスタッフからそう教えられた。会場を見渡すと、大勢の出場者の中に、白いベレー帽をかぶった少女が、上品なたたずまいで座っていた。

 「1人だけキラキラと輝いていて、一目見て『ああ、あの子だ』と分かった。どのスタッフも同じ意見で、『声が出ていたら合格』なんてことをいう人もいた」

 少女はこの秋田大会で番組史上最高得点をたたき出し、その後、同じく史上最多の芸能事務所25社からスカウトを受けてデビューする。後に森昌子、山口百恵と並んで「花の中3トリオ」としてブームを巻き起こした桜田淳子だった。

 「今と違って、当時の若い子は芸能界へどうやったら入れるのか分からなかったと思う。決まった入り方なんてなかったから。そんなとき『スタ誕』は、芸能界へ入るための“表門”を開いたんですよ」

 全国から出場者を募り、事前予選をへてテレビ予選に進んだ少年少女が歌を競う。3カ月に1回開かれる決戦大会には、芸能事務所のスカウトマンが集まり、プラカードを上げてスカウトの意思を示す。日曜日の午前11時台、視聴者はテレビの前で文字通り「スターが誕生する瞬間」に立ち会った。合格者が一人も出なかった回は、萩本が「バンザーイ、なしよ」というあいさつで番組を締め、萩本独特のおかしさと哀愁が漂った。

 ■遊びが人気企画

 「スタ誕」には、萩本による“素人いじり”というもう一つの顔があった。

 「コント55号」で人気は定着していたが、ひとりで連続番組の司会は初めての経験。当初は出場者をからかってみたものの、「歌手を目指すような子は『失敗』を嫌うので、面白くならない」と窮屈さを感じていたという。

 数カ月がたったころ、審査結果待ちの時間にアドリブで観客をステージに上げ、たわいない冗談を飛ばしてみた。すると大いに受け、視聴率も上昇。これが素人と一緒に「ドビン・チャビン・ハゲチャビン」「こっち向いてホイ」といった遊びを全国に広げる“欽ちゃんコーナー”に成長した。後の「欽ドン!」「欽どこ」といった人気番組の下地にもなった。

 しかし、このアドリブは想定外の反発を生んだ。日本一のスカウト番組を目指して企画に参加し、監修と審査員を務めた作詞家の阿久悠(平成19年死去)や、作曲家の三木たかし(同21年死去)らが「番組の趣旨と違う」と激怒。「誰が言いだしたのか」と騒ぎになった。制作側には、当時芸能界で絶大な力を持っていた渡辺プロダクションに対抗して新人を発掘するという立場から、失敗が許されない事情もあった。

 「スタッフはアドリブを面白がってくれるばかりで、僕は当時、阿久さんたちが怒っていたことも、日テレの事情も何も知らなかった。僕と審査員との間に立って、両方を守った当時のスタッフが本当に偉かったんですよ」

 すっかり人気番組となった数年後、三木と阿久は萩本に「あれだけひどいことを言ったのに、欽ちゃんはまっしぐらで立派だよ。参った」と謝ったという。

 「はじめは訳が分からなかったけれど、周りに聞いてやっと全貌が見えた。男っぽい言い方に、阿久さんも三木さんも大好きになっちゃった」

 ■減るドキドキ感

 「この番組で素人の面白さを知った」という萩本。「スタ誕」以来、オーディション番組は手を替え品を替え登場し、スターと素人との距離はさらに縮まった。近年は「会いに行けるアイドル」というキャッチフレーズのように、「身近さ」が人気者の条件になったようでもある。

 「時代によってテレビもアイドルも変わる。でも、距離が近くなった分、テレビへの憧れやドキドキ感は少なくなったかも。それでも作り手には『あと半分はやることがある』くらい言ってほしいね」

 「スタ誕」から巣立ったスターは、12年間で91人にのぼる。

 「一口にスターといっても、百恵ちゃんには桜田淳子ちゃんのような輝きはなかった。少し暗い影のある雰囲気で、不気味な集中力があったね」。そう振り返り「最近になって、もう一回、百恵ちゃんに会いたいなぁって思うのよ」と、しみじみと語った。

 【プロフィル】萩本欽一(はぎもと・きんいち) 昭和16年、東京都出身。41年、坂上二郎と「コント55号」を結成し、一世を風靡(ふうび)する。「欽ドン!」シリーズ(フジテレビ系)や「欽ちゃんのどこまでやるの!」(テレビ朝日系)など愛称入りのバラエティー番組が高視聴率を連発。ほかに「欽ちゃんの仮装大賞」(日本テレビ系)などに出演している。
(この記事は産経新聞から引用させて頂きました)



これマジ?

無駄ムダ(笑)



話は変わって、今日の予約状況。

T君の話ではPPCアフィリエイトに15時間と、ブログテンプレの張替えに5時間。



ちょっと辛いけどボクであればひだり手いっぽんです(^^♪



今日もがんばって稼がねば!



そういや、これこれ

↓↓





あらら(~_~;)かんけー無い?

いや、まあ、たしかに。。。(笑)



さーて夕食は何しよ?

カレーかお茶漬けがなんとしても食べたい!



これも良いか?

↓↓





たぶんNEXT記事はこの後数時間後になると思います。

カミングsoon!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かなで2xia
読者になる
2013年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる