エイリアン制作記 

2004年10月09日(土) 1時54分
すぐれたキットなのですが、“色”はやはり安っぽい。
なら塗り直せ。
そうなると、ついでにポーズも変えてみよかとなりました。



出っ張りがストッパーになっているので削ります。





とりあえずポーズは変えれました。
納得できません。
ばらします。



もう後戻り出来ない状態です。

セガ・エイリアンハイグレードモデルキット 

2004年10月08日(金) 0時02分
これです。

この商品は文句無しに素晴らしい!!
値段は安いし、バランスいいし。
『mpcエイリアン』の3/1の値段!
『マーミット』の20/1!!!
比べるのはどうかという意見もあるでしょうが無視します。
トータルクォリティではもう、断然こっち!!
さーすが吉尾師匠!!(原型作られた方^^)
『大山エイリアン』『竹谷エイリアン』そしてこの『吉尾エイリアン』で、
3大エイリアンとしたい!
うわーーーーーー

えと、今回は2色出ている内の黒い方を使います。
この商品は2タイプあって、この黒い『メタルカラー』(?何故メタル?)と
茶色のいわゆるレアカラーの『ラスティカラー』があります。
茶色いのは黒いのに比べ約1.5倍するので、使いませんそんなの。
リペイント・ディティールアップするのに元色は関係おません。
そうそう、この黒いのも徐々に品薄になってきてるみたいなので、
今の内に買置きしておこう!
いいえ、誰にも頼まれていませんです。

袋開けます。
外袋にくらべ、なかなか丁寧に包まれてます。
取るのがめんどいくらいに。

立たせます。

エイリアン制作日記 

2004年10月07日(木) 3時48分
小学校3年生だったと記憶してます。
ホントに感動しました。
『ALIEN』
残念ながら劇場ではなく、家のテレビジョンで観たのですが、
(日曜洋画劇場か?)
充分でした。
ラジカセをテレビジョンの前に置き、カセットテープに録音して何度も“音”で“観て”いました。
(当時“ビデオデッキ”なんて絵空事で・・・^^;)
『ALIEN』も今年上映される『エイリアンVSプレデター』で5作目となり、
マニアの間で大盛り上がり。
ですが、私の場合、『ファーストエイリアン』(ビッグチャップ)にしか興味が湧かず、
『偏りマニア』と化しています。
映画はどのバージョンもおもしろいですし、今度の『AVP』も楽しみにしているのですが、
『ALIEN』単体キャラで言うと、もう別格別物なのです。
1作目のあのインパクトはもうどうっしたってっ超えられないでしょう。
『シンジェノア』『メデュサ』『イーマ竜』『ジェイソン』『半漁人』『ノスフェラトゥ』『カーリー』『フランケンシュタインの怪物』『ゴーレム』『リーガン』『メタルナミュータント』
数々の名作ホラー・怪物キャラのデザイン・イメージを凌駕する美しさと冷たさがあり、
絶対的なモノが介在していると私は考えます。
・・・・^^;
ともあれド素人の制作記事ですが、私自身プロ・アマ・ド素人関係無く、制作の参考にしたいと思うので、きっと他の人もそう思っているだろうとの推測により恥ずかしげも無く公表していきますハアハア^д^;



2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:big-chapper
読者になる
Yapme!一覧
読者になる