潔癖症 診断 病気の症状

July 20 [Wed], 2011, 7:50


自分なりに頑張ってはいるとは思うのに、なかなか症状が治らず苦労していたとしても、
イライラしたり落ち着かないことがめっきり減り、以前の自分に戻ってしまう治療法がこちら









あなたも↓のような悩みに思い当たることがあるかもしれませんが、






■自分のやっていることが恥ずかしい

■自殺してしまうかもしれない恐怖感を常に持っている

■不要品でも、間違って捨ててしまうかもしれない不安から、何も捨てられないでいる

■このまま放っておいて、良くなる気がしない

■病院で診察を受けることにはためらいを感じてしまう







1日10分程度鈴木進さんの言うとおりにトレーニングを実践してみると、

1週間後くらいには↓のようになることができます。





■心が落ち着いて穏やかに生活できるようになる

■本来の明るくおおらかな自分を取り戻せる

■非条理な行動をとる衝動がなくなる

■何も気せず食事をしたり会話ができるようになる

■恥ずかしい思いをすることがなくなる







鈴木先生とは、NPO法人 日本全人医療協会で理事を務めている人で、

普段はヒカワセラピーセンターおぎくぼ施術室の院長をしています。


しかし、実績には目を見張るものがあり、俳優の横内正さん(水戸黄門の初代格さん)や、元巨人の岡崎選手を始めとして、

多くの患者さんの心の病を改善してきたことが評判となっています。
鈴木先生の詳しい実績やプロフィールはこちら










鈴木式 強迫性障害・強迫神経症克服バイブルは、

鈴木先生の治療を自宅でも実践できるようにまとめられた治療法マニュアルで、

誰がやっても同じ効果が出るように工夫されています。


ただし、イメージ通りになるのは個人差はもちろんあり、

治療の効果を最大限に発揮するには、信じて実行することが大切です。



具体的な治療内容についてはこちらに詳細な解説がありますので、

ここでは内容を整理して要点を挙げていくと↓のよう感じです。





■あなたの強迫性障害の症状について

■自分で改善する為に必要な“あること”

■自宅にいながら短時間でできるトレーニング

■それほど我慢しなくても、発作を抑えることができるようになる対処法









あなたが、これまで強迫性障害や強迫神経症とどのように向き合ってきたのかはわかりませんが、

効果が出るまで時間がかかるような治療法(薬物療法や認知行動療法など)を続けていくと、

その間中、ずっと症状に悩まされ続けますし、しかも症状が改善に向かう以上に、悪化してしまうリスクもあります。



しかし、発作が起こりそうになったときの対処法を身につけ、

体と頭を使ってトレーニングを実践していけば、

苦痛を一切ともなくことなく自分のペースで症状を改善していくことができます。








静かで横になれる所であれば、場所はどこでもできる治療法で、短期間のうちに病気を治してしまうにはこちら











遠藤和博口コミ
TOEIC勉強法
視快研 田中謹也
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:szkkyoufu
読者になる
2011年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ