車両保険 料率

November 29 [Fri], 2013, 2:46


このような場合損を強いられる可能性がきわめて高くなるので、会社の立場から考えれば保険の掛金を値上げするしか手がありません。

さて、2つ目の理由に挙げられるのは、若年者のクルマ所有に対する淡白な態度です。

お年寄りの運転者は増加しているのですが、それとは裏腹に比較的若い世代は乗用車というものに対するプライオリティが低くなってきているのが現状です。

そういった事のバックグラウンドには何があるかと言いますと電車・バスなどの移動に関するインフラの拡充と彼らの経済事情に関わることなのです。

収入に不安のない仕事に就職することができない若い年代が多数であるため、クルマを入手することが難しいという人も相当数いるのです。

その上、以前の考え方であればマイカーを保有している事が一般人にとってのステータスと思われていましたが、昨今ではそれがステータスとはとても断言できなくなってきたというのは皆さんも実感しているかもしれません。

ですから保険料がお年を召した方と比較して採算の合わない額の若者の契約数が減少しているのが今の傾向です。

このような様々なことが理由で、会社も値段引き上げに向かわざるを得ないのだと考察できます。


P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bibin456/index1_0.rdf