日本医療団体の健康の考え

July 29 [Wed], 2015, 17:12
美容外科(cosmetic surgery)は、由緒正しき外科学の中のジャンルであり、医療がメインの形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは別種のものだ。また、整形外科学とも混同されやすいのだがこれはまったく分野の違うものである。
この国における美容外科の歴史では、美容外科が「紛れもなく真っ当な医療」であるとの見識と地位を手に入れるまでには、案外時間を要した。
明治も末期に差し掛かった頃、外国から帰ってきた女たちが、洋風の髪、洋風の格好、洋式の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを紹介した結果、これらを新たに言い表す言葉のひとつとして、美容がけわいの後続として扱われるようになったのだ。
美白(ホワイトニング)という美容法は2000年より少し前に真っ白けの鈴木その子が必須性を訴えてブームになったのは記憶に新しいが、もっと前からメラニン増加が原因の様々な肌トラブル対策のキーワードとして使用されていた。
リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という造語には、身体に損傷を被った人の理学療法のリハビリテーションと同様、顔などの外観に損傷を負ってしまった人が再出発するために学習するテクニックという側面があります。
日本の医療全体がクオリティ・オブ・ライフ(QOL)を大切に捉える傾向にあり、物づくりに代表される市場経済の発展と医療市場の大幅な拡充により、美意識に基づいた美容外科は現在最も注目されている医療分野のひとつだ。
ここ日本における美容外科の経歴では、美容外科が「由緒正しい医療」との評価を与えられるまでには、割と長い時間がかかった。
女性の敵、温度の高い季節に汗を沢山かいて体内の水分の量が著しく減少すると自然に尿が減らされて代わりに汗のための水分が溜められるため、この余分な水分こそが不愉快なむくみの原因になっている事では、あまり知られていません。
健康的で輝かしい歯をキープするためには、一つ一つの歯を念入りにブラッシングする事を肝に銘じて。キメ細やかな泡立ちの歯磨き粉と口あたりのソフトな歯ブラシを選んで、ゆっくりケアをする事が理想的です。
明治時代の末期に海外から帰ってきた女性たちが、洋髪、洋風の服装、洋式に使う化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に持ち込んで紹介し、これらを表現する語彙として、美容がけわいの代替えとして使用されるようになったと言われている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美容さーん
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/bi4bb3xmch/index1_0.rdf