アルビノ・カイヤンだけどちゃんりー

January 24 [Sun], 2016, 14:53
公務員の夫は29歳。私も29歳。7歳の男の子と5歳の娘がいます。しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、双方の親も交えて話し合い、いよいよ離婚という運びになりました。幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が養っていかなければなりません。夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、間に弁護士を挟んで、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。探偵業を営むには特殊な免許資格は不問といっていいでしょう。そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出を行い、探偵業届出証明書を交付してもらって、許認可を出してもらうことだけは省略できません。これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、浮気の追跡調査です。どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例におさらいしてみましょう。調査方法の基本としては、事前にクライアントから話を聞き、対象の追跡を行います。依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、浮気しそうな日を絞って不倫の証拠写真を撮影したりします。浮気調査なんていちいちしなくてもと考える人は多いです。ただ、浮気というのは意外とあるもので、出会いがない現場だろうと用心してかかったほうがいいのです。出会いが少ないところほど、たまに来る女性が華やかに美しく見えるのです。疑わしい様子なら、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、メンタル面でもプラスになると思います。探偵や興信所の調査員になるには特殊な資格は不要です。ただ、不貞行為の調査などで成果をあげるには、スキルがしっかり身についているレベルにまで達していなければなりません。社員教育の徹底した会社を選ばないと、1日講習を終えただけのバイトさんが調査するなんてこともあるみたいですから、格安というところは注意したほうが良いでしょう。価格に見合った技能を持った探偵が担当すること。それが、確実な成果につながるのです。探偵御用達のツールとしては、従来は発信機がありましたが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、古い無線発信機に頼っていた頃と比較すると調査対象の追跡性能がアップしました。近頃のGPSは精度も高くなっていて、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。GPS を取り付けることができれば追尾調査の精確性は大いに向上します。テレビでは個人の私立探偵がよく登場しますが、探偵を頼むときは、探偵業を行っている企業の営業所等に申し込むのが現実的ですし、効率も良いでしょう。良い仕事と納得できる料金の業者を見つけるために、何社かを比較してみることが大事だと思います。とくに、相場ぐらいは理解しておきたいですね。不当な請求を行う業者にはまらないようにするためには必要なことです。子供も大きくなったのでパートを始めたところ、子育てのことで親身になってくれた男性社員さんと、不倫関係をもつようになりました。子供ができてから今までの間、まったり主婦ライフを送っていたため、外出、電話、メールが増えて、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、彼の奥さんと連絡をとりあった挙句、両家ともに離婚。そして双方が慰謝料を請求される羽目になってしまったのでした。探偵業者が不倫や素行調査を行う際は、小説やドラマなどに出てくる探偵や刑事みたいな手段で探索を行うこともあります。行動追尾や張り込みは言うまでもなく、対象の行動半径や関係者を洗い出し、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査なども行って精度をあげるようにします。また、社外秘として教えてくれない調査方法も存在するらしいです。配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、自力で浮気の証拠を押さえるのは無理というものです。しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消させるとか、離婚するとかにしても話を有利に進める材料になります。もし浮気の確証がもてるようなら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。調査費用はかかりますが、カップルでラブホテルへ入ろうとする写真など、あきらかな証拠が得られるでしょう。不倫関係に終止符をうたせるには、不倫の明らかな証拠を押さえ、双方に慰謝料の支払いを求めるというのが一番です。たとえばちょっとしたお遊びとか、本人たちはあまり深く考えていないケースも多いですから、代償としての慰謝料を要求することにより、彼らがやったことの反省を促すわけです。浮気されたことによって心に傷を負った人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。信頼していた相手に裏切られたことで別れたあとも人間不信を引きずってしまい、将来に対して消極的に考えてしまうという例も多いです。離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、第三者が間に入ることで上手くフォローできます。浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、探偵会社によって幅があります。最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、あらかじめ複数の業者で見積書を提示してもらうほうが納得がいく契約ができるでしょう。あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報を探偵に可能な限り伝えることで、調査時間の短縮になる上、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。持ち歩いていて何かと便利なスマホ。しかしそれが元で浮気がバレたというパターンが少なくありません。高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、ラインのトークやメールなどにパートナーの浮気の一部、ないし全てが秘匿されていると考えられます。しかもロックをかけているのだったら、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーでしょうし、本人のガードも堅いと思います。夫は帰宅するとテーブルに携帯電話を置きっぱなしの人でしたが、隠すようになったので、これは浮気しているなと思いました。相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)隠すように置いてある携帯を見つけてチェックしてみたら、こともあろうにしっかりロックされていて、なんの情報も得られませんでした。かくなる上は探偵しかないだろうなと思ったものの、主婦のへそくりもないので、いまだに踏ん切りがつきません。たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様から、慰謝料を求める内容証明郵便が届くことは浮気の場合、当然ありえることです。一般的に慰謝料というと、先方が離婚するかどうかで変わってくるものです。仮に離婚せずに一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、直ちに弁護士さんに相談してみるようにしましょう。配偶者の浮気がわかったら、代償として慰謝料を求める権利があります。ただ、当人たちだけで話し合うと、自分の立場を主張することに躍起になって、結論にたどり着く前に多大な労力を必要とします。もめ方によっては訴訟になるでしょうし、弁護士を頼んでなるべく円満な解決を目指すというのも手です。個人を特定できる情報を伝えなければ、興信所に不倫の調査をやってもらうことはできませんから、できるだけ信頼できるところにお願いしたいですよね。安いアルバイト調査員がいるところなどに依頼したら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルになる危険性もあります。後悔しないために、契約する前にネットの評判などを調べてみて、誠実そうなところを選ぶことです。興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子に再々繰り返す場合があります。休日に家族と過ごす時間が減ったり、メール履歴などで浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。その前の浮気に対する処罰が寛大すぎたことが考えられますから、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応も考えなければなりません。通常の金銭感覚からすれば、探偵業者に不倫の証拠押さえを依頼する代金というのは、けして安いものではありません。ただ、安さで依頼したところで浮気してるかどうか「わからなかったです」では、お金の無駄どころではありません。最終的に頼りになるのはその会社の実績値なのですが、高値設定のところほど、優秀で良い探偵社であるかというと、一概に決めかねるところがあります。探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、まず電話をかけてみるのをおすすめしています。業者の場所や連絡先等は、広告で見ることもできますし、ネットが使えればHPを見るほうが詳しいでしょう。相談しながら調査内容を設定していき、相談内容に沿った調査方法を提案してくれて、それで良ければ見積りが出てきます。そこまでなら無料のところもありますから、慎重に考えてから依頼することもできます。ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、依頼する際には費用が発生します。調査員が行う作業いかんでコストテーブルも変わります。もっとも依頼の多い追跡調査ですら、ある程度まとまった時間を要します。ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで料金は変わりますので、単純に言えば時間が長ければ長いだけ、それだけ多くの費用を必要とします。パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、そこそこまとまった費用が必要になります。探偵の相場ですが、浮気調査を例にとると、1日4万円位、それに日数を乗じた金額はかかるとみておけば間違いありません。調査内容や所要日数などはコストに反映されますが、なにを依頼するにしても50万から60万円くらいは見ておけばとりあえず安心です。探偵社への依頼の仕方は、まず、電話で相談してみましょう。電話口での相談で相手の応対を見て、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、事業所へ行くという運びになります。相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、任せても良いと判断したところで契約書にサインして、探偵による調査が開始されます。不倫の調査を探偵にしてもらうと、ときどき別途、代金を請求されるというケースがあるようです。その時は、まず契約書を確認しましょう。そこには追加料金について明記されていると思います。だからこそしっかりと確認することは欠かせないのです。説明を聞いてもわからなかったりしたら、依頼前に質問して、解消しておくのも大事だと思います。不倫関係を精算したきっかけでもっとも多いのは、浮気の事実が露見したから、ですね。とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは困難なばかりでなく、思わぬトラブルに発展しかねません。結局のところ、その道のプロである探偵に相談し、調査してもらう方が、確実性があるというものです。とはいえ、不倫の気配に気付くまではどうしても本人次第になります。これから探偵を雇うつもりでいたら、だいたいの相場に関する知識が不足していると、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。時間あたり1万円程度を想定していると間違いありません。行動調査の時間を増やせば、費用はかさむので、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、不倫行為の代償というのはけして安くはありません。まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかで違ってくるでしょうが、単純に離婚されるだけではなく、慰謝料の支払いも覚悟しなければなりません。本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら金銭的にも社会的にも代償を支払い、今後の生活を送ることになります。探偵を雇って行う素行(不倫)調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んですごくトクな感じがします。でも、ターゲットの浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、断るときもあるそうです。それに、浮気の裏付けがとれたときに高額な請求が来ることがあります。「証拠がとれるまで」を「時間無制限」とすると、費用もかさむわけです。行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、慰謝料の請求や裁判を有利に進めるために必要な証拠をゲットするのは危険も伴いますし、その道のプロである探偵を利用することも考える価値があるのではないでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Souta
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bhwddwwrsnaooe/index1_0.rdf