黒烏龍茶

January 24 [Mon], 2011, 15:29

黒烏龍茶



黒烏龍茶について



黒烏龍茶は、ウーロン茶重合ポリフェノールの働きで、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させるので、食後の血中中性脂肪の上昇を抑えます。
脂肪の多い食事を摂りがちな方、 血中中性脂肪が高めの方の食生活改善に役立ちます。



特保サントリー黒烏龍茶は、苦みの成分であるカフェインなどの量は少なく、 脂肪の吸収抑制効果が高い「ウーロン茶重合ポリフェノール」だけを多く含む独自の製法でつくられています。



だから苦み、渋みが少なく、濃い色ですがサッパリした、深みもある味わいなんです。どんな料理にもよく合う黒烏龍茶、毎日の食卓にもう欠かせませんね。



黒烏龍茶の特徴



特徴その1:ウーロン茶重合ポリフェノール!
黒烏龍茶は、独自の製法によって、脂肪の吸収抑制効果の高い「ウーロン茶重合ポリフェノール」を多く含んでいます。



実際、食事といっしょに黒烏龍茶を飲むと、飲まなかった時に比べて、食後の血中中性脂肪の上昇が約20%抑制されるという結果が出ました。
これが「ウーロン茶重合ポリフェノール」の力なのですね。



特徴その2:脂肪の排出量が約2倍に!
食事といっしょに黒烏龍茶を飲むと、飲まなかった時に比べて、脂肪の排出量が約2倍に増えるという結果が出ました。
食事の脂肪吸収が抑えられ、余分な脂肪の一部が体外に排出されるのですね!



「脂肪ってついつい摂りすぎちゃうんだよなあ。」という場合に、“黒”を上手に活用するのもひとつの手かもしれませんね。



特徴その3:黒烏龍茶の産地では肥満の割合が低い!
烏龍茶の産地である福建省など中国南東部の都市部では、脂肪摂取の比率が比較的高いのに、肥満の割合が少ないという現象が報告されています。これを「福建パラドックス」と言います。
フランス人の脂肪摂取量が高いのに、心臓病による死亡率が低いのは、赤ワインのポリフェノールによる効果とされる「フレンチパラドックス」になぞらえたものですね。
そんな烏龍茶にまつわるエピソードも、黒烏龍茶を開発するヒントのひとつになりました。



特徴その4:フィンガーボールに使われる!
脂っこい料理を好んでよく食べる中国の人たちは、 指先についた油を落とすフィンガーボールに昔から烏龍茶を使っていました。



昔から中国の人たちは、油を落とす烏龍茶特有の力を知っていたのですね。そんな昔からの知恵も、食事の脂肪吸収を抑える黒烏龍茶開発のヒントのひとつになりました。



黒烏龍茶の飲み方



【1日当たりの摂取目安量】
お食事の際に1回350mlを目安にお飲みください。



脂っこい食事が食べたくてたまらない時、お伴にはぜひ黒烏龍茶を。
ついつい摂りすぎてしまった余分な脂肪は、黒烏龍茶の働きで、外へ流す。
食事の時に黒烏龍茶を350ml(摂取目安量)飲むと効果的です。



【摂取上の注意】
多量に摂取することにより、疾病が治癒するものではありません。



いかがですか?
黒烏龍茶を試してみよう!という気分になれたでしょうか?



非常に人気の高い黒烏龍茶ですが、果たして、ダイエットのランキングサイトでは何位を獲得しているのでしょうか?



こちらのサイトでは、様々なダイエット食品を口コミ・ランキング形式で掲載している、ダイエッターにとって心強いダイエットサイトとなっています。



他のダイエットに励むユーザーの方々の生の声を反映させているサイトですので、参考になさってください!



黒烏龍茶

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黒烏龍茶
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bhsrmnsy/index1_0.rdf