申告書と税務署と。

February 22 [Fri], 2013, 3:14
申告書は事前に税務署でもらう事も出来ますが、今はインターネットからダウンロードする事も出来るので、余裕を持って準備しておかれるといいでしょう。確かに、消費税やガソリン税のように、半ば強制的に取られる税金も少なくはありませんが、きちんと私たちの生活を考えて徴集されている税金もあるのです。税務署は勿論、臨時に開設された確定申告相談センターなどでも実施されますので、それを受けられてから仕上げられるといいでしょう。

人間、常に健康で楽しい生活が出来れば言うことないのですが、中々そうは行かないもので、何度となく病院のお世話になりながら長い人生を送るものです。因みに、確定申告の受付期間は、通常2月16日から3月15日までの約1ヶ月間ですが、頭やお尻に土日が入る事により、多少短くなる事も大いに有り得ます。医療費控除を受けるためには、まず確定申告書の記入と提出が必要になります。

確定申告は皆さんもよくご存じの通り、毎年2月中旬から3月中旬までの約1ヶ月間、全国の税務署で受け付けてくれます。しかし、最近は多くの税務署に「確定申告書作成機」なるものが設置されているのです。セルフサービスで深刻手続きをすると、年末調整で確定した納税額の中から、さらに差し引かれる事になるものです。

確かにそれはその通りなのですが、怪我や病気で必要になった医療費というのは、ある程度の金額を超えると、今度は所得税や住民税の控除対象となるのです。それが俗に言う「医療費控除」、勿論様々な条件はありますし、きちんと手続きをしないと受けられないものではありますが、せっかく国が与えてくれた権利なのです。しっかり勉強して、しっかり活用したいものですね。

医療費控除の計算の仕方
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bhsahja3
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bhsahja3/index1_0.rdf