間中、JR本州3社の新幹線・在来線(特急・急行)の利用状況は各社

May 07 [Thu], 2015, 16:07
長野では7年に一度のご開帳も
 2015年5月7日(木)、JR本州3社はゴールデンウィーク期間中(4月24日〜5月6日)の利用状況を発表。特に今年3月14日、金沢駅まで延伸した北陸新幹線について、大幅な伸びが記録されました。
iPhone6ケース シャネル風

 北陸新幹線の今年延伸した区間(上越妙高〜糸魚川)では、合計で39.1万人が利用。前年比311%の数字を記録しています(在来線特急「はくたか・北越」の糸魚川〜直江津間における2014年の利用状況と比較)。
iPhone6ケースグッチ

 1997(平成9)年に開業した北陸新幹線の高崎〜軽井沢間についても、前年の35.1万人に対し72.2万人が利用。前年比206%を記録しました。
iphone6ケース

 また北陸新幹線が経由する長野駅について、前年比132%になる33.1万人の降車人員があったそうです。同駅付近の善光寺では4月5日から5月31日まで、7年に一度の「善光寺前立本尊御開帳」が行われて 2015プレナスなでしこリーグ1部レギュラーシリーズの第7節が、6日に各地で行われた。
6Plusケースルイヴィトン

 首位のINAC神戸レオネッサと2位の日テレ・ベレーザの一戦は、39分にホームの日テレが田中美南のゴールで先制。一方、INACも直後の41分に川澄奈穂美が同点ゴールを奪った。
ルイヴィトンiphone6 ケース

 同点で後半を迎えると、72分に再び田中が得点し、勝ち越しに成功。試合は2−1のままタイムアップを迎え、無敗同士の一戦は日テレが制した。
オークリー サングラスINACが今季初黒星を喫したことで、無敗は日テレとジェフユナイテッド市原・千葉レディース、ベガルタ仙台レディースの3チームとなっている。

 第7節の結果および順位は以下のとおり。
iPhone6ケース香水風

■第7節試合結果
ベガルタ仙台レディース 2−1 スペランツァFC大阪高槻
ASエルフェン埼玉 0−0 伊賀フットボールクラブくノ一
岡山湯郷Belle 2−2 浦和レッズレディース
日テレ・ベレーザ 2−1 INAC神戸レオネッサ
アルビレックス新潟レディース 0−0 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

■第7節順位表
1位 I神戸(勝ち点18/得失点差10)
2位 日テレ(勝ち点17/得失点差13)
3位 ジェフL(勝ち点15/得失点差7)
4位 ベガルタ(勝ち点15/得失点差6)
5位 浦和(勝ち点8/得失点差2)
6位 新潟L(勝ち点7/得失点差−2)
7位 伊賀FC(勝ち点7/得失点差−5)
8位 湯郷ベル(勝ち点5/得失点差−10)
9位 AS埼玉(勝ち点4/得失点差−11)
10位 大阪高槻(勝ち点1/得失点差−10)います。

 2015年のゴールデンウィーク期間中、JR本州3社の新幹線・在来線(特急・急行)の利用状況は各社とも前年を上回っていますが、JR東海が前年比107%、JR東日本が前年比108%、そしてJR西日本が前年比118%と、北陸新幹線効果をうかがわせる結果になっています。
iPhone6 エルメス
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bhrdyh/index1_0.rdf