なので、35歳を過ぎていても、再就職できないとは限りませ

April 26 [Tue], 2016, 23:00

無職期間が長期にわたると転職しにくいかどうかは、無職の期間に何をしていたかによっても、違う結果になってきます。







職業訓練校に行って資格を取ることができていたり、転職に有利になるようなことをとってきたのなら、面接で話すと逆に、良いイメージを持ってもらうことができるでしょう。







正社員として採用してもらえない原因は、本人にあると考えています。







その企業で働いて何を達成したいのか、どう貢献できるのかがはっきりと決まっていないから、志望理由が抽象的になり、面接も今一つになるのではないでしょうか。







逆に、明確にやりたいことが見つかって、情熱が伝わると学歴が必要になることもあるかもしれませんが、正規の社員として合格する確率は上昇するでしょう。







転職する理由は、書類選考、また、面接においてとても大切です。







相手に納得してもらう理由がなくては評価が下がります。







しかし、転職にいたった理由を聞かれても上手に言えない方も多いはずだと思います。







多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、この転職理由が苦労の元となります。







転職に有利な資格の合格しておくと、想定外の事態に陥った場合にも安心ですね。







そんな資格には例えば、TOEICがあります。







TOEICは、自己の英語の能力を証明する資格のことを言います。







グローバル化が進行している今日、ある程度の英語力を有する人材を求める会社がすごく多くなってきました。







どの業界でも英語力の高い人材を希望しているので、転職する場合に、非常に有利な資格だといえます。







ブラック企業であることが判断できていれば、そんな会社に入社する人はいません。







仕事を辞めたいと考えても、将来の生活のことが気になって、辞めることを決断できない場合もあると思います。







ですが、健康があっての生活になりますから、無理して勤務し続ける必要はないのです。







リスクが少ないだけでなく、マイナスイメージを植え付けないというのが、転職理由を考える場合に最も重要な事項となります。







職場環境が不満で退職した方もいっぱいいますが、人との関係の修復が不可能で退職したと人事側は考えてしまうので、結局は、あなたの第一印象がマイナスのイメージになってしまいます。







転職先が大手企業だった場合、月々の収入がアップすることが多いですが、最も差が出るのはボーナスの額でしょう。







中小企業はボーナスが少なかったり、業績によっては出ないこともあります。







手取額が同じ40万円だったとしても、ボーナスゼロの場合は480万円というのが年収ですが、年二回のボーナスがあるのであれば、それだけ年収には差が出てくることになります。







会社にとって適切な人材だと判断されれば、35歳を超えていても転職することは可能だと理解してください。







確かに、年齢が高くなると採用されにくいですが、すぐにでも結果を出すことを求めているような会社では、経験とか知識がある30代の働き手を求めています。







なので、35歳を過ぎていても、再就職できないとは限りません。







転職する時に記入する履歴書では、今までの職歴を簡潔に、かつ分かりやすく書きましょう。







どのような業務をしてきたのかが伝われば、実際に職場でどんなふうに成果をあげられるのか、採用担当者も想像がつきやすく、判断の材料になります。







また、意外と気にされない方が多いのが履歴書の写真ですが、大げさに感じられるかもしれませんが、写真館などで、撮ってもらいましょう。







万が一、記入している途中で間違えてしまったら、新しい履歴書に記入し直しましょう。







転職を考えた時に、仕事をしっかりと探すためには、それだけ時間が掛かってしまうものです。







今の仕事を続けながら次の仕事を探す場合には、仕事探しに費やすことができる時間は多くは取ることはできないでしょう。







そこで、ぜひ活用したいのが転職サイトの利用です。







転職サイトへ会員登録をすると、登録会員と一緒にキャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも仕事探しを手伝ってくれるのです。







より良い仕事につくために取っておくと良い資格もあることですから、仕事を変える前に取っておくことをおすすめします。







異業種への転職を考えているなら尚更、経験値が低いことから言っても、志願者の中では不利な立場なので、その仕事をするのに役立つ資格を前もって取るといいのではないでしょうか。







資格を持っているからといって必ず採用される、というのは安易な考えです。







転職したい理由は書類選考や面接において大変重要なことです。







相手を味方につける理由でないと低い評価になってしまうでしょう。







でも、転職したい理由を質問されても理解してもらう答え方がわからない人も多いはずだと思います。







多くの人が、履歴書を記入する時や面接を受ける時などに、この転職理由で悩むこととなります。







年収アップのための転職希望者もたくさんおられるでしょう。







確かに仕事を変わることでお給料が増えることもあると思います。







ただ、給料がダウンしてしまう恐れも考えられることを十分考えておきましょう。







お給料を増やすためには、いかに高年収の仕事を落ち着いて探すことができるかが大切なカギとなります。







職業を変えたいと思ったときにより有利になれる資格として、社会保険労務士や公認会計士がその一例になります。







これまでの仕事で積み重ねた経験を生かした転職活動を考えている人にもお勧めできる資格です。







社会保険労務士の資格を得ていると、総務や人事関係の仕事で採用されやすくなりますし、公認会計士の資格があると財務関係の業種に強くアピールを行うことができます。







正社員に合格できない場合、その原因は本人にあると考えています。







実際、その会社に入ってどのようなことがしたいか、どうなっていきたいかが本人にもよくわかっていないので、具体的に志望動機を述べられず、面接でもアピールできないのでしょう。







ちゃんと明確に、したい仕事が見つかって、熱意を伝えることができれば学歴が必要になることもあるかもしれませんが、正社員として合格する確率はあがると思います。







転職理由として無難なものといえば、スキルアップを目指したいためという理由がもっとも無難で、さらに、相手にマイナスイメージを与えにくい理由です。







スキルをアップしたいという理由であれば、リスクが少ないだけでなく、今後、より一層のスキルアップを目指しているという積極的な印象を人事側に持ってもらうことができます。







転職時、履歴書の記述の仕方がわからないままだという人もおられるかもしれませんが、近頃は、インターネットで調べれば、履歴書の書き方の模範例なども掲載されていたりするので、参考にしながら、履歴書を書いてみるのもいいでしょう。







ただし、丸写しはやめておくべきです。







人事担当者にしっかり読んでもらえるような記載方法を自分で考える必要があります。







転職の際に、仕事をじっくりと探そうと思うと、それだけ時間が掛かってしまうものです。







今の仕事を続けつつ、次の仕事を探すには、仕事探しに費やすことができる時間はあまり取れないでしょう。







そこで、考えに入れてほしいのが転職サイトへの登録です。







転職サイトに会員登録を行うことにより、自分とともにキャリアコンサルタントといわれるサポートスタッフも一緒になって、仕事探しの手伝いをしてくれます。







転職エージェントは、転職を希望する人に対して、希望する条件に沿う求人情報を提供してくれます。







保有している求人情報が他よりも多いので、自身が就きたい仕事に就職しやすいです。







ハローワークや求人雑誌では公開していないような非公開求人情報もあるので、より条件に合った仕事に決まるかもしれません。







転職の履歴書の書き方の上手な方法ですが、それまで勤務していた会社でどういった仕事をしていたのか、どんな業績を残したかなど、仕事でどのような成果を出したのかをはっきり書くことが大切なところです。







転職の時には、まずは、履歴書を通して自己アピールすることが不可欠なのです。








http://if7sgqk.blog14.mmm.me/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bhm6x6h
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bhm6x6h/index1_0.rdf