その味を体験して地元野菜への関心を深め

June 04 [Thu], 2015, 14:39
東農大で親子で学ぶ「地元・せたがや野菜」教室 夏野菜食べ比べや酢紹介も /東京
"昨年開催した「お米ワークショップ」の様子"
 東京農業大学「食と農の博物館」(世田谷区上用賀2、TEL 03-5477-4033)で7月19日と24日、親子体験教室「世田谷で採れる旬の野菜とおいしい食べ方の体験教室」が開かれる。(二子玉川経済新聞)

昨年開催した「お米ワークショップ」の様子

 主催はNPO法人農業情報総合研究所。
ヴィトン iphone6plus ケース同研究所は、食と農のコミュニケーションを推進し「農業・食の情報発信」「農・食について学ぶ」「作る人、とどけるひと、いただく人をつなぐ交流」「講演・講師活動」などの企画を開催している。同大学と連携し昨年11月に3回シリーズで「お米ワークショップ」を開催したほか、世田谷区内の小学校(京西小学校)で出前授業も行った。
iPhone 6ケース

 今回は米の加工品としての「酢」について学び、世田谷産の野菜を実際に味見する。7月19日は、同大学短期大学部醸造学科の館博(たち ひろし)教授が「酢」(米酢・リンゴ酢・ブドウ酢)の製法や原材料による違いなど「醸造」をテーマに解説する。
オークリー アウトレット酢の醸造会社「横井醸造工業」(江東区)の協力も得て、野菜を酢で食べる試食や酢による野菜の保存法などの紹介も。

 7月24日は、同校生物生産技術学科の五十嵐大造教授を講師に迎え、世田谷産夏野菜の紹介、糖度計で野菜の甘さを測る「プチ研究者体験」、調味料の有無による野菜の味の変化食糧自給率や地産地消などが声高に叫ばれ、健康な和食への回帰がここ数年のブーム。
オークリーゴルフ3人に1人は和食をほぼ毎日食べていることが、マルハニチロの調査で分かった。「朝食は洋食より和食」という人が7割、「和食といえば魚料理」という人が9割、「和食が好き」は9割半にのぼり、世界無形文化遺産に登録された食を育む国民として恥じない数字が並んだ。
iPhone 5 ケースコピー

 もっとも、「和食は作るのが難しいと思う」には、7割以上が同意。簡単に作れるようになるとうれしいのは「炊き込みご飯」と「茶碗蒸し」だ。
オークリー アウトレット好きな和食・日本料理の 1位は「寿司」 2位「刺身」 3位「みそ汁」。外国人に食べて欲しい日本料理の 1位も「寿司」。
新品ルイヴィトンiphone6 ケース

 さて、この手の調査では定番の「好きな人に作ってもらいたい・作ってあげたい」和食を見てみよう。男性が作ってもらいたいもの1位は「みそ汁」、女性が作ってあげたいもの1位は「肉じゃが」。
シャネルiphone6ケース調査時期や対象によって微妙にずれるが心配無用。2位はそれぞれ入れ替わり、「肉じゃが」と「みそ汁」だ。
超人気iphoneケース

 初デートで行きたい日本料理のお店については、女性の3割が「お好み焼き」と回答。勝負デートで行きたい 1位はやっぱり「寿司」だ。
iPhone6カバー 予約

【関連記事】
外国人に聞いたおすすめ日本食  1位はやっぱり“あれ”だった!
今回のデートはココだ!  成功マニュアルも教えてくれる「デート日和」オープン
「チャッキラコ」に「トシドン」 和食、和紙だけじゃない日本の無形遺や「食べ比べ」を行う。世田谷区内の農家も招き、畑で生産している野菜についても紹介する。
アイフォン6シャネル

 同イベントを企画した同研究所の植村春香理事長は、前回の「お米ワークショップ」開催以降、地元のJAを通じた農家とのつながりができ、旬の野菜のワークショップが実現したと明かし、「区内でどんな野菜が、誰の手によってどう作られているのかを親子で学び、その味を体験して地元野菜への関心を深めていただければ」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は両日とも13時30分〜15時。
エルメスiPhone 6ケース参加無料。対象=小学3年生〜6年生。
6Plusケースシャネル定員=各回とも親子15組30人。申し込みは同館内事務室内NPO法人農業情報総合研究所担当まで。
グッチiPhone 6 ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bhjtfu/index1_0.rdf