未来の道はますます人の抑えることを譲って、恥知らずにまたしようがありません。

July 20 [Sat], 2013, 10:34
 クスノキの3月、生花は満開で、雨のまとわりつくこと。天は女子の類の気持ちのようです、熟慮できていません。扉の外の水位が上がるマイナスでない“江中”の“名声”。歳月の変遷は昨日の類のとどまることが全く同様です。昔を思い起こして、その年の運勢待たずに、春行って秋里に来て、歳月の3年。世の中の落ち着いていることを伴って、人もゆっくりと成長して、どのように大切にするかを知っていて、時間が貴いことを分かって、両親の気持ちを理解して、国家の事に関心を持ちます。しかる後、だんだんかつてのいくつか記念とまとわりつくことを忘れて、純真な私はとっくに再度出現しませんでした。青春の激情はゆっくりと冬眠して、例会は一人でいいえ人となりの知っている隅の中でよけて、あるいはひっそりしている大通りの側で歩いて、静かに、あれこれの事を考えます。長くなって、自分がもう若くないことを発見して、死去していく青春、死去していく傷の痛み、後味が尽きません。当時の固執して今見たところ1度の雲と煙、ぼんやりしている無知は多すぎる満足しないことに埋めて下きますけれども、すべてすべて向こうへ行きましたとしかしどのように言うに関わらず。1つぼの湯を打って、1杯の濃いお茶を浸して、品物はしばらくゆったりしています。それでは淡く微かで苦くて渋い総会は口もとのが香が残るに覆い隠されました。ガガミラノ
  
  毎日教室で往来が頻繁で、医学で求めて、たまに暇は魚をとって業になります。いいえ眠りの中で、3月にすでに中旬に入りました。お経を見てことがある、それに寄付することを性に会う聞いて、大家の法を解いて、その本意を弁別して、その境界に目覚めて、意識的に非常にいっぱいで、もし雲の中に入るならば。あとで道を尋ねる庄(さん)、為るがままにするのは、逍遥している行。今なおたぶん、すべての浮き雲。現実の中で、終わらない私の多すぎる時間にゆっくりと思索に行って、未来の道は私の分かることを譲ります:いわゆる境界、結局は若い私達が追跡することができるのではありません。自身の実力の絶え間ない補充、孟子のの“王道”がです。しかる後、発見、斜めに寄りかかってうわさを聞いたことがある日とっくに遠く去って、できるだけで気をつけない間に思い出して、かつてのすべての夜。
  
  本が使用時の方に着いて少ないことを恨んで、学問は尽きることがなくいくら知っています。仮想です長年の後に、子供達があれこれの問題を聞いている時自分の〓様子、かすかにため息をつきます。またもしかすると父の世代の昔の事を聞いて、更に言う言葉がありません。常に心に恥じないと言って、本当にこのようなですか?浩瀚広大な本の海里、私ただ1艘の小舟、対岸に山に登り川に臨むことを妄想してことがある。やっと明らかな何が愚かで無知なのです。もっと豊富な自分、もっと明らかな自分のちっぽけさ。最初の気高い感情、本当に1つの美しい誤りです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cfse
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bhjkgu/index1_0.rdf