ドイツのジレンマ

February 03 [Fri], 2012, 11:53
ヨーロッパの金融危機が深刻になっています。
その中でもまだ好調なのが、ドイツ。
そのドイツに、他のヨーロッパの国々スタビがリシップなり、ドイツの行いの批判なりが出ています。
雑誌FOREIGNAFFAIRSREPORT20121号のユーロ危機とヨーロッパの政治では、このドイツの立場としてのジレンマが語られていました。
確かに、ヨーロッパの中でも一番経済的に安定しているのはドイツ。
他の国々はそのドイツにリシップや安全策をもっと積極的にと批判しています。
しかし、ドイツではそれらの積極策をすれば、自分達の国内の状況への懸念や他の国々でとってきた、甘い政策のせいという部分からの懸念もあり、積極性には否定的な意見も強くあります。
しかし、それだけではなく、ドイツにはこれまでの戦争で行ってきた苦い行いが、積極性には歩むことを阻んでいるみたいです。
リシップなり積極性を出せば、過去の行いを出され批判され、逆にそうしなければ、リシップなりもっと積極性をと批判される。
その両者の中で、うまくバランスをとるのも難題だと。
そういった意見もあり、ドイツの中でもそうしたジレンマがあるようです。
ヨーロッパの行方は、世界的にも大きな影響を及ぼすものですから、今後の状況は注視する必要がありますが、どういう解決策があるのか、もっと具体的な形でわかるといいのですが。
JournalismBlogEijiTaniguchicomPhotoBlogEijisEyeDiaryBlogEijisHigh
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bhivx7mg7n
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bhivx7mg7n/index1_0.rdf