真:産経新聞)  川崎重技術 川崎重工 川崎重工が開発したガスタービンのモデル(写工業は、工場で副次的に

September 19 [Fri], 2014, 18:27
リ 15日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)は15日、主要先進国の経済成長率予想を下方修正するとともに、欧州中央銀行(ECB)に対してデフレリスクを回避するためにこれまでよりも積極的な刺激策を講じるよう求めた

OECDは今年のユーロ圏の成長率見通しを0.8%と、5月予想の1.2%から引き下げ、来年についても1.1%と、従来の1.7%を下方修正した

米国については今年2.1%、来年3.1%の成長率を予想5月時
副生水素を利用し低NOx実現 脱硝設備が不要なガスタービン技術 川崎重工
川崎重工が開発したガスタービンのモデル(写真:産経新聞)
 川崎重工業は、工場で副次的に生産される水素ガスを有効利用しながらNOx(窒素酸化物)の排出を抑えられる水素ガス混焼ガスタービン技術を開発した燃焼温度を低く抑えることでNOx排出量を削減できるドライ・ロー・エミッション(DLE)燃焼器をガスタービンに搭載し、副生水素ガスを60%まで天然ガスに混ぜて燃焼しても、排ガスに含まれるNOx値を天然ガス焚き並みの25ppm(1ppmは100万分の1)以下に抑えられるDLE燃焼器にパイロットバーナーやメーンバーナーから噴出される燃焼ガスに加えて、追焚きバーナーから空気と燃料を投入することで燃焼の持続が難しい条件下でも燃焼を維持できる「追焚き燃焼方式」という独自方式を採用することで実現した

 同社はパイロットバーナー、メーンバーナー、追焚きバーナーの多段バーナー構成によるDLE燃焼器を開発・実用化している

 既存のDLE燃焼器は、低排出の燃焼をさせるため、あらかじめ最適な燃料を空気と混ぜて燃焼させる「予混合希薄燃焼」方式をとるものが多いしかし火が消えやすいか、あるいは火が燃焼域より上流の予混合部まで戻って燃焼器を溶かしてしまう「逆火」という現象が生じやすいという課題があったこのため予混合部には「1%程度の水素を入れるのがやっとだった」(ガスタービン・機械カンパニーの笠正憲ガスタービン開発部長)

 そこで、実績のあるDLE燃焼器をベースに、パイロットバーナーとメーンバーナーは天然ガス焚き用、逆火などのリスクの低い追焚きバーナーは水素ガス焚き用に改良これにより、使用する全燃料の体積当たり60%に相当する水素ガス混焼を実現宇宙航空研究開発機構(JAXA)の高温高圧燃焼試験設備で低NOx性能を確認した

 「発想を変え、予混合部ではなく、独自開発の追焚きバーナーに水素を入れることで、安定して60%の水素混焼が可能になった」と笠部長は説明する

 開発途中には苦労もあった「水素を追焚きバーナーに投入するところまでは比較的容易に進んだ」が、水素の特性からNOxの増加を抑えられなかったノズルを改造して試験を行ったが、ノズルを溶かしてしまうハプニングも発生このため、さまざまなバリエーションを検討することになったが「試験に先立って詳細に解析したため、短期間で正解に達することができた」という

 開発した水素ガス混焼ガスタービンは、石油精製工場や石油化学工場から発生する未利用の副生水素ガスを有効利用できるこのため天然ガス使用量を減らし、CO2を削減できるまた水素ガスを体積当たり0〜60%の間で、任意の割合で利用可能なため、顧客の副生ガスの発生状況に自在に対応できる

 笠部長は「イニシャルコストは水素を燃料として扱う系統が増えたため高くなるが、天然ガスの燃料費を大幅に減らせる」とメリットを強調NOx排出値が低いため、脱硝設備が不要、あるいは脱硝率を下げることが期待でき、ランニングコストも低減できる

 同社は今後、一層の低NOx化に向け技術開発を進めるこの技術を導入した3万キロワット級の高効率ガスタービン「L30A」を来年度に発売する計画で、石油精製や化学工場といった余剰の副生水素ガスを持つ顧客をターゲットに営業を展点の今年2.6%、来年3.5%は下回る

日本の成長率予想は今年は1.2%から0.9%に、来年は1.3%から1.1%に、それぞれ引き下げた

中国の成長率予想は今年7.4%、来年7.3%と、5月から据え置いた

OECDは、ユーロ圏のインフレ率は需要が回復するにつれ上昇する見込みだが、ゼロ近辺の低水準にとどまればデフレのリスクが高まると警告したユーロ圏のインフレ率は8月に0.4%と、5年ぶりの低水準を記録した

声明では、「低い成長率見通しとともに、インフレ率がゼロ近辺にとどまった場合、あるいはマイナスに陥った場合に需要が一段と弱くなるリスクを考慮し、OECDはユーロ圏のさらなる金融上の支援を提言する」とした

「ECBによるこのところの行動を歓迎するが、量的緩和を含む一段の措置は正当化される」との見解を示した5月時
副生水素を利用し低NOx実現 脱硝設備が不要なガスタービン技術 川崎重工
川崎重工が開発したガスタービンのモデル(写真:産経新聞)
 川崎重工業は、工場で副次的に生産される水素ガスを有効利用しながらNOx(窒素酸化物)の排出を抑えられる水素ガス混焼ガスタービン技術を開発したグッチ iPhone ケース5月時
副生水素を利用し低NOx実現 脱硝設備が不要なガスタービン真:産経新聞)
 川崎重技術 川崎重工
川崎重工が開発したガスタービンのモデル(写工業は、工場で副次的に生産される水素ガスを有効利用しながらNOx(窒素酸化物)の排出を抑えられる水素ガス混焼ガスタービン技術を開発したガガミラノ 腕時計5月時
副生水素を利用し低NOx実現 脱硝設備が不要なガスタービン技術 川崎重工
川崎重工が開発したガスタービンのモデル(写真:産経新聞)
 川崎重工業は、工場で副次的に生産される水素ガスを有効利用しながらNOx(窒素酸化物)の排出を抑えられる水素ガス混焼ガスタービン技術を開発したiphone5 ケース 手帳型
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bhhfgchfg/index1_0.rdf