渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム 口コミ 効果 内容 方法 ブログ 

July 22 [Tue], 2008, 14:01
詳細はこちら



なぜ、渋谷高雄がトレードで資産を増やし続けるのだろうか?

2006年ライブドアショックなどで下落基調の相場から大量に退場する投資家を尻目に
ほくそ笑みながらパフォーマンスを上げ続けたのか・・・
詳細はこちら
私はこう考えています。

それは私が感情に左右されずに自分のルールに忠実にトレードを行ったからだと・・・

もし、あなたが株投資で稼ぎたいと思っているならば、
いかすぐこの手紙を最後までお読み下さい。

この手紙は、読むだけであなたの投資能力が向上できるように作られています。

日本一の現役サラリーマントレーダーのプライドにかけて、私、渋谷高雄が
ド素人のあなたを一流のトレーダーに変身させ、圧倒的に稼げるようにしてみませます。

『大げさな』と、もし少しでも思われるのであれば、このまま手紙を読み続けて下さい。

なぜなら、あなたの表情が驚きに変わっていく様子がリアルに想像できるからです。

詳細はこちら

誰だって最初は初心者であり、ド素人です。
それでも株式投資で稼げる方法はあります。

私がそう言い切れる根拠はこちらです。


詳細はこちら

いかがでしたか?

これは、ノウハウ実践者のごくごく一部に過ぎません。

そして、実践者が次々と成功しているのも事実なのです。

最初に、現役サラリーマントレーダーの私、渋谷高雄の
2008年度月別成績明細を紹介させて頂きます。

世間では○○億儲けたですとか、勝率95%とか誇大広告をする方もいらっしゃいますが、
その殆どが自分の成績を公開していません。

しかし、私は嘘偽りがないからこそ全成績や資産を公開できるのです。
※クリックすると別ウィンドウにて拡大されます。

詳細はこちら

平成19年度納税通知書


平成19年度課税証明書


月別成績明細



駆け足で自己紹介させて頂きました。

現役サラリーマンとしての実績でしたら、
私が『ダントツ』の日本一だと思います。

どうして、私がここまでの圧倒的な実績を挙げ続けているのか?

それには、理由があるのです・・・

私は、今では年間数億円のパフォーマンスを上げています。

しかしながら、現役のサラリーマン時代、その月収は30万そこそこだったのです。

えっ?と思いましたか?

これは大事な事なのですが・・・

「少なくても安定収入が心の安定なのです。」
心の安定があればこそ冷静にトレードに望めるのです。


詳細はこちら

あなたが、これからトレードを行う上で大事な話ですので、
少し長くなりますが、集中して下さいね。

私がトレードを最初に始めたのは
1999年ネットバブルの上昇相場が加速していく真っ只中、
「うだるように」暑い夏の事でした。

当時私は、不動産会社に勤めるごくごく普通の30歳のサラリーマンであり、
キャリアアップの一環としてファイナンシャル・プランナーの資格を得るための
講義の際にプログラムの一つとして株の講義を受けました。

この時、本当に不思議なのですが、暗闇の中で光に吸い寄せられるような
感覚に襲われたのを覚えています。

「平凡なサラリーマンで終わりたくない!」
「株なら大金を手にする可能性がある!!」
「人生逆転できるかもしれない!!!」

私はいつも考えていました。
そんな私が、株の世界にのめり込んで行ったのは言うまでもありません。

先ほど申し上げたように、
私が株投資を始めたのは、ネットバブル真っ最中の事でしたので、
「上昇している株を買えば、何でも儲かる相場」でした。

ちょうどそんな時、株の講義の時知り合った元証券会社の友人の勧めもあり、
ソニー株を購入したところ、たったの数日で5万円もの利益になたのです。

労せずに「5万円ですよ。5万円!!」

当時年収500万円そこそこだった私が、わずかな期間で5万円もの利益を
手にしたこと対する驚きと感激は今でも忘れられません。

当然のことですが、ますます大きく「株の世界」にのめり込んでいきました。

そして・・・

すっかり株にはまった私は、株の勉強をしっかりとしながら、
当時の全財産300万円を全て株に投入しました。

当時の私のトレード方法ですが・・・

Yahoo!ファイナンスなどに出ている値上がりランキングを見て、
上昇銘柄に飛び乗り、少し利益が出ると売却して何万円か儲ける。

もし、下がっても、そのまま放置して戻してくるのを待って、
少しでも利益が出たら売るという手法でした。

そして、ネットバブルの時期も手伝いネット関連株は今では考えられない位に、
とにかく上昇する時期でしたので、下がっても待っていれば戻ってきたのです。

このように、見事にネットバブルの波に乗った私は、
半年後には300万円の投入資金を倍の600万円に増やしました。

「天下を獲れる!!」
とばかりに完全に有頂天になっていました。

自身を過信していました。

時代の流れに乗っただけなのに、完全に実力と大きな勘違いをしていました。

「おごれる平家は久しからず・・・」
「急転直下」
「天国から一瞬にして地獄」

この時期をピークにしてネットバブルはガタガタと音をたてて
崩れさるビルの如く、崩壊していったのです。

私はこのとき初めて本格的な相場を体験しました。

当然株の知識に乏しく対処法を全くわからない私は、株を放置してしまったのです。
これがそもそもの間違えだったとはこの時知る由もありませんでした。

「良い株だから、そのうち戻るだろう」という淡い期待もあり、
いままでのやり方どおり買値に戻るのを待ったのですが・・・

結局、資産額は元の300万円に逆戻りしてしまいました。

上昇相場の時に、短期の売買を繰り返して利益を積み重ねたわけですが、
最後に買った株を塩漬けにして、それらの利益300万円を全て吐き出してしまったのです。

2000年の年初あたりに株価がピークを付けて以降は、毎日毎日本当にいやな気分でした。

減り続ける自分の資産を見ながら、株価が気になってしかたなく、
仕事に影響が及んでしまうような状態でした。

いや、今思えば良い勉強だったのかもしれません。

株式投資においては、含み損を抱えたまま放置している株の事を「塩漬け株」といい、
「塩漬け株を持つ人」=「株が下手な人」と言われています。

当時の私は、まさに「株が下手な人」だったのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bhgftd
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる