終身の医療保険は有期払いにしておく

May 17 [Fri], 2013, 10:19
定年制がある会社ですと、65歳までということになるでしょうか。


以前は60歳でしたが、公的年金の支給が遅れるということもあり、法律で引き伸ばされることになっています。


実際60歳といいますと、非常に元気な人が多いです。


還暦の年ということになりますが、とてもそのような年には見えないという人もいます。


少子化ということですから、もっと高齢者を継続的に雇用するようにして欲しいものです。


日本の産業にも影響してくることになります。




もし65歳まで働くことができるとなると、65歳までは給料があるということです。


ある程度、生活費を得ることができることになります。


住宅ローンが残っていても、払い続けることができます。


さらに保険ということがあります。


保険料を支払うことができるということです。


払えないから解約するという人もいるようですが、払えるのであればそのまま加入を続けることができることになります。


ただし、それ以上は難しいことがあります。




終身の医療保険といいますと、一生保険料を支払うということですが、有期払いにすることで、一生払い込まずに済むことがあります。


60歳などにおいて、払い込みを終えてしまうということです。


もちろん保障に関しては、一生受けることができるということです。


年金から支払うというのは大変ですから、早めに終えるようにします。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bgsbi
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/bgsbi/index1_0.rdf