好きな音楽と嫌いな音楽 

March 28 [Wed], 2007, 23:08
好きな音楽と嫌いな音楽。

違いはなんでしょう。

純粋に好きな音楽、作曲家が好き、詩が好き、過去に良い思い出がある。

まだまだ、あるでしょう。

もちろん嫌いな理由もまたあるでしょう。

好きな音楽を聴いた時と、嫌いな音楽を聴いた時では心理学的にどのような変化があらわれるのでしょうか。

好きな音楽を聴けば愉快になるでしょうし、またその逆もあるでしょう。

この程度はだいたい予想できます。

そして、時によっては行動にまで影響を与えることがあります。

過去の実験からおもしろい例を出しましょう。

好きな音楽、嫌いな音楽を聴かせて、氷水に手を浸すというものです。

音楽によっては苦痛に耐える時間や印象が違うのではないか、というのです。

さて、どのくらい違いが出たのでしょう。

好きな音楽を聴いた時は、手を浸す時間が延びました。

逆に嫌いな音楽を聴いた時は、手を浸す時間は同じだったものの、印象評定では「非常に苦痛だった」という結果でした。

好きな音楽は痛みを和らげ、嫌いな音楽は痛みを助長させる効果があるのです。

んんー非常に興味深いですね。

では、好きな人と一緒にどんな音楽を聴きましょうか。

答えは簡単です!

「気になる人の好きな音楽をリサーチせよ」

ドキドキしていいですよね。

でも、好きな音楽を聞きだすのはあなたの方法でがんばってくださいね。

音環境について詳しく学びたい方はこちらへどうぞ。

音楽心理学についてしっかり学べます。

美容室のBGM 

March 25 [Sun], 2007, 0:04
その美容院は東京では誰もが知る有名店。


先生は週に一度は行くという、まさに「常連客」でした。

もちろん腕は良かったそうですし、有名店でカットするという
優越感もあったのでしょう。



しかし、最近どうにもお店の雰囲気が気になる。

なんだか、落ち着かない。

以前には感じなかったこの感覚……。




先生はとても多忙で睡眠時間は一日3時間。
唯一、気持ちよく寝られるのが美容室でもあったのです。


美容室は普通は髪を切りにいくところですが、
先生の場合は寝る場所でもあったわけです。



でも、どうでしょう。
有名店だけあって、若者が比較的多い。

雰囲気も最近特に、若者向けにシフトしている様子。


隣から聴こえてくる会話は、

「えー、そうなんですかー?いいなー。」

「あれおいしいですよねー。わたしもたべたいなー」


おいおい、その品のない会話はやめてくれい。

マナーの先生にはやはり勘に触ったようです。


それだけではありませんでした。


うつろ……、うつろ…していると、


「ジャーーーーン♪」
「フォーーー♪」
「アァーーーーオッ♪」


先生はびっくりして飛び起きました。


なんだと思ったら、


それはBGMでした。かなり激しいロック。


ちょっと、我慢がならなくなり

「ねえ、この音楽センス悪いわねえ。もうちょっと
リラックスできるのにしたら?」


すると、驚くべき返答が。



「えーそうですかぁ。結構評判いんですよぉ。
なんだか、ノッてきません?」



誰が、ノリに美容室に来てるんだ!

だいたい、美容室で「フォーーー」が評判いいわけ
ないだろう。


先生はびっくりして起きたときに、コテで火傷も
してしまったようです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この美容室は完全に店員の好みでBGMを選んでしまいました。


お客さんが何を求めて、来店しているのか
あまり考えていないのでしょうね。


ノリノリでカットしにくるお客さん向けの極めて
絞ったターゲットならばいいかもしれません。


でも、そうではないでしょう。


美容室という場所を考えれば、リラックスして気持ちよく
カットして欲しいと思うはずです。


少なくとも「フォーーーーー」は、やめたほうがいいでしょうね。


先生は、それっきり行っていないそうです。


お客さんからチャンスをもらったのにそれに気付かなかった
店員の大きなミスとなりました。




お客さんは髪をカットしに美容室に行っているのではありません。

ん?


美容室でカットするという雰囲気と満足感、それから一番大事
なのは、カットした後の生活を求めてきているということです。


髪を切ることが目的なのではなくて、その後の彼氏との
楽しいデートのためにお金を払っているのです。



例えば、包丁を買いにいったとします。

本当に包丁を買うのが目的ですか?


違うでしょう。


本当のところは、

包丁を使って、おいしい料理を作り、家族が喜んでいる「笑顔」を
買いにいっているのではないですか?


話が少し、広がってしまいましたが、
お客さんが何を求めているのか、これは忘れてはなりませんね。


「フォーーーーー」。


より詳しくは音環境コンサルタントの齋藤さんのページをご覧下さい。
音楽心理学を応用したアプローチが圧巻です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bgmbgm
読者になる
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる