ビーグレンの口コミではたるみにも効果があるんです!

June 30 [Thu], 2016, 15:18
ビーグレンはシミやしわだけじゃなくて、たるみの解消にも効果が期待できます。実際に口コミを見ていってもたるみが消えた!という体験談をたくさん見つけることができます。

ビーグレンがどうやってたるみを消してくれるのか?その効果について詳しく検証してみました。



■たるみの原因

たるみがなぜできてしまうのかというと、原因は2つあります。1つは顔表面の筋肉(表情筋)の筋力低下と脂肪です。筋力が低下してさらに脂肪がついてしまうことによって、重力に負けて下に引っ張られてしまうわけです。

さらに、肌にハリがなくなると下に垂れ下がる筋肉と脂肪を支えきれなくなってしまいます。たるみを解消するには、表情筋の筋力を取り戻して脂肪を分解するのと同時に、肌の張りを取り戻さないといけません。



顔を外側から内側へと揉むようにマッサージをしたり、さらに口を大きく開けて「あいうえお」と何度も声に出すようにすれば、表情筋を鍛えて脂肪を分解することができます。

肌のハリに関しては、肌の保湿力を取り戻す必要があります。肌が水分を失ってしまい、弾力が失われているからこそ、張りがなくなってしまうからです。



肌の保湿力を取り戻すポイントは二つです。コラーゲンなどの肌の保湿成分を増やすことと、そして、肌の新陳代謝を促すことです。

水分を失って硬くなった角質が肌表面にいつまでも居座らないように、皮膚をどんどん生まれ変わらせて、保湿力の高い皮膚が肌表面に常に存在することで肌のハリを維持することができます。



■ビーグレンで新陳代謝アップ!

ビーグレンには美容効果の高いビタミンCがそのまま配合されています。ビタミンC誘導体みたいに、ビタミンCに余計なものをくっつけていないので、ビタミンCの効果を100%発揮出せることができます。

ビタミンCは成分が壊れやすくて、さらに水溶性なので肌のバリアー層(皮脂層)にはじかれてしまい、肌の奥まで浸透できないものの、ビーグレンならばキューソーム技術でバリアー層を通過させることができます。



さらにナノサイズまで成分が分解されていますから、従来の化粧品では浸透できない深さまでビタミンCがしみ込んでいきます。

つまり肌のより深い位置で様々な美容効果を発揮してくれるので、たるみ解消はもちろん、ニキビ跡やシミしわなどの改善にも高い効果が期待できるんです。



ビタミンCの美容効果は、まずは新陳代謝のスピードアップがあります。肌の内側でどんどん新しい皮膚を生み出して肌表面の角質をどんどんはがれ落としていきます。

さらにコラーゲンの生成だって促してくれますから、保湿効果も高く、肌に弾力を取り戻しやすいんです。


■ポリリン酸で保湿力アップ!

ビーグレンにはただ、ビタミンCよりも保湿効果の高い成分が使われています。それがポリリン酸やEGF・FGFといった成分です。

これらの成分は肌の保湿力を担っているコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの生成を促してくれる成分。こういった成分を肌の奥まで浸透させることができるのはビーグレンだけです。



肌の新陳代謝を促しつつ保湿力の高い皮膚をどんどん作り出すことができるからこそ、ビーグレンにはたるみを消すのに効果を発揮してくれるわけです。

肌の張りを取り戻してくれるビーグレンの効果をトライアルセットで確かめてみるにはこちら
↓↓↓






ビーグレンで使われているFGFやEGF、ポリリン酸って?

June 30 [Thu], 2016, 15:15
FGFやEGF、ポリリン酸は割と新しい美容成分なんですが、どんな役割を持っているのかというと、コラーゲンやエラスティン、ヒアルロン酸を生み出す役割を担っている線維芽細胞を増やしてくれるんです。
ちなみに、コラーゲンやヒアルロン酸はそのまま肌に着けても口から飲んでも肌に定着することはありません。結局は肌の持っている力で生成されないと、ダメなんです。

FGFやEGF、ポリリン酸を含んだ化粧品は他にもいくつかあるんですが、どれも価格は決して安くはありません。
ビーグレンは割と安いほうなのですが、その理由はキューソーム技術によって肌にしっかり浸透させることができるからです。少ない量でも余すところなく保湿成分の生成を促してくれるからこそ、価格が抑えられているんです。