口コミではビーグレンは目元のしわにも効果あり!シミも消える!

July 11 [Mon], 2016, 14:46
ビーグレンは思春期ニキビに悩む10代から、30代、40代からのアンチエイジング化粧品としても人気が高く、口コミを調べていくと目元のしわが消えた!薄くなってきた!という声をたくさん見つけることができます。

ビーグレンにはしわを消すためのトライアルセットが用意されていますが、いったい、どのくらい効果的なのか?詳しく検証してみました。



■しわができる原因

目元にしわがなぜできるのかというと、肌表面の保湿力が失われるからです。乾いた硬い角質が厚くなり肌の伸縮性が失われてしまう結果、しわができた時に元に戻らなくなっていくんです。

肌の保湿力を高める成分と言えば、コラーゲンやヒアルロン酸といった成分。これらの保湿成分は年齢と共にどうしても生成量が落ちてしまうし、それだけじゃなくて紫外線などの影響によっても破壊されてしまいます。



しわを消すには、とにかく肌表面の保湿力を取り戻さなければいけません。そのためには、保湿成分で満たされた皮膚をどんどん生成させていきます。




■しわ消しに有効な保湿力

ビーグレンにはしわを消すのに有効な美容成分が含まれています。EGFやFGFといった成分で、コラーゲンなどの生成力を高めてくれる効果があります。

ちなみに、コラーゲンなどを直接肌に塗っても、肌のバリアー層をなかなか通過することができないので、肌表面を一時的に潤おすくらいの効果しかありません。



飲むタイプのコラーゲンやヒアルロン酸もありますが、消化されてしまったら、体のどこに回されるかわからないので、美肌効果があるとは言いにくいです。

EGFやFGFはその点、保湿成分の生成を担っている細胞を活性化させることができるので、あなたの肌が本来持っている保湿力を取り戻してくれるんです。



ビーグレンのスキンケアシリーズの中では10-YBローションという化粧水にEGFとFGFが使われているので、しわを消すには10-YBローションを使います。

独自の浸透技術で肌の奥まで美容成分が浸透していきますから、新しく生まれてくる皮膚はもれなく高い保湿力を持たせることができます。



■肌の新陳代謝を高める

肌表面にある分厚い角質層をなくすには、肌の新陳代謝を強力にバックアップして、角質を自然にはがれ落としていくのが、肌にとって最も負担が少なくてベストな方法になります。

そこで、ビーグレンのビタミンC美容液「Cセラム」を使うのが有効で、ビタミンCが備えている新陳代謝を促す効果を肌のより深くへと届けることができます。



一般的な美容品の場合、ビーグレンほど浸透力が強くはないので、角質層を通過することができていない可能性もあります。

ビーグレンはその点、何層にも積み重なっている皮膚のより深くまで到達していきますから、新陳代謝のパワーがその分、高くなるわけです。



角質層をはがし終えた後は、コラーゲンたっぷりのみずみずしい肌が顔を出してきますので、しわも徐々に消えていきますよ。

目元のしわもぐんぐん薄く消してくれるビーグレンのしわ取り効果をトライアルセットで試してみるにはこちら
↓↓↓










目元のシミを消すならビーグレンのハイドロキノンが効果的

July 11 [Mon], 2016, 14:41
ビタミンCには肌の色素沈着を薄くする効果もあるので、目元のしわだけじゃなくてシミを消す効果も期待できますが、やっぱりハイドロキノンを使うのがお勧めです。
ハイドロキノンは肌の漂白剤の異名をとる美白成分。ビーグレンは低濃度でもしっかりと美白効果が現れるので、肌へ悪影響が出る心配なく使い続けることができます。

一般的なハイドロキノン化粧品の場合、シミの表面部分に到達するのがやっとです。ビーグレンは浸透力が強くてシミの裏側まで浸みこみますから、シミの周りを取り囲む鵜ようにアプローチできるんです。
効果を与える表面積が何倍にも増えるわけですから、シミを消す効果は何倍にも高くなるものの、低濃度なので肌への刺激もうんと小さくて済むんです。