ビーグレンで目元の色素沈着や目の下のしわも消えた!

July 22 [Fri], 2016, 15:12
アットコスメなど口コミサイトを覗いてみると、ビーグレンをの目元ケアシリーズを使って色素沈着やたるみが消えた!という感想がたくさん見つかります。

効果がどのくらいの期間で現れるのかは個人差はあるものの、早い人だと1ヶ月くらいで目元の色素沈着が薄くなっています。



■色素沈着の原因

色素沈着の正体はメラニン色素です。主に紫外線の影響から肌を守るために、メラニン色素が生成され、肌に定着してしまったんです。

そこで、色素沈着を悪化させないためには、紫外線対策に気を付けましょう。日中に外出するときには、UVケアをしっかりして、紫外線の影響を受けないようにします。



■シミを消すハイドロキノン

メラニン色素対策として使えるのが美白効果の高い美容成分、ハイドロキノンです。ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほどメラニン色素を効果的に薄めてくれるんです。

ハイドロキノンにはメラニンの生成をストップする効果もあるので、色素沈着がさらに濃くなったり広がるのも防いでくれるんです。



ビーグレンではQuSomeホワイトクリーム1.9にハイドロキノンが配合されていて、色素沈着を起こしている部分にピンポイントで塗りこんでいきます。

ハイドロキノン配合の美容液は他にもいろんな種類があるんですが、ビーグレンを使ったほうが良い理由はやっぱり、浸透力がけた違いに強いからです。



もし、色素沈着が肌の奥で起きている場合、浸透力が弱いと色素沈着を起こしている部分までハイドロキノンが届かず、美白効果が全く期待できなくなります。

それに対してビーグレンなら、かなり深い位置にできたシミでも、その裏側までしっかり回り込んでくれます。



他のハイドロキノン美容液が色素沈着の表側にしかアプローチできないのに対して、ビーグレンならば色素沈着の表面全体を包み込むように美白効果を発揮してくれるんです。

そのため、1ヶ月くらいで色素沈着が薄くなってきた!という口コミがたくさんあり、2〜3か月で消えてしまった人も多いんですよ。



■ハイドロキノンの注意点

色素沈着を消すにはハイドロキノンが効果的ではあるものの、ハイドロキノンは濃度が高くなると肌への刺激が強くなります。肌がヒリヒリしたり赤くかぶれることがあるんです。

濃度が高くないと美白効果を高めることができないんですが、ビーグレンではたった1.9%しか含まれていません。



他のハイドロキノン美容液がおおむね3%弱の濃度なので、明らかに薄いほうなんですが、強力な浸透力のおかげでアプローチできる面積が広がるので問題ありません。

むしろ、かなりの敏感肌でも安心して使うことができるし、濃度が薄くなる分、価格も安くなるので、使い続けることを考えるとランニングコストを下げることができるんです。



ただ、QuSomeホワイトクリーム1.9を使うのは、夜だけにしてくださいね。ハイドロキノンによってメラニン色素の生成が停止していますから、日中に使ってしまうと、紫外線の影響をもろに受けることになります。

紫外線によってコラーゲンが破壊されて潤いがなくなるし、活性酸素が増えて肌の老化も進んでしまうので、使用方法を良く確認してくださいね。



目元の色素沈着も効果的に消してくれるビーグレンをトライアルセットで試してみるにはこちら
↓↓↓



目元のしわ・たるみを消すなら保湿が肝心

July 22 [Fri], 2016, 15:07
目元のしわやたるみの原因は、肌の保湿力が失われて弾力がなくなっているせいです。弾力を復活させることができれば、しわが伸びてたるみだって収まります。

ビーグレンではそこで、保湿化粧水10-YBローションを使うと良いです。あなたの肌が本来持っているコラーゲンの生成力を高めてくれるからです。

-

コラーゲンが肌に潤いを閉じ込める保湿成分だし、ゴムのような弾力があるので、コラーゲンが肌の中に増えると自然と弾力がよみがえり、しわもたるみもなくしてくれるんです。