ビーグレンで目元のしわ・しみ・クマも消えた口コミは多数!

July 08 [Fri], 2016, 14:49
ビーグレンは肌が弱くてデリケートな目の周り・目元にも使うことができます。口コミを見ていくと、目元のしわ・しみ・クマが消えた!という声をいくつも見つけることができます。

では、ビーグレンのしわ・しみ・クマを消す効果は本物なのかどうか?詳しく検証した結果をこのブログにまとめました。



■シミを消すならハイドロキノン

目元のシミを消すならハイドロキノン配合の美白美容液「quSomeホワイトクリーム1.9」を使うと良いです。ハイドロキノンは美白効果が高いことが評判の美容成分です。

シミの原因は、主に紫外線によって生まれてしまうメラニン色素です。このメラニン色素にアプローチして色を薄めてくれるのがハイドロキノンなんです。



ハイドロキノンは濃度が高くなればなるほど美白効果も上がるものの、肌への刺激も強くなってしまうので、5%を超えるものはお医者さんの処方が必要となります。

一般的には3%前後の濃度でハイドロキノンが配合されていることが多いんですが、ビーグレンはというと、たった1.9%しかありません。



これだけ薄いと逆に美白効果があるのか?がちょっと不安になってしまうわけですが、ビーグレンなら強い浸透力が濃度の薄さをカバーしてくれます。

シミに対して表面だけじゃなくて裏側までもぐりこんでいくため、シミ全体を包み込むようにアプローチしてくれるのはビーグレンだけです。



ちなみに1.9%なら敏感肌でも肌に負担をかける心配もないですし、何よりもハイドロキノンは低濃度になればなるほど価格が安くなるんです。

リーズナブルにシミを消せるのもビーグレンの使い勝手が良いところですよ。

ビーグレンの美白効果をトライアルセットで試してみるにはこちら
↓↓↓







■しわを消すならEGF・FGF

目元のしわを消すには、EGF・FGFといった美容成分が配合されている保湿化粧水「10-YBローション」がおすすめです。

しわができてしまうのは、肌の保湿力が低下して弾力が失われているからです。保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸などが肌の中で充実することで、しわを伸ばして消すことができるんです。



EGF・FGFは、保湿成分の生成を促す美容成分。もともと私たちの肌に存在する成分なので、外部から摂取しても肌に刺激を与える心配がありません。

年齢と共に肌の保湿力が低下してしわができやすくなるのも、EGF・FGFの量が減ってしまうからなんですが、10-YBローションなら強い浸透力で肌の奥までしっかりEGF・FGFを届けることができます。



高濃度のビタミンCを配合した「Cセラム」を使って肌の新陳代謝を促さ鵜ことによって保湿力の失って硬く厚くなった皮膚をどんどんはがしていきます。

そして、生まれてくる新しい皮膚には保湿成分がたっぷりと含まれるようになるわけですから、肌のみずみずしさを取り戻しつつしわを消していくことができますよ。



しわを消して肌に潤いを取り戻してくれるビーグレンの保湿効果をトライアルセットで確かめてみるにはこちら
↓↓↓










ビーグレンで消せるクマは茶グマ

July 08 [Fri], 2016, 14:44
目の下にできるクマにはいくつか種類がありますが、ビーグレンで治すことができるのは茶グマです。青クマのように血行不良で起きるクマには効き目がありません。
茶グマの場合、原因はやはりメラニン色素です。ハイドロキノンのメラニン色素を薄める効果でどんどん美白することができます。

ビーグレンの場合、ハイドロキノン濃度が極めて低胃ので、皮膚の薄い目元に肌トラブルを起こす心配なく、茶グマを薄くすることができます。
他のハイドロキノン化粧品を使っても良いんですが、濃度が高いと目の下に使えないものもあるので、選ぶときには慎重に使える場所を確認してくださいね。