口コミではビーグレンでしわやシミも消えるんです!

July 07 [Thu], 2016, 13:48
アットコスメを見てみるとビーグレンに関する口コミはたくさん見つかります。シミやしわが消えた!という意見はかなりたくさんあります。

効果があるかどうか?どのくらいで効果が現れるか?は個人差があるものの、割合としてはしわが薄くなってきたという口コミが多いんですが、ビーグレンのしわを消す効果について詳しく検証してみました。




■しわができる原因

しわがなぜできてしまうのかというと、肌のうるおい不足が主な原因です。肌に潤いがなくなると弾力が失われてしまい、しわができても元に戻ることができなくなるんです。

そこでしわを改善するには、保湿力を失った肌表面の乾燥して硬い皮膚をどんどんはがれ落としていきます。それと同時に、肌に保湿力を取り戻す必要があります。



肌の保湿力を担っている成分と言えば、コラーゲンやヒアルロン酸、そしてエラスチンといった成分です。これらの成分が肌に潤いを閉じ込めるのと同時に弾力を持たせてくれるんです。

たとえて言うならば、保湿成分が充実していれば豆腐のようにプルプルになります。しかし保湿成分が減ってしまうと高野豆腐みたいにしわしわになってしまうわけです。



■10-YBローションで保湿

ビーグレンにはさまざまな保湿製品があるんですが、その中でも特に優秀だと言えるのが10-YBローションです。10-YBローションにはきわめて有効な保湿を促す成分が含まれているからです。

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの3つは線維芽細胞という細胞によって生成されています。年を取ると線維芽細胞の活動は衰えていくし、紫外線によっても活動が妨げられてしまいます。



10-YBローションにはそこで、EGF・FGF・EXポリリン酸という3つの成分が含まれています。これらの成分が線維芽細胞の増殖を促したり、活動を活発にしてくれるんです。

特にポリリン酸は最近になって開発された新しい美容成分で、今のところポリリン酸が使われてるのはビーグレンしかありません。




■Cセラムで新陳代謝改善

10-YBローションの力で、肌の内側で生まれる新しい皮膚には保湿成分がたっぷり蓄えられるようになります。保湿力抜群の皮膚を肌表面へと送り届けてくれるのがCセラムです。

Cセラムには高濃度のビタミンCが含まれています。キューソーム技術によって浸透力を高められていますから、従来の美容液では浸透できない深さまでビタミンCがしみ込んでいきます。



つまり、肌表面の浅い部分から肌の深い位置までのより広い範囲で新陳代謝を刺激することができるので、ギアを何段階も早めることができます。

肌表面には、しわができるほど厚く硬い角質があるため、通常であればそう簡単に新陳代謝で生まれ変わらせることができないものの、Cセラムの効果は抜群です。



どんどん角質をはがれ落としていき、最終的には保湿力の高い皮膚を押し出すことができるので、しわを消す効果が抜群に高いというわけです。

ちなみに、Cセラムにも保湿成分であるレシチンが含まれているので、ビタミンCの効果で肌が乾燥する心配なく、しわを伸ばしていくことができますよ。



しわを消してハリのある肌を取り戻してくれるビーグレンの効果をトライアルセットで確かめてみるにはこちら
↓↓↓







ビーグレンでシミを消すならハイドロキノン

July 07 [Thu], 2016, 13:44
Cセラムに含まれるビタミンCの美容効果にはメラニン色素を漂白したりメラニンの生成を抑える効果もあります。
そのため、シミだって薄くしていき、最終的には新陳代謝によって肌からシミを追い出すことができるわけですが、シミを消すならCセラムよりもハイドロキノン配合のQuSomeホワイトクリーム1.9が良いです。

ハイドロキノン濃度が1.9%とかなり低濃度なんですが、浸透技術によってシミの裏側まで浸みこんでいき、シミの表面積全体にアプローチしてくれるんです。
低濃度ですから敏感肌でも安心して使うことができます。しかも価格だって割安にすることができるので、コスパ重視でシミを消すならQuSomeホワイトクリーム1.9がお勧めですよ。