ビーグレンで乾燥する場合は保湿ケアを追加しよう

August 10 [Wed], 2016, 14:18
ビーグレンを使った人の口コミを見ていくと、中には肌が乾燥してしまった!という感想もあります。乾燥肌の場合にはちょっと深刻な悩みですよね。

ニキビが逆に増えてしまいかねないわけですが、ビーグレンを使うとなぜ乾燥してしまうのか?どうやって対処すれば良いのか?といった話をまとめてみました。




■ビーグレンで乾燥する理由

ビーグレンを使うとなぜ乾燥してしまうのかというと、Cセラムで使われているビタミンCが主な原因です。ビタミンCには様々な美容効果があるわけですが、その中の一つに皮脂をコントロールする機能があるんです。

つまり、皮脂の量を抑えてくれる効果があり、脂性肌の場合にはうれしい作用ではあるものの、乾燥肌の場合には、ちょっと好ましくはないですよね。



そのため肌が普段から乾燥しやすい場合にはCセラムを付けた後に肌がつっぱる感じがする可能性があり、トライアルセットで事前に使用感を確かめておくべきです。

ただ、ビーグレンには肌の保湿成分であるコラーゲンの生成を促す効果もあります。水分量が増えることから、肌が極端に乾燥して荒れる心配はありません。



■乾燥を防ぐには?

肌の乾燥が気になる場合には、ビーグレンで用意されている保湿化粧水を使うようにすると良いですよ。肌内部のコラーゲン・ヒアルロン酸の生成を促してくれるんです。

EGFとFGFという2つの美容成分の効果で、保湿成分の生成を担っている組織の働きを活性化させることができるんです。



ちなみに、コラーゲンとヒアルロン酸を肌に直接塗る方が効率が良いんじゃないか?と感じるかもしれませんが、コラーゲンもヒアルロン酸も粒子サイズが大きすぎて、肌にはほとんど浸透しないんです。

肌表面に一時的にとどまって保湿してくれるだけなので、肌の乾燥を抜本的に改善するには、肌の内側からコラーゲンの生成を促さないとダメなんです。




■大人ニキビの原因も解消!

ニキビができる原因は、皮脂分泌が過剰になる影響がかなり大きくて、思春期ニキビの原因はほぼ、ホルモンバランスの変化によって男性ホルモンが優位になり、皮脂分泌が活発になるからです。

大人になるとさすがにホルモンバランスは正常に戻るんですが、それでも皮脂分泌が相変わらず活発でニキビを繰り返すのは、実はインナードライ肌が原因の可能性があります。



インナードライ肌の場合、肌表面の皮脂は充実しているのに、肌内部の水分量が不足しているせいで「皮脂を増やして肌の水分が蒸発するのを防ごう!」という間違った命令が肌に届いてしまうんです。

つまり、コラーゲンなどの保湿成分が不足していることが実は、ニキビができる原因になるんですが、ビーグレンならコラーゲンの生成を促すことができます。



肌の新陳代謝を促してニキビを追い出すだけじゃなくて、皮脂分泌を正常にして、根本的にニキビのできにくい肌にすることができますよ。

乾燥肌でも敏感肌でも安心してニキビを治すことができるビーグレンの効果をトライアルセットで試してみるにはこちら
↓↓↓










肌の乾燥はしわやくすみの原因になります。

August 10 [Wed], 2016, 14:12
肌内部のコラーゲンの量が不足してしまうと、乾燥肌になってしまうだけじゃなくて、他にもいろんな肌トラブルの原因となります。
コラーゲンはゴムのような弾力を備えた成分なので、コラーゲンが減ると肌の弾力も低下。しわができやすくなってしまいます。

それに肌内部の水分量が減ると肌の透明感も失われます。透明感がなくなると肌のトーンがくらくなりくすみの原因となります。
コラーゲンの量さえ充実するようになれば、こういった肌トラブルをことごとく解消することができるので、保湿ケアはすごく大切なものなんです。