口コミはビーグレンでほうれい線が消えた人の割合が多い!

July 04 [Mon], 2016, 17:51
ビーグレンはニキビに関する口コミがたくさんあります。ほうれい線に関しては数は少ないですが、感想を見つけることができました。

全員のほうれい線が消えたわけではなかったものの、割合としては消えた!という体験をしている人が多かったんですが、ほうれい線が消える効果を詳しく検証してみました。



■ほうれい線ができる原因

ほうれい線(ゴルゴ線)はそもそもしわの一種です。なのでほうれい線ができる原因は顔のほかの場所(目元や眉間、目じりなど)にできるしわと一緒で、肌の弾力低下です。

肌表面に弾力があれば肌がしっかり伸び縮みしてくれるので、しわが固定されることがありません。笑ったときや目元が緩んだときにできるしわも一時的にできるだけのはずなんです。



肌の弾力がなぜ低下するのかというと、保湿力が失われているからです。保湿力を担っている成分であるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などは、伸び縮みしやすい成分なんです。

実際にしわができてる人の肌は、肌の保湿力が低下してして、角質層が厚くなっていることが多いです。そのため見た目も硬そうな印象になりがちです。



肌の保湿力を改善するには、とにかく肌の新陳代謝を促すことです。肌表面にある乾燥した分厚い角質層を肌表面から追い出して、肌の内側から新しい皮膚を送り込んでいくんです。

新陳代謝を正常に機能させることができれば、ほうれい線を消すと同時に、肌のうるおいもアップして、みずみずしさもよみがえるんです。



■ほうれい線を消すには?

ほうれい線を消すべく、肌の新陳代謝を促すにはビタミンCが効果的です。ビタミンCには肌の新陳代謝を促す美容効果があることがわかっているんです。

ただ、ビタミンCは構造がもろくて壊れやすいうえに、肌への浸透力もきわめて弱いという性質があります。ビタミンCが水溶性のため、肌表面のバリアー層(皮脂の層)を通過することができないんです。



そこでビタミンC化粧品と呼ばれるスキンケア用品では、ビタミンCの周りに添加物を結合させて、壊れにくくして浸透力も強化しているんですが、ビーグレンではそんなことはしていません。

ビタミンCそのものをナノサイズのカプセルに閉じ込めています。さらにカプセルの浸透力がきわめて高いので、従来のスキンケア用品では届かなかった深さまでビタミンCを届けることができます。



ビタミンCがより深い位置へ浸透するということは、肌の浅い部分から深い部分まで幅広い範囲にわたって新陳代謝を促してくれるため、新しい皮膚が肌表面へ押し出される力がより一層強くなるわけです。

ビタミンCにはさらにコラーゲンの生成を促してくれる効果があります。コラーゲンと言えば、保湿力を担っている成分。新しく生まれる皮膚にはコラーゲンがたっぷり含まれることになります。


保湿力の高い皮膚がどんどん肌表面へ押し出されるようになれば、しわがどんどん伸びていって、しまいには消えてしまいます。

新陳代謝が正常に機能している限り、肌表面の弾力を維持することができますから、ほうれい線とは無縁のみずみずしい肌を手に入れることができるんです。



ほうれい線に負けない張りのある肌を取り戻してくれるビーグレンの効果をトライアルセットで確かめてみるにはこちら
↓↓↓











ビーグレンはEGF・FGF・ポリリン酸の保湿効果にも注目!

July 04 [Mon], 2016, 17:49
ビタミンCにもコラーゲンの生成を促してくれる効果がありますが、EGF・FGFそしてポリリン酸のほうが、より強力です。
この3つの成分はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を担っている細胞に直接働きかけて、保湿成分の量をどんどん増やしてくれるからです。

特にポリリン酸は最近になって開発された美容成分で、FGFの働きをサポートしてくれる効果があります。
ノーベル賞受賞者が開発した美容成分で、ポリリン酸が使われているアンチエイジング用品は今のところビーグレンだけです。