ビーグレンはホワイトクリームに毒性あり!使い方に注意!

February 16 [Thu], 2017, 13:04
ビーグレンに毒性があるの?というと、使い方を間違えると毒性を持たせてしまう危険があるので、注意しなければいけません。

どの化粧品を使うにしても、使用期限を守ることは当然として、ハイドロキノン配合のQuSomeホワイトクリーム1.9は、使うタイミングも気を付けなければいけません。



■日中の使用はNG

ハイドロキノンは美白効果のある美容成分。シミやクマ、ニキビ跡の色素沈着の原因であるメラニン色素から色を奪って薄めてくれます。

早い人だと1ヶ月ほどでシミが薄くなってきた、ニキビ跡の色素沈着が消えてきた!という口コミあるんですが、結果を焦ってしまうとダメなんです。



ハイドロキノンにはメラニン色素の生成も抑えてくれる効果があり、シミが広がったり濃くなるのを防いでくれるものの、紫外線の影響が心配になります。

メラニン色素がそもそもなぜ肌に増えてしまうのかというと、紫外線などの悪影響から肌を守るためです。メラニン色素が生まれないと、紫外線によって肌の老化が加速してしまうわけです。



ビーグレンだけじゃないんですが、ハイドロキノン化粧品を使って良いのは紫外線の影響が小さい夜間のみとなっています。

早くシミを治したいからといって、1日に何度も付けるようなことは絶対に避けるようにしましょう。



■UVケアをしてもダメ


ハイドロキノンを塗った後にしっかりUVケアをすれば日中に使っても問題ないんじゃないの?と思うかもしれませんが、それもやめておいたほうが良いです。

ハイドロキノンには、光毒性という性質があって、紫外線を浴びると毒性を持つ成分が生成されることがわかっています。



UVケアをしても紫外線の影響をゼロにすることはできないわけですから、肌に余計な負担をかけないためにも、日中の使用は絶対に避けるべきです。



■ビーグレンは転売品に注意

ビーグレンでは、ハイドロキノン配合のQuSomeホワイトクリーム1.9を使うタイミングさえ気を付けていれば、安心して使い続けることができます。

ビタミンCを高濃度に配合しているCセラムには、目立った副作用や毒性を持っているわけじゃないので、使用期限さえ守っていれば、肌に悪影響を与える心配がありません。



ただ一つ気を付けたいのは、正規品ではなくて転売品に手を出してしまうケースです。価格が激安さからと言って、非正規品に手を出すべきではありません。

ビーグレンは人気のあるニキビケア用品なので、ネットで買取サイトがあります。そういうサイトからの転売品が、たまに激安で販売されているんです。



消費期限の切れたものが混ぜ合わせれている可能性も否定できないので、ビーグレンは正規品をキチンと購入するようにしましょう。

また、肌質に合うかどうかは使ってみないといけないので、トライアルセットを使って、使用感を最初に確かめるようにしましょう。



間違った使い方・買い方をしなければ安心して使い続けられるビーグレンをトライアルセットで試してみるにはこちら
↓↓↓











白斑する心配はないので大丈夫

August 09 [Tue], 2016, 12:59
ハイドロキノンにはもう一つ、気になる副作用があります。それが白斑という症状で、肌に白いシミができてしまうことがあるんです。
白斑に関しては、かなりの高濃度のハイドロキノンを24時間常に使い続けるようなことをしなければ、まず問題ありません。

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9では濃度がたった1.9%しかありませんから、よほど激しい使い方をしなければ、肌荒れする心配もありません。
敏感肌でも肌トラブルを起こすことなくシミやニキビ跡の色素沈着を消せるように設計されているのがビーグレンなんです。


ビーグレンの口コミ ネット通販のみで薬局販売していない理由

August 08 [Mon], 2016, 16:27

なんとなくこもっててにきびができるだろうなぁと言う箇所に塗ると次の日には腫れもせず、沈静化します。



よくおできのような大きい吹き出物ができたんですが、これをつけるようになって減りました。



長年の悩んでいる顎のニキビは、完全に治りはしないものの小さく&新しいニキビが出にくくなっています。



ビーグレンを購入する前に、できることなら実物を手に取って確認したいですよね。あわよくば、テスターで使用感を確かめてみたいです。
特に、cセラムの「肌が少しピリピリするほど浸透していく!」という感覚は事前に味わっておきたいものがあります。

けれども、ビーグレンは店頭販売は一切されていません。添加物がほとんど含まれていないため、適切な保存環境が保てない状況で置いてはおけないからです。
ネット通販するにしても、ビーグレンを購入できるのは公式サイトだけ。返金保証付きのトライアルセットもキャンペーンページからじゃないと申し込みができないので、ページを迷わないように注意をしてくださいね。

このブログで用意しているリンク先は、キャンペーンページに直結していますよ。