ビーグレンのcセラムで頑固なシミも消えた!

July 20 [Wed], 2016, 14:16
Cセラムはニキビ跡を薄くしてくれたり、しわを伸ばしてくれるなどの美容効果があり、さらにシミが消えるという口コミも数多くあります。

効果の出方に関しては個人差がありますが、ビーグレンで使われている美容成分を考えると、シミが濃くなるのは時間の問題だと言えます。



■シミの原因

シミの正体は肌の中にできたメラニン色素の塊です。肌を紫外線のダメージから守るためにメラニン色素が生成されるんですが、過剰に生成されることで色が濃くなってしまいます。

ただ、本来であればシミは肌の新地代謝によって肌の外に排出されるはずなんです。シミができた皮膚がどんどん肌表面へ押し出されて剥がれ落ちるはずなんです。



しかしシミが大きくなり過ぎると、シミが新陳代謝をさえぎるようになってしまい、シミが消得ることなく肌に居座ってしまうわけです。

そこで、シミを消すにはとにかく肌の新陳代謝を改善することが大切です。シミできた皮膚さえなくなってしまえば、きれいな肌を取り戻すことができるんです。



■Cセラムの効果

Cセラムには新陳代謝を促してくれるビタミンCが高濃度で配合されています。ビタミンCが使われている美容液は他にもたくさんあって珍しくないのですが、ビーグレンには大きな特徴が2つあります。

1つは浸透力です。ビタミンCは肌への染み込みにくい性質があって、他の美容液だと肌の奥まで浸みこませるのがなかなか難しいんです。



ビーグレンならばqusome技術によって、ビタミンCをナノサイズのカプセルに閉じ込めるため、他美容液では到達できない深さまでビタミンCが浸透。

肌の浅い部部から深い部分まで広い範囲にわたって皮膚に刺激を与えることができ、効果的に新陳代謝を促せるわけです。



さらに、ビーグレンならビタミンCそのものが使われています。他の美容液の多くで採用されているビタミンC誘導体ではありません。

ビタミンC誘導体はビタミンCが構造的にもろくて浸透力が弱い欠点を補うために開発された成分なんですが、結局は、ビタミンCの周りに余計な成分をくっつけているので、ビタミンC濃度が薄まってしまうんです。



ビーグレンの場合はビタミンC100%。カプセルの中に閉じ込められているので、肌の奥に届く前に壊れる心配がなく、美容効果をフルに発揮してくれるというわけです。



■ハイドロキノンで美白

ビーグレンンはシミを美白してくれるQuSomeホワイトクリーム1.9というハイドロキノン化粧品があります。ハイドロキノンがメラニン色素を薄めてくれるんです。

Cセラムで新陳代謝を改善しつつ、QuSomeホワイトクリーム1.9で美白をすることで、より効果的にシミを消すことができます。



口コミを見てみると、実際に1ヶ月くらいでシミがかなり薄くなってきた!という感想を持っている人がいるほど、即効性にも優れています。

いずれにしても、新陳代謝さえ活発に機能するようになれば、シミは確実になくせますし、他の肌トラブルに悩まされることもなくなります。



シミを消すだけじゃなくてシミができない肌にしてくれるCセラムの効果をとらいあるせっとでたしかめてみるにはこちら 
↓↓↓







ビーグレンでシミが増えた・濃くなった口コミの真相

July 20 [Wed], 2016, 14:14
ビーグレンの口コミを見ていると気になるものもあります。シミが薄くなるんじゃなくて、逆にシミが濃くなった!という感想を持っている人もいるんです。
ただ、悪化しているわけじゃないんです。シミが薄くなる過程の好転反応が起きいる可能性高いんです。

ビーグレンはハイドロキノンでシミを薄くしてくれるものの、ビタミンCの力で新陳代謝も促されます。シミが薄くなる前に新陳代謝が活発になると、物理的にシミが肌表面へ近づきます。
その結果、シミが濃くなったように見えるだけなので、そのまま同じようにケアを続けていけば、いずれはシミが全く見えなくなるんです。