ビーグレンのcセラムを使う場合は紫外線対策をしっかり!

July 06 [Wed], 2016, 17:00
CセラムはビタミンCの美容効果をそのまま引き出してくれるメリットがあるものの、紫外線に対してビタミンCは壊れやすいという欠点があります。

そのため、日中にCセラムを使う場合には紫外線対策をすべきです。外にできるときだけじゃなくて、部屋にいる間も紫外線の影響は意外と強いので、日中は日焼け止めを塗るのが良いです。



その点にさえ気を付ければ、Cセラムの効果によってさまざまな肌トラブルを解消することができますよ。



■レモンパックは絶対にNG!

ちなみに、ビタミンCがたくさん入っているレモンなどの果物を輪切りにして、肌に直接乗せるレモンパックみたいなものが流行った時期がありました。

ビタミンCは確かに美容効果が高いんですが、こんなことをしても、ビタミンCは肌への浸透力がきわめて小さいので、肌にはほとんど吸収されないんです。



それどころか、果物や野菜にはソラニンと言って紫外線を浴びると毒性を持つ成分が入っています。ビタミンCも紫外線を浴びると活性酸素生む物質に代わってしまいます。

つまり、肌をきれいにするどころか、シミを増やしたりニキビを悪化させる危険があるので、こんな真似は絶対にやめましょう。



■ピュアビタミンCの効果

ビタミンCにはどんな効果があるのかというと、


抗炎症作用 肌炎症を抑えてくれるので、ニキビ跡の炎症を鎮めてくれます。

抗酸化作用 活性酸素が増えるのを抑えてくれるので、肌の老化を防いでくれます。

コラーゲンの生成 保湿成分であるコラーゲンの生成を促してくれるので、肌の潤いがよみがえります。

新陳代謝の改善 肌の生まれ変わりのスピードを正常に維持してくれるので、古い肌はどんどん剥がれ落ちて、肌のみずみずしさを維持しやすくなります。


といった効果があります。

ビタミンCに添加物を加えて、成分が壊れにくくして浸透力も強化したビタミンC誘導体という美容成分もありますが、ビタミンC濃度が薄れるというデメリットがあります。


ビーグレンの場合、ビタミンCをナノサイズのカプセルに閉じ込めるため、ビタミンCそのものを肌に浸透させることができ、ビタミンCの効果をそのまま発揮させることができます。




■ビーグレンならニキビ跡も押し出す!

ビーグレンのキューソーム技術によって、他のビタミンC美容液では到達できない深さまでビタミンCがしみ込んでいきます。

その結果、肌の浅い部分から深い部分までの広い範囲で新陳代謝を促すことができます。つまり、ニキビ跡を肌表面へと押し出す機能がより強力になるというわけです。



ニキビ跡ができてる位置が深い場合、元気な皮膚の層がそれだけ薄くなっているので、新陳代謝の復活には時間はかかりますが、ニキビ跡は着実に押し出されていきます。

最終的にはニキビで傷ついた皮膚がどんどん剥がれ落ちていき、きれいな皮膚で肌表面が覆われるようになります。



新陳代謝さえ改善することができれば、ニキビができかけても大きくならないうちにニキビと一緒に皮膚が剥がれ落ちていくので、張りのある肌を維持しやすくなりますよ。

ニキビのできにくい肌へと導いてくれるCセラムの効果をトライアルセットで確かめてみるにはこちら
↓↓↓








10ybローションでニキビ跡改善をバックアップ!

July 06 [Wed], 2016, 16:55
10ybローションとはコラーゲンやエラスティン、ヒアルロン酸などの保湿成分の生成を促す効果があるEGF・FGF・ポリリン酸という3つの成分が配合されています。
新陳代謝によって新しく生まれてくる皮膚には保湿成分がたっぷり含まれることになるので、肌全体の保湿力がうんと高くなります。

肌が十分な保湿力を持つようになると、外部の刺激に対して強くなります。紫外線などのダメージもしっかり吸収してくれるようになります。
つまりCセラムに含まれるビタミンCが壊されたり変質する危険が低くなるので、ニキビ跡の解消には効果的なんです。